カテゴリー「発行社局:小田急」の26件の記事

2017.03.24

0824.【小田急】引退記念乗車券・入場券

2012年3月16日に実施されたダイヤ改正では、小田急において同時に3形式の車両が引退を迎えることになりました。ダイヤ改正から程なくして引退記念イベントが開催され、その会場で発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=================================
 名称   :引退記念乗車券・入場券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2012年3月24日
 値段   :1,820円
 購入箇所:5000形・10000形・20000形お別れイベント会場(海老名電車基地)
 シリアルNo.:0355
=================================
 
Dscn4868
 
Dscn4867
 
Dscn4871
 
2012年3月のダイヤ改正をもって引退した車両は、ロマンスカー10000形と20000形、通勤車5000形になります。
 
10000形は1987年にデビューし「HiSE」と呼ばれたロマンスカーで、ワインレッドの車体に前面に展望席、そしてそれ以外の車内は床面を通常の車両よりも高くしたという特徴があり、1988年に鉄道友の会よりブルーリボン賞を受賞しています。
20000形は1991年にデビューし「RSE」と呼ばれたロマンスカーで、ボギー構造の7両編成で中間2両がダブルデッカーという特徴があります。この車両のデビューに合わせてJR御殿場線に乗り入れていたロマンスカー「あさぎり」が御殿場から沼津まで延長され、西伊豆方面への観光特急として、また箱根へも運転されました。この車両も1992年に鉄道友の会よりブルーリボン賞を受賞しています。
5000形は1969年に登場した通勤車で、4両編成のちに6両編成が登場し、一時期の小田急通勤・通学輸送の主力車両として活躍しました。
 
2012年3月に実施されたダイヤ改正により「あさぎり」の運転区間が御殿場までに短縮されるとともに運転本数も減少、またロマンスカーの運転本数の見直しや特にこの時引退を迎えたロマンスカー車両はその車体構造がゆえに車いす等のバリアフリーに対応できなかったことから引退を早めることとなりました。また5000形についても、寄る年波には勝てず引退を迎えることになりました。
 
同時に3形式が引退を迎えることになった2012年3月のダイヤ改正、これら車両の引退を記念したイベントが海老名電車基地で開催され、これら車両の展示が行われ合わせてその会場内でのみ発売されました記念きっぷになります。ロマンスカー2車種に通勤車からも引退を迎えたとあって、この日はあいにくの天気ではありましたが、大勢の方がこれら車両最後のイベントに訪れました。この記念きっぷもそれだけ並んで購入した思い出があります。 
 
これら車両が同時に引退を迎えて5年が過ぎました、10000形「HiSE」については長野電鉄で特急「ゆけむり」として、20000形「RSE」は富士急で「フジサン特急」として活躍の地を見つけました。
早いもの5年が過ぎてしまったこれら車両の引退、「想いは、引き継がれる」。小田急の一時代を築いた車両たちでありました。

2017.03.08

0777.【小田急】ロマンスカー3000形メモリアル さよならロマンスカード

日本の鉄道の歴史の大きな足跡を残した車両。ラストランを迎えることになり発売されたアイテムになります。
 
=============================
 名称   :ロマンスカー3000形メモリアル さよならロマンスカード
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1992年3月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:新宿駅
 シリアルNo.:1507
=============================
 
Dscn2632
 
Dscn2633
 
Dscn2634
 
Dscn2635
 
1992年3月8日、この日の運転がラストランになった車両は、小田急ロマンスカー3000形SE車になります。1957年に登場したこの車両は、流線形の車体に8両連接という高速走行に適した画期的な車両で登場間もなく東海道線で走行試験を行い当時の狭軌世界最高記録である145㎞/hを樹立、小田急ロマンスカーの名を世間に広く知らしめた車両になり、翌年1958年に鉄道友の会より第1回ブルーリボン賞が贈られました。その後1968年に御殿場線が電化されることになり、8両連接から5両連接に改造され前面形状も変更され「あさぎり」として新宿から御殿場を結ぶ列車として運転されてきましたが、寄る年波には勝てず1991年3月15日をもって定期運用を終了、その後も団体列車などに使用するため残されていましたが引退することになり、1992年3月8日に新宿から唐木田までの走行会が最後の運行となりました。
 
ここに公開しましたものは、3000形SE車ラストランを記念して発売されたこの当時小田急の券売機等できっぷを購入することができたプリペイドカード「ロマンスカード」で発売され、現役で「あさぎり」で運行されていた姿をあしらい、台紙は表紙をこの車両デビュー時のパンレットをイメージし、3000形SEラストランに向けてのメッセージが記載されています。自分はこの最終運行に乗車しようと申し込んだのですが、満席になり乗車することはできませんでした。現役当時も「あさぎり」で新宿~御殿場を乗車した1度きりとなってしまいました。
 
引退した3000形SE車ですが、1編成が海老名車両基地に専用の庫に収められて保存されています。新宿方2両は登場時の姿、小田原方3両は「あさぎり」で活躍した改造後の姿になっています。以前鉄道の日シーズンに開催されたイベントで公開していたのですが、最近はそれもなくなったようです。
 
小田急のみならず日本の鉄道の歴史に大きな足跡を残した小田急ロマンスカー3000形SE車、ラストランを行い多くの人々に活躍の日の思い出を残してから四半世紀が過ぎました。

2017.02.10

0739.【小田急】2001鉄道の日記念 小田急3000形 パスネット

今から15年前の2002年2月10日、小田急でデビューした通勤車両のアイテムになります。
 
==================================
 名称   :2001鉄道の日記念 小田急3000形 パスネット 【限定発売】
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2001年10月--日
 値段   :5,000円(3,000円券1枚と1,000円券2枚のセット)
 購入箇所:YOKOHAMAトレインフェスティバル会場(横浜ポルタ)
 シリアルNo.:002638
 備考   :3枚セットはイベント会場(横浜・日比谷公園・海老名)でのみ発売
==================================
 
Dscn4468
 
Dscn4471
 
Dscn4472
 
2002年にデビューした小田急の車両は3000形になります。ロマンスカー初代SE車と同じ形式を名乗る車両となりますが、通勤型車両として登場しました。そのスタイルはそれまでの小田急通勤車の特徴であった裾絞りがなくなり垂直断面の車体前面も非貫通となるなど、大きな変更が行われました。また1次車として入線した車両は2000形と同様の幅1.6mのワイドドア仕様での登場となりました。
 
3000形は2001年9月の時点で第1編成が小田急に入線しておりましたので、この年の鉄道の日記念パスネットとして早速発売されました。台紙表紙に「限定発売」という表記がありますように、手元に蒐集したアイテムは横浜・日比谷公園・海老名で開催されたイベント会場でのみ発売された3枚セットになります。駅ではホログラム仕様になっている3,000円券のみが発売されました。
 
それまでの小田急通勤車のイメージを一変させた3000形、今から15年前の2002年2月10日運転を開始しました。その日は多摩線の運用に入っており、小田急多摩センター→新百合ヶ丘で早速乗車しております。
 
と、いうことで前年の鉄道の日記念としてこの当時の関東私鉄・地下鉄共通乗車カードであったパスネットが発売されましたので、運転開始日には特に記念アイテムの発売はありませんでした。しかし、新百合ヶ丘の乗り換えた急行列車の車内において、オリジナルデザインのパスネットの発売がありました。
 
==========================
 名称   :新型通勤車両3000形 車掌区オリジナルカード
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2002年2月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:小田原線急行列車車内
 シリアルNo.:011475
==========================
 
Dscn4474
 
パスネット全盛の時代に存在していた車掌区オリジナルカード、ここで新型車3000形のカードが発売されました。
 
2002年に運転を開始した小田急3000形、2次車からは扉が通常の1.3m幅となり6両編成から8両編成、10両編成と増備がなされ、増備の途中で前面の青帯が細くなるといった変更があり、更に1編成床下をカバーで覆った車両も登場しました。(現在はこのカバーは外されています)そしてそれまで運転されてきた2600形や4000形(先代)、9000形といった車両を置き換えていき、小田急通勤車両の最大勢力となりました。
 
デビューから早くも15年が過ぎた小田急3000形、通勤通学輸送の車両として活躍しています。

2017.01.24

0735.【小田急】在籍車両1000両突破記念乗車券

小田急においては、1992年度末で保有車両が1000両という大台を突破しました。これに際して発売されました記念きっぷになります。
 
=====================
 名称   :在籍車両1000両突破記念乗車券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1993年3月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:新宿駅
 シリアルNo.:0576
=====================
 
Dscn4426
 
Dscn4427
 
1992年度末で、保有車両が1000両を突破した小田急、これに合わせて発売された記念乗車券になります。4つ折りの乗車券にこの当時のラインナップをあしらったものになります。
1992年度末ですと、ロマンスカーでは20000形「RSE」が最新型で、10000形「HiSE」や7000形「LSE」はもとより、3100形「NSE」もまだ残っていた時代であり、通勤車においては1000形が増備されていた時代で、白車体に青帯の鋼製車が主力であり2600形や4000形(先代)、5000形、9000形もまだ活躍していたという時代になります。
 
この記念乗車券の発売からも20年以上が過ぎました。この記念きっぷにあしらわれている車両のうち、2017年1月現在において小田急で残っているのはロマンスカーでは7000形「LSE」、通勤車では8000形・1000形のみとなりました。7000形については、あと1年ほどで新型車両が登場することから置き換えられることがほぼ確定しており、8000形や1000形については更新が行われています。
 
ここでも、発売から20年以上という年月の流れを感じさせずにはいられません。

2016.12.09

0688.【小田急】新型ロマンスカー10000形就役記念 '88初詣乗車券

今から28年前の年の瀬にデビューした小田急ロマンスカーになります。
 
============================
 名称   :新型ロマンスカー10000形就役記念 '88初詣乗車券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1988年1月1日
 値段   :500円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0457
============================
 
Dscn4258
 
Dscn4259
 
Dscn4260
 
1987年、開業60周年を迎えた小田急電鉄の新型ロマンスカー車両として10000形がこの年の年の瀬に運転を開始しました。これを記念して発売されました記念きっぷになります。小田急ではこの時代は毎年正月に初詣記念乗車券が発売されておりましたが、1988年の初詣記念乗車券がロマンスカー10000形デビュー記念のアイテムとなりました。なおこの記念きっぷは後年入手しました。
 
小田急10000形ロマンスカーは「HiSE」車と名付けられ、外装はそれまでのオレンジバーミリオンからワインレッドになり、展望室以外は床面が高くなったハイデッキ構造となり、従来のロマンスカーより高い目線で景色が楽しめるという特色がありました。
 
登場して早速小田急のフラッグシップとなったロマンスカー10000形「HiSE」、この車両は2012年3月をもって運転を終了、24年間にわたり活躍しました。今となっては思い出になった車両になります。

2016.06.05

0510.【小田急】2600形旧塗装復活記念 パスネット

かつて、小田急で通勤輸送で活躍していた2600形が引退が近くなり登場時の塗装を再現した車両が登場し、これを記念したパスネットが発売されました。
 
=====================
 名称   :2600形旧塗装復活記念 パスネット
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2003年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:001088
=====================
 
Dscn3237
 
小田急2600形は、1963年に登場しそれまでの車両から車体が20m4ドアという構造になり輸送力増強が図られ、以降の小田急通勤型車両の標準サイズとなった車両です。主に各停で運用されていました。(なお小田急では戦後まもなく国鉄63型を割り当てられ1800形となって20m車体4ドアという車両が存在していた。)登場時は紺と黄色の塗装でしたが、後年白に青帯という塗装になりました。引退を控え2003年頃に1編成登場時の塗装を再現した編成が登場、この年の鉄道の日時期に記念パスネットとして発売されました。
 
さて、2003年の鉄道の日時期に小田急ではイベント会場限定で2600形のパスネットが発売されていました。
 
========================
 名称   :なつかしの2600形記念塗装車 パスネット
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2003年10月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
 シリアルNo.:001174
========================
 
Dscn3233
 
Dscn3234
 
Dscn3235
 
Dscn3236
 
各停で運用されることが多かった2600形でしたが、期間限定で記念塗装車として運転された編成が存在し、このパスネットの図柄になった塗装は1967年に小田急百貨店全館完成を記念した特別塗装車と1983年頃に運転されていた「フラワートレイン」をあしらった2枚セットになります。
 
これらパスネットは、おそらく横浜ポルタでの鉄道の日イベント会場で購入したと思います。
 
通勤通学輸送で活躍していた2600形でしたが、2004年6月5日にさよなら運転を行い引退しました。さよなら運転に際して到着した開成駅の留置線で撮影会が開催されました。この時会場最寄り駅となった開成駅で硬券の記念入場券が発売されています。
 
=====================
 名称   :2600形さよなら号運転記念入場券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2004年6月5日
 値段   :130円
 購入箇所:開成駅電留線撮影会会場
 シリアルNo.:2554
=====================
 
Dscn3232
 
小田急2600形は、このインベントを最後に引退し今でも先頭車1両が復刻した旧塗装で保存されており、おそらく喜多見車両基地の奥で保存されていると思われます。
 
小田急の通勤通学輸送に活躍した2600形、思い出になっていつの間にか10年以上が過ぎました。

2016.06.01

0509.【小田急】多摩線開業20周年記念乗車券・入場券

本日6月1日は、多摩ニュータウンへのアクセス路線の一つである小田急多摩線が開業した日です。1974年にまず新百合ヶ丘~小田急永山間が開業しました。その日から20周年を迎えた1994年に発売されました記念きっぷを公開いたします。
 
====================
 名称   :多摩線開業20周年記念乗車券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1994年6月1日
 値段   :1,000円
 購入箇所:小田急永山駅
 シリアルNo.:0035
====================
  
Dscn3227
 
Dscn3228
 
========================
 名称   :多摩線開業20周年記念入場券(7駅セット)
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1994年6月1日
 値段   :770円
 購入箇所:小田急永山駅
 シリアルNo.:3230
========================
 
Dscn3229
 
Dscn3230
 
==========================
 名称   :多摩線開業20周年記念入場券(新百合ヶ丘駅)
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1994年6月1日
 値段   :110円
 購入箇所:小田急永山駅
 シリアルNo.:0198
==========================
 
Dscn3231
 
開業20周年を迎えた1994年に発売されました記念きっぷ、記念乗車券と、新百合ヶ丘駅を含む多摩線7駅の硬券入場券のセットと、新百合ヶ丘駅のD型硬券入場券がそれぞれ発売され、いずれも小田急永山駅で入手することができました。
 
1994年当時ですと、すでに唐木田まで開業していましたが、ダイヤはほぼ線内のみの折返し各駅停車のみの運転であったという時代になります。また記念乗車券に写っている車両についても時代を感じさせます。
 
この記念きっぷ発売から本年2016年で22年、開業から42年が過ぎました。今の小田急多摩線は地下鉄千代田線から直通する急行が運転されるようになり、利便性が向上しました。またこの当時は存在しなかったはるひ野駅が黒川~小田急永山間に開業しています。
 
今では多摩ニュータウン地域のアクセス路線としての機能が強化された小田急多摩線であります。

2016.05.13

0500.【小田急】さよなら9000形フェスタ 記念パスネット

今から10年前の2006年5月13日、この日は東京地方は雨が降った日でしたが、多くの人々に惜しまれつつ引退を迎えた車両のイベントが開催されました。その会場で入手したアイテムを公開いたします。
 
==========================
 名称   :さよなら9000形フェスタ 記念パスネット
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :2006年5月13日
 値段   :3,000円(1,000円券3枚組)
 購入箇所:さよなら9000形フェスタ会場(唐木田車両基地)
 シリアルNo.:001058
==========================
 
Dscn3180
 
Dscn3181
 
Dscn3182
 
Dscn3184
 
2006年5月13日、この日に引退イベントが開催された車両は小田急9000形になります。1972年に登場した地下鉄千代田線への直通運転用の通勤車両で、その独特な前面形状から人気を集め1973年に鉄道友の会よりローレル賞を受賞しました。1978年に当時の営団地下鉄千代田線が代々木上原まで開通し小田急線と相互乗り入れを開始すると、この車両が千代田線に直通して都心への道を拓きました。
 
地下鉄への直通運用は平成の初めごろに1000形に譲りましたが、その後も地上線において急行などの列車に使用されました。4両編成と6両編成が存在していましたが、末期になりまして4両編成については2本つないだ8両編成で各停に使用されることが多くなったことから、中間に入った先頭車については前照灯や運転台機器を撤去した車両も現れました。そしてよる年波には勝てず、2006年3月のダイヤ改正で全車両運用を離脱し、それから2か月後にさよならイベントが開催されました。その会場でのみ発売されたパスネットカードになります。
 
このパスネットカードは9000形在りし日の姿をあしらった台紙及びカードのセットになっています。雨が降ったあいにくの日でしたがイベント会場となった唐木田車両基地には大勢の人が訪れ、このパスネットを買い求めるに際しましてもかなり長い列になっておりそれだけ並んだ思い出があります。入手後展示された9000形を撮影しましたが、このイベントでは開催時間中に盟友であった東京メトロ千代田線の6000系も登場し並んで展示もされました。(この時のイベントの様子は以前のブログにて公開しております。)
 
9000形引退後は先頭車1両が保存され、今でもおそらく喜多見車両基地の奥に保管されていると思われます。
 
その独特のデザインで人気を博し、小田急通勤車の顔ともなった9000形の引退から2016年で10年が過ぎました。初めて地下鉄千代田線に乗り入れた車両でしたが、この路線への乗り入れは1000形から4000形になり、ロマンスカー60000形「MSE」も「メトロはこね」「メトロホームウェイ」等の列車で乗り入れるようになりました。さらに本年2016年3月のダイヤ改正より、千代田線の綾瀬から先JR常磐緩行線の我孫子・取手へ小田急4000形が乗り入れることになり、合わせてJR東日本のE233系が小田急線に乗り入れ唐木田・本厚木まで来るようになるといった変化がありました。その道を拓いた9000形、今となっては思い出になった車両であります。

2016.04.11

0469.【小田急】町田駅誕生10周年記念乗車券

今では小田急線小田原線の中核駅になっている駅、今の駅名になって10周年を迎えて発売された記念きっぷを公開いたします。
 
===================
 名称   :町田駅誕生10周年記念乗車券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1986年4月11日
 値段   :300円
 購入箇所:新宿駅
 シリアルNo.:02919
===================
 
Dscn2971
 
Dscn2972
 
東京都町田市の代表駅であり、小田急百貨店が入る駅ビルがある繁華街のある町田駅、この駅名になったのは1976年4月11日のことになります。駅自体は小田急開業の1927年4月1日の時点で存在しており、開業時の駅名は「新原町田」と称していました。当時の国鉄横浜線原町田駅に近接していたことから、このような駅名で開業したようです。
戦後沿線の発展とともに、この駅周辺が繁華街として賑わうようになり、駅ビルが建設され名実とともに町田市の玄関口なったことから、1976年4月11日に市の名称と同じ「町田」に改称されました。なお、横浜線はこれより数年遅れて、原町田から町田と改称されています。
この記念きっぷは、それから10年が過ぎた1986年に10周年を記念して発売された記念きっぷになります。町田市の花と木があしらわれた特殊サイズの硬券乗車券がセットされています。
 
この記念きっぷは、この当時新宿に行ったときに机を出して発売していたもの購入したものです。
 
小田急の中核駅ともいえる町田駅、本年2016年4月11日で駅名改称から40周年を迎えました。この記念きっぷも発売から30年が過ぎたことになります。それこそ「新原町田」と呼ばれていた時代は遠い昔のことになるのかと思います。

2016.04.10

0463.【小田急】小田急中央林間駅・東京急行田園都市線接続10周年記念

1984年4月9日に東急田園都市線は終点の中央林間まで全線開通し、この駅で小田急江ノ島線と接続するようになりました。それから10年が過ぎ小田急でも、東急田園都市線と接続10周年を記念したアイテムが発売されました。
 
===============================
 名称   :小田急中央林間駅・東京急行田園都市線接続10周年記念
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1994年4月9日
 値段   :1,000円
 購入箇所:新宿駅
 シリアルNo.:0026
===============================
  
Dscn2968
 
Dscn2969
 
Dscn2970
 
小田急で発売された東急田園都市線接続10周年記念乗車券、小田急では中央林間駅に南口改札が開設されて10周年ということで発売されました。東急の佳節で小田急も記念きっぷを発売したのかと買い求めた際に驚いたものです。
 
田園都市線と接続するようになった小田急江ノ島線の中央林間駅、当時は隣接していた南林間駅が急行停車駅であったこともあってか急行は通過していましたが、田園都市線接続から6年が過ぎた1990年に急行停車駅となり、その後は2001年に設定された湘南急行・2004年にさらに速達列車となり快速急行の停車駅になって、発展した駅になります。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter