カテゴリー「発行社局:東武」の71件の記事

2018.05.21

1249.【東武】1800系引退記念乗車券

浅草から北関東の都市を結んで運転されていた東武の優等車両、引退を迎えました。
 
==================
 名称   :1800系引退記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2018年5月21日(一般発売)
 値段   :2,000円
 購入箇所:北千住駅
 シリアルNo.:0303
==================
  
Img_1785
 
Img_1786
 
Img_1787
 
引退を迎えた東武の優等車両は1800系になります。主に浅草から館林・足利・太田・桐生方面へ運転されていた急行「りょうもう」用車両として、1969年に4両編成6編成がデビューしました。この当時の東武本線系統の急行は座席指定の急行券が必要な列車であり、この車両も東武が誇る優等列車の一つでありました。1973年に2編成が増備され、1979年には全編成が6両編成に増結されました。その後も需要が増えたことから1987年に前面灯具類が角型になるというマイナーチェンジが行われた6両固定1編成増備され、54両の陣容で急行「りょうもう」として運転されてきました。
 
1991年になりますと、「りょうもう」用に後継車となる200系がデビューすると、1800系は「りょうもう」からは降りて、4両編成に組み替えられた3編成が8000系と同様の白とブルーのラインの外装になって小泉線や佐野線のローカルに転用、6両編成2編成が白に赤とオレンジのラインになって300系に改造され日光線方面へ「きりふり」「ゆのさと」等に使用され、同等の改造を受け4両編成に組み替えられた車両は350系となりやはり日光線方面や宇都宮線に直通する「しもつけ」や野岩鉄道・会津鉄道に直通する「南会津」等に使用されました。このうち350系になった車両は現在も残っておりますが、ローカル用になった1800系や300系は現在引退しています。
そして、1987年に増備された1819編成については「りょうもう」から撤退後もそのままの外装で、団体列車や臨時列車などに使用され、臨時快速として東武日光へ運転されたこともあります。また毎年秋に南栗橋車両基地で開催されるイベント「東武ファンフェスタ」でもよく展示された車両であり、運転されることがありますと沿線には多くのファンが訪れました。
 
1編成が残り、臨時列車等で運転されてきた1800系でしたが、寄る年波には勝てず引退を迎えることになり、昨日2018年5月20日にラストランとなる団体列車が運転され、沿線各所には大勢のファンが訪れました。そのラストランの翌日に東武本線系統の主要駅で発売された記念乗車券になります。1800系のヒストリーと在りし日の姿をあしらった台紙に「りょうもう」として運転されていた時の停車駅であった館林・佐野・加須からの硬券乗車券がセットされています。今回は北千住駅に早朝向かいまして入手することができました。
 
東武の一時代に欠くことができなかった1800系、多くの人々に活躍の日々の思い出を残して引退しました。

2018.04.21

1246.【東武】特急リバティ運行開始1周年記念入場券

昨年より運行を開始した特急車両、1周年を迎え記念入場券が発売されました。
 
=======================
 名称   :特急リバティ運行開始1周年記念入場券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2018年4月21日
 値段   :1,000円
 購入箇所:浅草駅
 シリアルNo.:0029
=======================
  
Img_1749
 
Img_1750
 
2017年4月21日に実施されたダイヤ改正により運行を開始した東武の新型特急車500系「リバティ」、本日で運行開始1周年を迎えたことからこのような記念入場券が発売されました。
 
500系「リバティ」は3両編成でデビューし2本繋げた6両編成での運行も可能になっています。この特性を活かして東武本線系統における特急ネットワークの拡充が図られ、通勤時間帯には東武野田線アーバンパークラインへ直通する特急も誕生しました。
 
運行開始1周年を記念して発売された記念入場券になります。500系「リバティ」が停車する主な駅の硬券入場券がセットになっています。
 
本日は、ちょうど500系「リバティ」運行開始1周年として、浅草駅で記念式典が行われた他、浅草駅を9:00に出発する「リバティけごん11号」「リバティ会津111号」が1周年の記念列車となり、車内では記念乗車証などのグッズや会津・日光エリアの観光パンフレットの配布が行われました。
 
浅草を起点に広大な関東平野に路線網を広げる東武鉄道、その路線網における特急ネットワークの拡充が図られました。あれから1年、これから益々の活躍が期待できるではないかと思います。

1245.【東武】東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ記念乗車券

旅のプロローグとエピローグの場面にかかる橋、新たな魅力が加わりました。
 
===============================
 名称   :東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2018年3月29日
 値段   :500円
 購入箇所:浅草駅
 シリアルNo.:0321
===============================
 
Img_1748
 
本年3月29日より、東武伊勢崎線スカイツリーラインの浅草~とうきょうスカイツリー間にある隅田川橋梁をライトアップすることになったことから発売されました記念乗車券になります。
 
東武浅草駅を出発してすぐ渡る隅田川橋梁は、東武が浅草にターミナルを構えた時から使用をかいししました。1931年に完成したこの橋梁は、車窓への配慮から「中路橋」と呼ばれるわが国では珍しい構造になります。その希少性やその歴史などから土木学会により「鉄の橋百選」に選ばれているというところになります。
 
場所的には浅草駅を出発し急カーブを過ぎるとすぐにわたる橋梁で、日光・鬼怒川・会津・両毛方面へ向かう特急列車がこの橋梁を走行する姿はどこか優雅さを感じさせます。まさに旅の始まりと終わりを告げる位置にかかる橋梁になります。
 
今回のライトアップは、東武橋梁のすぐ下流にかかる我妻橋から望むと、今や東京の観光名所になり夜間は同じくライトアップされる東京スカイツリーを背景にした感じになります。いずれにしましても、浅草界隈における新たな名所、歴史ある建造物に加わった新たな魅力となりました。

2017.11.25

1192.【東武】新鎌ヶ谷駅開業記念とーぶカード

1991年3月の北総2期線開業により鎌ヶ谷市内にまず北総線の駅が開業した新鎌ヶ谷駅、1992年7月には新京成電鉄において新鎌ヶ谷駅が開業し乗換駅になりました。それから遅れること7年、東武野田線にも新鎌ヶ谷駅が開業しました。東武での新鎌ヶ谷駅開業記念のアイテムを公開いたします。
 
=====================
 名称   :新鎌ヶ谷駅開業記念とーぶカード
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :1999年11月25日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:6325
=====================
 
Img_0646
 
Img_0647
 
Img_1293
 
東武野田線においては、六実~鎌ヶ谷間の北総線・新京成線との交差地点付近に開業した新鎌ヶ谷駅、開業後乗換駅として、また駅周辺も開発が進み、鎌ヶ谷の新市街地になりました。
 
この時代は東武鉄道の駅の券売機等で乗車券の購入で使用できたとーぶカードというプリペイドカードで発売されました。新鎌ヶ谷駅の駅舎とこの時代野田線の主力であった8000系をあしらった図柄になりました。
 
本年で開業から18年を迎えた東武野田線・アーバンパークラインの新鎌ヶ谷駅になります。

2017.11.19

1187.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(6) 準快速電車 浅草行き モハ3210型

東武鉄道で過去発売された思い出の列車シリーズSFとーぶカード。第6弾はこの車両になります。
 
======================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(6) 準快速電車 浅草行き モハ3210型
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2006年12月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
======================================
 
Img_1311
 
第6弾は1960年頃に撮影された準快速として運転されていたモハ3210型があしらわれました。モハ3210型は1928年から製造されたデハ5系を祖とする車両で、1955年前後に日光方面行きの準快速用として整備された車両であったようです。
 
昭和初期に製造された車両でしたが、体質改善のため1964年頃より車体を前面は8000系と同等、18m車体の3ドアの車体とした3000系列に更新され姿を消しました。ということで、準快速列車とともに東武の歴史を物語るカードであると思います。
 
東武鉄道がパスネット全盛の時代に発売した思い出の列車シリーズは、これで完結となったようです。
 

1186.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(5) 7860系(塗装試験車時)

東武鉄道で過去発売された思い出の列車シリーズSFとーぶカード。第5弾はこの車両になります。
 
===================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(5) 7860系(塗装試験車時)
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2005年12月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
===================================
 
Img_1308
 
第5弾からは台紙はなくなり、カードのみでの発売となりました。モチーフになったのは7860系になります。戦後通勤通学輸送用に1953年から導入された7800系列に含まれる車両になります。カードの図柄になったのは、1959年に試験塗装としてオレンジに黄色帯という外装の姿があしらわれました。この時代何種類か試験塗装車があったそうですが、ほどなくしてこの外装は姿を消しました。
 
7800系列は1979年から85年にかけて車体を8000系と同等とした5000系列に更新されたことから、このスタイルでは姿を消しました。その後5000系列についても現在では全車両引退しています。
 
ということで、東武の通勤通学輸送を担った車両であり、一時期の試験塗装の姿をあしらいましたが、この外装は2016年に亀戸線・大師線で運転されている8000系に1編成施され注目を集めています。
 
自分は7800系列は東上線で末期のセイジクリーム時代に1度乗車した記憶があります。いずれにしましても、今となっては思い出になった車両になります。

1185.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(4) 5700系 臨時快速

東武鉄道で過去発売された思い出の列車シリーズSFとーぶカード。第4弾はこの車両になります。
 
================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(4) 5700系 臨時快速
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2005年1月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
================================
 
Img_1306
 
Img_1305
 
Img_1307
 
第4弾は5700系の臨時快速になります。5700系は1951年に日光・鬼怒川温泉方面行きの特急用車両として登場しました。前面形状は当初は非貫通2枚窓スタイルで導入されましたが、のちに貫通型に変更され改造により統一されました。1956年に1700系が登場するに及び特急からは撤退し、太田・桐生方面の急行に転用され、さらに時代が下ると団体専用列車や多客期の臨時快速列車として運転されました。しかし寄る年波には勝てず1991年に引退となりました。
 
引退後ですが、東武博物館に登場時の非貫通スタイルに復元された車両が保存されており、また貫通型前面部のカットも保存されています。
 
この車両は自分は見ることもなく姿を消した車両になりますが、東武の一時代を飾る車両として東武博物館で今も見ることができる車両になります。

1184.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(3) 6000系快速急行「だいや」

東武鉄道で過去発売された思い出の列車シリーズSFとーぶカード。第3弾はこの車両になります。
 
===================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(3) 6000系快速急行「だいや」
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2004年3月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
===================================
 
Img_1301
 
Img_1302
 
Img_1303
 
第3弾は6000系の快速急行「だいや」になります。6000系は1964年に登場した2ドアクロスシートの快速用車両で2両編成で導入され2本ないし3本連結して運転されました。快速用車両の一般列車用でありますが、この車両を使用した特急の補完列車として全席座席指定の快速急行が運転され、このカードにあしらわれている「だいや」は浅草から東武日光を結んだ列車でありました。
 
6000系ですが、1986年に開通した野岩鉄道直通車両として全車両6050系に更新が行われ、このスタイルでは現在残っておりません。
 
ということで自分にとってこの車両は、乗ったことはおろか見たこともあるかどうかという車両になります。

2017.11.18

1183.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(2) 1800系急行「りょうもう号」

東武鉄道で過去発売された思い出の列車シリーズSFとーぶカード。第2弾はこの車両になります。
 
===================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(2) 1800系急行「りょうもう号」
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2002年12月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
===================================
 
Img_1298
 
Img_1299
 
Img_1300
 
第2弾は1800系の急行「りょうもう号」になります。浅草から館林・足利市・太田・桐生・赤城方面に向けて運転される「りょうもう号」用車両として1969年に登場した車両になります。デビュー時は4両編成でしたが、利用客が増加したことにより1979年に6両編成に増結されました。
 
主に北関東の都市を結んだりょうもう号、この車両が活躍していた時代は急行で、急行券(座席指定制)が必要な列車でありました。その後200系の登場により「りょうもう」からは撤退しましたが、現在でも1編成が残り日光線方面の臨時列車や団体専用列車として運転されております。毎年恒例の南栗橋車両基地でのイベント「東武ファンフェスタ」における撮影会で展示されることも多い車両になります。
それ以外についても300系・350系に改造され、日光線方面の「きりふり」「ゆのさと」「南会津」等はるばる会津田島まで運転される列車に充当されたり、「尾瀬夜行」「スノーパル」等会津高原方面への臨時夜行列車として運転されています。さらには外装を一般車と同等として佐野線等のローカル列車用に転用された車両もありましたが、こちらは廃車になっています。
 
今も1編成が残っている1800系、しかし「りょうもう号」として活躍していた日々は思い出になりました。

1182.【東武】思い出の列車シリーズSFとーぶカード(1) 1720系特急「きぬ」

明日11月19日は、毎年恒例となった東武日光線南栗橋駅近くの南栗橋車両基地で「東武ファンフェスタ」というイベントを開催します。車両の撮影会や、検修工場の見学、ステージで東武博物館名誉館長のトークショーなどの各種催し、さらには東武グループをはじめとして各鉄道会社などがグッズ販売で出店するなど、たいへん規模の大きなイベントです。
 
さて、東武では過去パスネット全盛の時代に思い出の列車シリーズというカードが何度か発売されました。いずれも東武の歴史において活躍した車両をあしらったものになります。まず2002年1月に第1弾として発売されたものになります。
 
================================
 名称   :思い出の列車シリーズSFとーぶカード(1) 1720系特急「きぬ」
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2002年1月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
================================
 
Img_1294
 
Img_1296
 
Img_1297
 
思い出の列車シリーズの第1弾としてあしらわれた車両は、デラックスロマンスカーと呼ばれた1720系の特急「きぬ」になります。1720系は1960年に就役し1991年まで約30年にわたり浅草~東武日光・鬼怒川温泉方面を結んだ東武鉄道の看板車両でありました。カードには鬼怒川温泉方面行きの「きぬ」があしらわれていますが、東武日光行きは「けごん」で運転されていました。
リクライニングシートやジュークボックス付きサロンルーム、ビュッフェなど豪華な設備をもった列車で、東武鉄道が誇る特急型車両でありました。
 
1991年に100系「スペーシア」に置き換えられたことにより引退しましたが、先頭車が東武博物館やさいたま市の岩槻城址公園で保存されているほか、中間車がわたらせ渓谷鉄道の神戸駅構内にある清流レストランとして活用されています。
 
自分は見たことはありましたが、残念ながら乗車することなく引退を迎えた車両になります。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter