カテゴリー「発行社局:東急」の30件の記事

2017.04.26

0914.【東急】「Shibuya Hikarie号」記念乗車券

2012年4月26日に渋谷駅東口にオープンした「ヒカリエ」、これから1周年を迎えた2013年、東急東横線に特別仕様編成が登場しました。
 
===================
 名称   :「Shibuya Hikarie号」記念乗車券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2013年4月26日
 値段   :600円
 購入箇所:渋谷駅
 シリアルNo.:0342
===================
 
Img_0252
 
Img_0254
 
Img_0253
 
渋谷ヒカリエオープン1周年を記念して、東横線に「Shibuya Hikarie号」が登場したことを記念して発売されました記念乗車券になります。この年の3月より、東横線の渋谷駅は地下に移転し地下鉄副都心線と相互乗り入れを開始しており、これにより増備が行われていた5050系の10両編成である4000番台の1編成を特別仕様車として外装も内装も変更したスペシャル編成が登場しました。 
 
運転開始後注目を集めた「Shibuya Hikarie号」、現在でも東横特急等Fライナー系の列車で運転されていますが、1編成しか存在しない中運用範囲も東横線やみなとみらい線はともかく、東京メトロ副都心線の乗り入れ東武東上線の森林公園あるいは西武池袋線の飯能まで乗り入れる運用に就いていますので、見かけるのはなかなか困難な状況になっています。いずれにしましても東急線内はもとより、乗り入れ先でも渋谷ヒカリエをPRしているという編成になります。
 
この編成も運転開始から4年になります。今でも注目を集めています。

0913.【東急】渋谷ヒカリエ開業記念入場券

渋谷の複合施設、オープンから本日で5年が過ぎました。その当時、東急において発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :渋谷ヒカリエ開業記念入場券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2012年4月26日
 値段   :300円
 購入箇所:渋谷駅(東横線)
 シリアルNo.:2831
===================
 
Img_0250
 
Img_0251
 
2012年4月26日に渋谷駅東口にオープンした複合施設「ヒカリエ」オープンを記念して、東急電鉄で発売されました記念きっぷになります。
 
渋谷の再開発の先駆けとして、以前プラネタリウムや映画館などがあった東急文化会館の跡地に誕生した施設になります。この施設も渋谷において例外なく東急が中心となり開発が行われました。
 
ヒカリエオープンを記念して東急電鉄で発売された記念きっぷになります。この時代はまだ東横線は地上であり、田園都市線とは改札が別でしたので、セットされている渋谷駅の硬券入場券には同じ渋谷駅でも、東横線用と田園都市線用がセットされています。(田園都市線渋谷駅用は「新 渋谷・新は○囲み」と表記されています。)台紙にはこの当時ヒカリエオープンに合わせて東横線・田園都市線でそれぞれ運転されたラッピング列車があしらわれています。
 
今では渋谷の新たなスポットとなった「ヒカリエ」、早いものでオープンから5年が過ぎました。

2017.04.07

0888.【東急】東急新玉川線 祝 開通20周年記念

1977年に開通した東急新玉川線、それから20年が過ぎた1997年に発売されましたアイテムになります。
 
==============================
 名称   :東急新玉川線 祝 開通20周年記念
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :1997年4月7日
 値段   :不明(硬券入場券6枚とテレホンカード50度数1枚のセット)
 購入箇所:渋谷駅
 シリアルNo.:3152
==============================
 
Img_0180
 
Img_0181
 
20周年を迎えて発売されましたアイテムになります。渋谷駅を含む新玉川線6駅の各駅周辺の名所をあしらったD型硬券入場券と用賀駅に入線する8500系をあしらったテレホンカードのセットになります。
 
このアイテム発売からも20年が過ぎました。
1977年に渋谷~二子玉川園間で開通した新玉川線ですが、2000年8月に田園都市線に含まれるようになって新玉川線という呼び方はされなくなりました。合わせて二子玉川園駅も二子玉川駅と駅名を改称しています。
 
新玉川線開通時に使用された8500系は今でも多数活躍していますが、すでに30年以上が経過しており来年2018年にこの路線に新型車両2020系が登場するとされています。また時代が移り変わっていくかつて新玉川線と呼ばれた田園都市線の渋谷~二子玉川間になります。

0887.【東急】新玉川線開通10周年記念入場券

今から40年前の4月7日はこの路線が開業した日になります。それから10年が過ぎた1987年に発売されました記念きっぷを公開いたします。
 
====================
 名称   :新玉川線開通10周年記念入場券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :1987年4月7日
 値段   :400円
 購入箇所:渋谷駅(新玉川線)
 シリアルNo.:6077
====================
 
Img_0175
 
Img_0176
 
今から40年前の1977年4月7日、東急新玉川線が開通しました。1969年まで国道246号玉川通りの路上を二子玉川園まで運行していた玉川線の代替として地下路線として開通しました。
 
開通から10周年を迎えて発売されました記念入場券になります。中間駅5駅の帯入り硬券入場券が手帳カバータイプの台紙にセットされています。入場券の帯はこれら駅の壁面タイルの色を表しています。またこの台紙は、同時発売のテレホンカードもセットできるようになっています。
 
新玉川線開業時には8500系が導入されました。開業当初は渋谷~二子玉川園の折返し運転でしたが、やがて二子玉川園から先は田園都市線へ、そして渋谷から先は地下鉄半蔵門線に直通運転を行うようになりました。
 
この記念きっぷ発売から30年、新玉川線開通から40年という時が流れました。

2017.03.29

0843.【東急】2000系就役20周年 記念入場券

1992年にデビューし、わずか3編成30両しか製造されなかった東急2000系。いつしか年月が流れ、2012年にデビュー20周年を迎えて、このような記念入場券が発売されました。
 
====================
 名称   :2000系就役20周年 記念入場券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2012年12月1日
 値段   :720円
 購入箇所:長津田駅
 シリアルNo.:1078
====================
 
Img_0010
 
Img_0011
 
Img_0014
 
デビュー20周年を迎えて発売されました記念入場券。長津田駅でのみ発売され、長津田~中央林間間各駅の硬券入場券が2000系3編成をあしらった台紙にセットされています。
この時点でデビューから20年を迎えた2000系、その後行先表示器のLED化やスカート取り付けが行われました。また2000系は東武線直通非対応車であるため、貫通路窓には非対応車であることを示す「K」と書かれた丸型のステッカーを貼り付けています。
 
この記念入場券には、2000系に関する4枚のカードがついてきました。
 
Img_0015
 
いずれも2000系のそれぞれのシーンをあしらったカードになっています。
 
2012年でデビュー20周年を迎えた東急2000系、運用は今でもラッシュ時間帯を中心とした限られた運用のみで、特に土休日ダイヤでは3編成揃って長津田検車区に留置ということはよくあることになります。
 
この記念入場券発売からも5年、これからも3編成30両という少数派として、田園都市線で運行されていくことになる2000系であります。

0842.【東急】2000系デビュー記念乗車券

デビューから四半世紀を迎えた車両になります。
 
==================
 名称   :2000系デビュー記念乗車券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :1992年3月--日
 値段   :500円
 購入箇所:三軒茶屋駅
 シリアルNo.:0220
==================
 
Img_0008
 
Img_0009
 
今から25年前の1992年に東急新玉川線・田園都市線にデビューした車両は2000系になります。この車両が外観こそはこの時点で東横線で運転されていた9000系と同じような形態をしていますが、3号車・9号車には握り棒の増設や新しいデザインのシートを導入するなどといった試みが行われました。
1992年に10両編成2編成、その翌年に1編成東横線に導入後中間車2両を追加して新玉川線・田園都市線に転属し、3編成30両という陣容でそれ以降は増備はなされず、少数派形式となってしまいました。
 
その後直通運転を行っている地下鉄半蔵門線は押上まで延伸し、東武伊勢崎線と直通運転を開始することになりますが、2000系には東武乗り入れ対応はなされず、今ではラッシュ時間帯でないとお目にかかることができないという状況になっています。
 
この記念乗車券は発売の情報を入手して渋谷へ行ってみたものの、すでに売り切れでしたが三軒茶屋ではまだ残っていたということで、新玉川線に乗車して三軒茶屋で入手したものになります。
 
田園都市線系統の主力車両となるであろうと思われた2000系、3編成30両しか製造されなかったという希少車になります。

2017.03.28

0841.【東急】東横特急運行開始10周年記念入場券

2001年3月から運行を開始した東急東横線の特急列車、それから10年が過ぎて発売されましたアイテムになります。
 
=======================
 名称   :東横特急運行開始10周年記念入場券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2011年10月10日
 値段   :840円
 購入箇所:渋谷駅
 シリアルNo.:0138
=======================
 
Dscn2955
 
Dscn2956
 
Dscn2957
 
10周年を迎えて発売されました記念入場券になります。運転開始時に特急運用にも入っていた8000系と最新型車5050系の前面をあしらった台紙に、特急停車駅(通勤特急が停車する日吉駅を含む)のそれぞれ東横特急で活躍した車両の写真をあしらったD型硬券入場券がセットされています。8枚セットのように見えますが、桜木町駅の入場券については、この時代になりますとすでに廃止となっていましたのでこれは模擬券になります。そして桜木町駅模擬券には前面銀色の8000系があしらわれていますが、引退が近くなったころに1編成登場時の姿になった車両があり、実際に特急に就くこともありました。またプレミアムカードがついてきており、これも私は渋谷で購入しましたので8000系のカードになりますが、神奈川県内の駅で購入しますと5050系になっていたようです。
 
10周年という佳節で発売されました記念入場券ですが、きっぷの日付こそ平成23年3月28日となっていますが、発売は同年10月に入ってからになります。この時は東日本大震災があり、世情等に配慮して発売を遅らせた思われます。
 
この記念きっぷ発売から6年、今では8000系列はもとより9000系も東横線から姿を消し、一方で東京メトロ副都心線と直通う点を開始したことにより東京メトロは10000系や7000系、東武東上線からは50070系や9000系、西武池袋線からは6000系が東横線内で特急運用に就く機会が多くなり、2016年からは「Fライナー」と呼ばれるようになりました。そして今年2017年、西武40000系による「S-Train」と名付けられた座席指定制の列車が東横線で運行されるようになり、この記念きっぷ発売から6年で、更に変化した東急東横線になります。

0840.【東急】東横特急5周年記念パスネット

先日のダイヤ改正から、乗り入れ車両による座席指定制列車が登場した東急東横線、この路線において現在運転されている特急列車は2001年3月28日に登場しました。
それから5年が過ぎた2006年に発売されましたアイテムになります。
 
====================
 名称   :東横特急5周年記念パスネット
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2006年3月28日
 値段   :1,000円
 購入箇所:渋谷駅
 シリアルNo.:00315
====================
 
Dscn2950
 
Dscn2951
 
Dscn2952
 
Dscn2954
 
運転開始から5周年を迎えた2006年に発売されましたアイテムになります。この時代は、ICカード「PASMO」開始前であるため、まだ関東私鉄・地下鉄共通乗車カードである「パスネット」になります。一方でこの時東横線はみなとみらい線と直通運転を始めておりました。車両も5050系の増備が始まっていました。
また、カードの台紙には2012年に新宿・池袋へ直通運転開始とも記載されており、実際には2013年3月より池袋方面に向かう東京メトロ副都心線と直通運転を開始しました。
 
このカードの発売から11年が過ぎました。それだけ年月が流れたことを感じさせます。

2017.02.06

0738.【東急】東横線・みなとみらい線相互直通運転開始1周年記念パスネット

2004年2月1日に開業した横浜高速鉄道みなとみらい線、同時に東急東横線と相互直通運転を開始しました。それから1年が過ぎて東急で発売されましたアイテムになります。
 
=================================
 名称   :東横線・みなとみらい線相互直通運転開始1周年記念パスネット
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2005年2月1日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:
=================================
 
Dscn4467
 
直通運転開始1周年を記念して発売されましたパスネットになります。この時代になりますと、東横線にも5050系が入線し増備が進められていきました。
 
みなとみらい線が開通してから本年で13年、みなとみらいへ東急だけではなく東京メトロ副都心線を経由して東武東上線・西武池袋線からも直通列車がやってくるようになり、本年3月からは西武池袋線から東京メトロ副都心線・東急東横線を経由してみなとみらい線まで、西武の新型車40000系を用いた座席指定制の「S-Train」という列車が登場するとのことで、この当時からは想像もつかなかった変革をまた迎えようとしています。

2016.09.25

0606.【東急】目黒線急行運転開始 パスネット

2000年に目黒~武蔵小杉の運転系統になり、東横線のバイパスルートとなって地下鉄南北線・三田線と直通運転を開始した東急目黒線、それから6年が過ぎて急行列車の運転が開始されました。
 
====================
 名称   :目黒線急行運転開始 パスネット
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2006年9月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:001580
====================
 
Dscn3854
 
東横線のバイパスルートとして整備された目黒線、その後も続いた改良工事のうち長きにわたり行われていた不動前~洗足間の地下化工事が完成し、これにより途中の武蔵小山駅に退避設備が整備されたことから、2006年9月25日にダイヤ改正が実施され、この日より急行列車の運転が開始されました。
 
急行運転開始を記念して発売された、この当時首都圏私鉄・地下鉄等で使用できた共通乗車カード「パスネット」で発売された記念カード、この路線で運転される3000系と5080系があしらわれました。
 
不動前~洗足間の地下化切り替えと、急行列車の運転開始、あの日から本年でちょうど10年になります。東横線や大岡山で接続して大井町線経由で田園都市線のバイパスルートとして、多くの利用がある今日の東急目黒線になります。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter