« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024.04.20

1532.【JR九州】ありがとう!SL人吉 記念乗車券

九州で運行されたSL、運行を終えました。

 

=====================
 名称   :ありがとう!SL人吉 記念乗車券
 発行社局:九州旅客鉄道
 発売日  :2024年3月23日
 値段   :3,300円
 購入箇所:九州の旅とお取り寄せ(Web販売)
 シリアルNo.:0969

 備考   :クリアファイル付属
=====================

 

Img_3628

 

Img_3629

 

九州で運行を終えたSLは58654号機で1914年から製造された8620形機関車の1両で、1922年(大正11年)に製造され長崎に配置されて以降九州内で活躍し、1975年に人吉機関区所属で運行を終えた後は、人吉市内の矢岳駅構内SL展示館で保存されました。その後JR九州発足後の1988年に復活し、豊肥本線熊本~宮地間で「SLあそBOY」号として2005年まで運行されました。その後2009年に復活し「SL人吉」として、熊本~人吉間を鹿児島本線と肥薩線で運行されてきました。2020年7月、肥薩線沿線を流れる球磨川が豪雨により氾濫、肥薩線は八代~吉松間で線路が流される等の被害を受け今日も不通の状態になっています。このため2021年より鳥栖~熊本間の鹿児島本線で運行されました。2022年には落成から100年という佳節を迎え特別運行が行われました。しかし、各種事情により本年3月23日に博多~熊本間での特別運行を最後に運転を終了することになりました。

 

運転を終了することになり発売されました記念乗車券になります。駅での発売の他JR九州商事が運営している通販サイト「九州の旅とお取り寄せ」にてWeb販売も行われまして、自分はWeb販売にて入手し、先日手元に届きました。SL人吉の略歴と肥薩線で運行されていた時の様子の写真をあしらった台紙に、博多→熊本の硬券による片道乗車券がセットされています。なお、この記念乗車券にはオリジナルのクリアファイルが付属しました。

 

Img_3631

付属したクリアファイル

 

記念乗車券台紙及びクリアファイルにはSL人吉が肥薩線で球磨川沿いを力走している写真があしらわれています。2020年の豪雨により球磨川は氾濫し、これら写真にあしらわれている箇所はいずれも濁流にのまれ印象的な橋梁も流されてしまったとのことです。今もなお不通になっている肥薩線ですが、先日JR九州と熊本県及び関係自治体等との間で復旧に向けた話がまとまりつつあるとのことです。

 

SL人吉としても引退した蒸気機関車58654号機、私は1993年夏初めて九州を訪れたときに豊肥本線で「SLあそBOY」に熊本→宮地間で乗車しており、この機関車がけん引する列車で阿蘇外輪山を越えるスイッチバックと阿蘇の大カルデラ内を乗車しています。この当時はアメリカ風な姿になっており外装は濃緑色になり前面にはカウキャッチャーが付いた状態でした。その後2013年に実親と九州と訪れたときに「SL人吉」として熊本→人吉間で乗車しております。この時は熊本から「SL人吉」に乗り八代から肥薩線に入り球磨川沿いの渓流とその道中にかかるクラシカルな橋梁などを堪能し、人吉から「いさぶろう」に乗り大畑ループ・スイッチバックそして日本三大車窓を眺め、吉松で乗り換え特急「はやとの風」で鹿児島に向かうというこの当時の観光ルートを巡り、この機関車はそれだけ思い出があります。

 

引退した58654号機、かつて保存されていた人吉に再度保存されるとの報があります。引退と復活を繰り返し102年も生きた蒸気機関車、その火を落としたところであります。

1531.【秩父鉄道】復活!SLパレオエクスプレス旧型客車運行記念乗車券

今シーズンも、秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」の運行が始まっています。そんな中本年2024年4月13・14・20・21日の運行は特別運行となります。これに合わせて記念乗車券の発売がありました。

 

==============================
 名称   :復活!SLパレオエクスプレス旧型客車運行記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2024年4月13日
 値段   :1,000円
 購入個所:熊谷駅
 シリアルNo.:0705
==============================

 

Img_3627

 

秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」は、C58363が12系客車4両をけん引して運転されています。このほどC58363が落成から80年を迎えたことから、2024年4月13・14・20・21日の運行ではJR東日本ぐんま車両センター所属の旧型客車4両で運転されることになったことから、これを記念するものになります。秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」は1988年の運行開始から1999年まで旧型客車で運転されており、実に25年ぶりの旧型客車での運行となります。

 

JR東日本ぐんま車両センターから今回の運行で借りてきた旧型客車は車内の一部をラウンジスペースとしているスハフ42 2173と現在最も古い客車とされているスハフ32 2357とオハ47形式2両の編成で、いずれも蒸気機関車全盛の時代全国的に見ることができた茶色(一部青色)の車体で、車内は木製の内装でボックスシートがあり出入口は両端のデッキから手動式の開閉扉という客車になります。なお扉につきましては今日の安全基準等から自動で閉まる構造になっています。いずれも昭和末期・JR発足時にはほとんどの車両が姿を消していたと思われる旧型客車、時代は21世紀になり平成から令和と移り変わった今日のJRに動態保存として今も残っているという車両になります。なお、スハフ32 2357については1988年のSL「パレオエクスプレス」運行時に秩父鉄道で使用されていたとのことで、こちらも25年ぶりの秩父鉄道線走行となります。

 

SLパレオエクスプレスの旧型客車による特別運行を記念してこのように発売されました記念乗車券、旧型客車で運行されていた当時の写真と今回の運行で使用される客車の車内をあしらったしおり型の乗車券3枚が化粧袋にセットされているというものです。

 

落成から80年を迎えた秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」のC58363、80年を祝う旧型客車による特別運行となります。

カテゴリー

Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

2011年11月 ありがとう!京王井の頭線3000系

  • Img_9050
    2011年12月、約49年にもわたり京王井の頭線で活躍してきた3000系、レインボーカラーに彩られ井の頭線のイメージを確立したこの車両も、ついに終焉となりました。最後の編成となったのはライトブルーの3028F、この編成は1987年に入線し活躍してきました。 末期には朝のラッシュ時間帯に運よく富士見ヶ丘~渋谷の1往復の運用にしか就かなくなってしまった3000系、2011年11月には「さよなら運転」として日曜日の昼間に井の頭線全線で運転され、最後の走りを披露しました。また11月20日には富士見ヶ丘車両基地において「ありがとう3000系フェスタ」も開催され、事前申込制であったこのイベントにも参加して、最後の姿を見てきました。井の頭線沿線で生まれ育ち、それこそこの車両の活躍をみて育ったと自負する私にとって、感慨深い月になった2011年11月、3000系最後の姿をぜひ皆様にご覧いただきたいと思います。

中央線201系

  • 2010101700
    JR中央線で約30年にもわたり活躍した201系、特に多摩地域においては、長きにわたり親しまれた車両で、私も小・中学生時代は遠足で、学生時代は通学で、そして社会人になってからも通勤などで利用したなじみ深い車両でした。時の国鉄が「省エネ電車」として中央線に導入された201系。そしてほとんどの車両が中央線から離れることなく、この路線で「オレンジバーミリオン」の外装で生涯を終えました。すでに引退して時が過ぎましたが、私が撮影した201系の思い出として、どうぞご覧下さい。

2002年100周年を迎えた江ノ電

  • Img_0527
    2001年12月に初めてデジカメを購入して、翌年から1年間通った路線があります。藤沢から鎌倉を結ぶご存知江ノ電です。この年は江ノ電が開業して100周年という節目の年で、各車両にステッカーなどが付いています。また世代交代もあった年です。 自分の思い出アルバムの中から公開いたします。どうぞご覧下さい。

惜別 名鉄岐阜600V線区

  • 2005032101
    2005年3月31日、惜しまれつつも廃止を迎えた名鉄岐阜市内線・揖斐線・美濃町線・田神線の総称「岐阜600V線区」。 私が初めて訪れたのは、1999年の夏のことでした。名古屋本線で新岐阜に着くと、駅前に停車していた電車に乗り、車の洪水の中を抜け、のどかな風景の中を走っていきました。
    その後2001年2月、そして2005年と何度か訪れたのですが、ついにこれら路線も命運が尽きてしまいました。そこで、名鉄岐阜600V線区で活躍していた古豪から最新鋭車まで、個性豊かな車両たちへの思い出をつづり、このアルバムを作成しました。
    このアルバムでは、2001年9月30日の運行をもって廃止となった谷汲線・揖斐線(黒野~本揖斐)のモ750も登場しています。いずれにしましても、今では思い出になってしまった、名鉄岐阜600V線区へのレクイエムです。 どうぞご覧下さい。

    お断り>
    今回のアルバムは、一部ポジプリントからスキャンしたもの、あるいは携帯電話内蔵カメラで撮影した画像も含まれています。特に1999年・2001年撮影のものはすべてポジプリントからのスキャンになります。つきましては画質にやや難があるものがあります。ご了承ください。