カテゴリー「カード:パスネット」の112件の記事

2017.11.18

1183.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(2) 1800系急行「りょうもう号」

東武鉄道で過去発売された思い出の列車シリーズSFとーぶカード。第2弾はこの車両になります。
 
===================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(2) 1800系急行「りょうもう号」
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2002年12月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
===================================
 
Img_1298
 
Img_1299
 
Img_1300
 
第2弾は1800系の急行「りょうもう号」になります。浅草から館林・足利市・太田・桐生・赤城方面に向けて運転される「りょうもう号」用車両として1969年に登場した車両になります。デビュー時は4両編成でしたが、利用客が増加したことにより1979年に6両編成に増結されました。
 
主に北関東の都市を結んだりょうもう号、この車両が活躍していた時代は急行で、急行券(座席指定制)が必要な列車でありました。その後200系の登場により「りょうもう」からは撤退しましたが、現在でも1編成が残り日光線方面の臨時列車や団体専用列車として運転されております。毎年恒例の南栗橋車両基地でのイベント「東武ファンフェスタ」における撮影会で展示されることも多い車両になります。
それ以外についても300系・350系に改造され、日光線方面の「きりふり」「ゆのさと」「南会津」等はるばる会津田島まで運転される列車に充当されたり、「尾瀬夜行」「スノーパル」等会津高原方面への臨時夜行列車として運転されています。さらには外装を一般車と同等として佐野線等のローカル列車用に転用された車両もありましたが、こちらは廃車になっています。
 
今も1編成が残っている1800系、しかし「りょうもう号」として活躍していた日々は思い出になりました。

1182.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(1) 1720系特急「きぬ」

明日11月19日は、毎年恒例となった東武日光線南栗橋駅近くの南栗橋車両基地で「東武ファンフェスタ」というイベントを開催します。車両の撮影会や、検修工場の見学、ステージで東武博物館名誉館長のトークショーなどの各種催し、さらには東武グループをはじめとして各鉄道会社などがグッズ販売で出店するなど、たいへん規模の大きなイベントです。
 
さて、東武では過去パスネット全盛の時代に思い出の列車シリーズというカードが何度か発売されました。いずれも東武の歴史において活躍した車両をあしらったものになります。まず2002年1月に第1弾として発売されたものになります。
 
================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(1) 1720系特急「きぬ」
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2002年1月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
================================
 
Img_1294
 
Img_1296
 
Img_1297
 
思い出の列車シリーズの第1弾としてあしらわれた車両は、デラックスロマンスカーと呼ばれた1720系の特急「きぬ」になります。1720系は1960年に就役し1991年まで約30年にわたり浅草~東武日光・鬼怒川温泉方面を結んだ東武鉄道の看板車両でありました。カードには鬼怒川温泉方面行きの「きぬ」があしらわれていますが、東武日光行きは「けごん」で運転されていました。
リクライニングシートやジュークボックス付きサロンルーム、ビュッフェなど豪華な設備をもった列車で、東武鉄道が誇る特急型車両でありました。
 
1991年に100系「スペーシア」に置き換えられたことにより引退しましたが、先頭車が東武博物館やさいたま市の岩槻城址公園で保存されているほか、中間車がわたらせ渓谷鉄道の神戸駅構内にある清流レストランとして活用されています。
 
自分は見たことはありましたが、残念ながら乗車することなく引退を迎えた車両になります。

2017.11.10

1171.【新京成】鉄道の日記念 SKカード

新京成電鉄においても、かつてパスネット全盛の時代に鉄道の日記念パスネット、新京成電鉄での品名SKカードが発売されています。ここでいくつか公開いたします。
 
まずは2001年の鉄道の日で発売されたカードになります。
 
===============
 名称   :鉄道の日 SKカード
 発行社局:新京成電鉄
 発売日  :2001年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:00054
===============
 
Img_1315
 
2001年の鉄道の日SKカードは8000形をあしらいましたが、この時8000形トップナンバー編成に登場時の外装が再現されたことから、この編成があしらわれました。
 
そして2005年の鉄道の日記念で発売されたカードになります。
 
=====================
 名称   :新京成全車両ラインナップ SKカード
 発行社局:新京成電鉄
 発売日  :2005年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:07144
=====================
 
Img_1316
 
2005年の鉄道の日において発売されたSKカードは、この当時の新京成電鉄のラインナップとなっています。N800形のデビュー間もないころで、800形も残っており外装もオリジナルといった姿になっています。
 
今では800形は姿を消し、残っている車両も外装はピンク色を基調としたものになっています。
 
こうしてみますと、その年の鉄道の日記念アイテムもその当時のラインナップなどが伺える資料になるのかもしれません。

2017.11.02

1163.【相鉄】新6000系さよなら運転 パスネット

2003年11月2日、相鉄において親しまれた車両のさよなら運転が行われました。
 
=====================
 名称   :新6000系さよなら運転 パスネット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2003年11月2日
 値段   :各1,000円
 購入箇所:二俣川駅
 シリアルNo.:
=====================
 
Img_1211
 
この時引退を迎えた車両は新6000系で、それまで導入されていた6000系を改良し幅広の車体が特徴になります。また外装の変遷があったとともに特別塗装車が存在し、相鉄で親しまれた車両でした。しかし寄る年波には勝てず2003年で引退することになり発売されたパスネットになります。
3種類発売されたカード、4編成並んだ写真と、最後まで残りさよなら運転がなされた旧塗装車と「緑園都市号」をあしらったカードが発売されました。
 
新6000系さよなら運転カードについては、この前段でも発売されています。
 
=====================
 名称   :新6000系さよなら運転 パスネット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2003年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:
=====================
 
Img_1212
 
前段においては、さよなら運転の時刻と充当する編成が記載された図柄になりました。
 
新6000系のさよなら運転は二俣川~湘南台間をノンストップで、午前中2往復は緑園都市号で、午後3往復は旧塗装車で行われました。
 
新6000系さよなら運転に際しましてはポストカード付の硬券入場券の発売もありました。
 
Img_1213
 
入場券は標準色の車両と車庫で4本並んだ図柄の2種類のポストカード付きで二俣川と湘南台で発売されました。
 
この車両がさよなら運転を行ってから今年で14年、思い出になった車両になります。

1162.【東京都交・ゆりかもめ】汐留駅開業記念 パスネット

東京都心において再開発により誕生した駅になります。開業時に発売されましたアイテムになります。
 
===================================
 名称   :汐留駅開業記念 パスネット
 発行社局:東京都交通局・ゆりかもめ
 発売日  :2002年11月2日
 値段   :2,000円(東京都交発行1,000円券とゆりかもめ発行1,000円券のセット)
 購入箇所:ゆりかもめ 新橋駅
 備考   :東京都交・ゆりかもめそれぞれ単体での発売もあり
===================================
 
Img_1210
 
Img_1208
 
Img_1209
 
2002年11月2日に都営大江戸線とゆりかもめに汐留駅が開業しました。両線とも開業時に汐留駅の施設は用意されていましたがまだ開発中で、街びらきとなったこの日に合わせて開業となりました。
汐留はかつての新橋駅で東海道線の起点でもありましたが、東京駅開業により貨物専用駅となっていましたが1986年で廃止、広大な敷地はその後開発が行われるようになり高層ビルが立ち並ぶ街に変貌を遂げました。
 
汐留駅開業を記念して発売されたパスネットになります。都営・ゆりかもめとも発売され、このようにセット発売もありました。
 
本年で開業から15周年を迎えた都営大江戸線・ゆりかもめの汐留駅になります。

2017.10.30

1154.【東京メトロ】有楽町線・池袋~銀座一丁目開通30周年 記念パスネット

本日は東京メトロ有楽町線の第1区間である池袋~銀座一丁目間が開業した日になります。1974年に開業しました。それから30年が過ぎた2004年に発売されましたアイテムになります。
 
===============================
 名称   :有楽町線・池袋~銀座一丁目開通30周年 記念パスネット
 発行社局:東京地下鉄
 発売日  :2004年10月30日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:31824
===============================
 
Img_1205
 
Img_1207
 
開業30周年を迎えた際に発売されたSFメトロカード、この時代では関東私鉄・地下鉄共通乗車カードであるパスネットで発売されました。
カードには1974年の開業式の様子、台紙の表紙は07系のイラストをあしらいました。
 
有楽町線はその後路線を和光市・新木場へそれぞれ延伸し、東武東上線・西武池袋線と相互乗り入れを行っています。
 
このアイテム発売から13年、7000系は一部で廃車が発生しているものの多くの車両が現在も残っており、外観を黄色帯から黄色と茶色・白の帯になり有楽町線だけでなく副都心線でも運転され、東急東横線・みなとみらい線に乗り入れるようになりました。一方で07系は有楽町線からは撤退し現在東西線で運転されています。
 
本年で開業から43年が過ぎた東京メトロ有楽町線になります。

2017.10.26

1146.【横浜市交】鉄道の日記念 パスネット

鉄道の日記念アイテムは、横浜市営地下鉄においてもかつて発売されました。手元にあるものを公開いたします。まずは第11回となった2004年に発売されましたアイテムになります。
 
=====================
 名称   :第11回 鉄道の日記念 パスネット
 発行社局:横浜市交通局
 発売日  :2004年10月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
=====================
 
Img_1196
 
Img_1194
 
Img_1195
 
2004年の鉄道の日においては、まだ開業時からの1000形が残っていた一方で置き換え用に3000R形が登場したという時期でしたので、カード台紙に表紙は1000形からの各型式の並びを、カードはこの当時導入された3000R形と開業時からの1000形第1編成の並びと、横浜市営地下鉄線で運転されていたインフォメーション電車「はまりん号」をあしらった2枚セットになっていました。
 
 
続いてこの翌年に発売されたアイテムになります。
 
=====================
 名称   :第12回 鉄道の日記念 パスネット
 発行社局:横浜市交通局
 発売日  :2005年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:横浜駅
=====================
 
Img_1197
 
2005年に鉄道の日では、この時登場した3000S形をあしらいました。2000形を置き換えるの当たり一部使用できる機器等を再使用して登場した車両になります。3000R形と同じように見えますが、外観の帯の配色など違いがあり識別点になります。
 
1872年の鉄道開業時の終点であった横浜で地下鉄を運営している横浜市交通局において発売された鉄道の日記念アイテムになります。そして横浜市営地下鉄は、本年2017年で開業から45周年を迎えます。

1145.【横浜高速】2005 鉄道の日記念 パスネット

日本の鉄道は1872年に新橋~横浜間が開業したのが最初です。横浜でみなとみらい線の運営を行っている横浜高速鉄道においても鉄道の日記念アイテムがかつて発売されています。2005年に発売されましたアイテムになります。
 
==========================
 名称   :2005 鉄道の日記念 パスネット
 発行社局:横浜高速鉄道
 発売日  :2005年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:YOKOHAMAトレインフェスタ会場(横浜ポルタ)
==========================
 
Img_1198
 
2005年の鉄道の日記念で横浜高速鉄道で発売された関東私鉄・地下鉄共通乗車カードであるパスネットになります。
横浜高速鉄道は横浜~元町・中華街のみなとみらい線の運営を行っていますが、このほかにも東急田園都市線長津田~こどもの国を結ぶこどもの国線の施設等も保有しています。これはもとはこどもの国を運営している団体より東急に委託する形態で運営されていたこどもの国線を通勤路線化するにあたり、その改良工事を行うため横浜高速鉄道に移管したという経緯があります。現在でも東急が運営を行っていますが、施設面は横浜高速鉄道が保有しており、この路線で運転されている車両もY000系という横浜高速鉄道が保有している車両になります。この年の鉄道の日記念アイテムをしてあしらわれました。
 
こどもの国線の通勤路線化は2000年に完了しました。それから17年が過ぎました。

2017.10.22

1132.【東急】自由が丘駅77周年記念 パスネット

東京都目黒区内にある商店街でにぎわう街、その最寄り駅の佳節に発売されましたアイテムになります。
 
======================
 名称   :自由が丘駅77周年記念 パスネット
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2002年8月16日
 値段   :1,000円
 シリアルNo.:002781
 備考   :別図柄の3,000円券も発売
======================
 
Img_1148
 
Img_1144
 
Img_1146
 
おしゃれで賑やかな商店ががある自由が丘駅、この駅の77周年という喜寿を迎えるにあたり関東私鉄・地下鉄共通乗車カードであったパスネットが発売されました。手元には1,000円券しかありませんが、同時に自由が丘駅周辺の風景のイラストをあしらった図柄の3,000円券の発売もありました。
 
手元にあります自由が丘駅77周年の記念カードは新旧5000系をあしらったカードと大井町線の8090系を表紙とした台紙にセットされています。
 
自由が丘駅は1927年の東横線開業時に九品仏として開業し、1929年に自由ヶ丘駅と改称しました。同年に大井町線が開通しますと乗換駅となりました。特に大井町線においてはこの駅に車庫が設けられ、後年まで「自由が丘行き」列車の設定もありました。
 
今でも東横線と大井町線の乗換駅として、また賑やかな商店街の最寄り駅として賑わっている駅になります。

2017.10.20

1127.【京成】鉄道の日記念'06 京成グループパスネットセット

2006年になりますと、この翌年にICカードが始まることもあってかパスネットは下火になってきました。京成ではそれでもこの年の鉄道の日記念パスネットが発売されました。
 
==========================
 名称   :鉄道の日記念'06 京成グループパスネットセット
 発行社局:京成電鉄(新京成電鉄・北総鉄道)
 発売日  :2006年10月--日
 値段   :3,000円(1,000円券3枚セット)
 購入箇所:鉄道フェスティバル会場(日比谷公園)
 シリアルNo.:000802
==========================
 
Img_1121
 
Img_1118
 
Img_1119
 
2006年の鉄道の日パスネットは増備が進んでいた3000形をあしらいましたが、グループ会社である新京成電鉄においてはN800形北総鉄道においては7500形と同系車が登場しており、これら3社合同で企画されたもののようです。鉄道フェスティバルの京成ブースにて入手しました。
 
このカード発売からも11年が過ぎました。その後この系列は京成でも増備が続き2010年の成田スカイアクセス開業時にアクセス特急用に3050形が、北総線のうち小室~印旛日本医大間の施設等を保有している千葉ニュータウン鉄道において9200形が登場しています。
 
京成グループ共通設計の車両の感がある3000形と同系車、今まさに主力として活躍しています。
 
京成電鉄においては、このパスネットを最後に鉄道の日記念きっぷ等の発売は行われていないようですが、新京成・北総ではその後も鉄道の日記念きっぷが発売されており、本年も発売されたようです。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter