« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020.08.22

1342.【関東鉄道】竜ヶ崎線開業120周年記念乗車券入場券

龍ヶ崎の街を結んで開業した路線、120周年の佳節を迎えました。

 

=========================
 名称   :竜ヶ崎線開業120周年記念乗車券入場券
 発行社局:関東鉄道
 発売日  :2020年8月14日
 値段   :1,000円

 購入箇所:守谷駅
 シリアルNo.:0521
=========================

 

Img_2711_20200901223601

 

Img_2716

 

Img_2715

 

関東鉄道竜ヶ崎線は、茨城県内において最古の歴史を持つ私鉄路線になります。常磐線のルートから外れてしまった龍ヶ崎の街と常磐線の佐貫駅を結ぶために、1900年に龍崎鐵道として地元の出資により開業した鉄道でありました。開業後の経過として1944年に鹿島参宮鉄道(常磐線石岡駅から鉾田駅を運営していた会社で、後に鹿島鉄道となり分離後2007年で廃止)に事業を譲渡、1965年に鹿島参宮鉄道と常総筑波鉄道は合併して関東鉄道が発足、関東鉄道竜ヶ崎線となりました。関東鉄道の路線となってからは1971年に、鉄道路線としては全国初のワンマン運転が行われています。

 

開業から120周年を迎えて発売されました記念きっぷになります。佐貫・入地・竜ヶ崎とこの路線全3駅のC型硬券入場券と過去の車両をあしらったD型硬券乗車券が竜ヶ崎線の歴史や現在活躍している車両をあしらった台紙にセットされています。また、この記念きっぷにはポストカードも付属します。

 

Img_2720

付属したポストカード

 

現在の竜ヶ崎線では、この路線に特化した2000形車両が主力で、ポストカードにもあしらわれているキハ532は予備車となっているようですが、毎週土曜日の昼間時間帯で定期的に運転されているとのことです。

 

さて、関東鉄道竜ヶ崎線はJR常磐線の佐貫駅から竜ヶ崎駅を結んでいますが、JR常磐線の佐貫駅は本年2020年3月14日に「龍ケ崎市」駅に改称されました。駅名変更を記念して当日イベントが企画されていたようでしたが、新型コロナウィルス感染症拡大の影響によりそのイベントは中止となってしまいました。そのイベントで記念きっぷの発売が予定されておりましたが、関東鉄道では2020年8月に入って発売されました。

 

=========================
 名称   :JR 佐貫駅駅名改称記念入場券
 発行社局:関東鉄道
 発売日  :2020年8月1日
 値段   :320円

 購入箇所:守谷駅
 シリアルNo.:0648
=========================

 

Img_2721

 

Img_2727

 

常磐線は龍ケ崎を経由しなかったことから、地元地域の出資により開業した竜ヶ崎線、その起点となった常磐線の駅名が改称されたことから関東鉄道でもこのような記念入場券が発売されました。なお、関東鉄道竜ヶ崎線は現在もJR常磐線との接続駅は佐貫と称しています。

 

開業から120年という長い歴史を歩んできた関東鉄道竜ヶ崎線、これからも龍ケ崎の地域とともに歩んでいくことでしょう。

2020.08.10

1341.【東武】SL大樹「ふたら」列車名称発表記念乗車券

本年で運転開始から3周年を迎えた東武鉄道のSL列車「大樹」、新たな展開が始まろうとしています。

 

=============================
 名称   :SL大樹「ふたら」列車名称発表記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2020年8月10日
 値段   :1,000円
 購入箇所:池袋駅
 シリアルNo.:2390
=============================

 

Img_2703_20200810225601

 

Img_2709

 

Img_2704

 

2017年から鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉で運転されているSL「大樹」、本年10月から毎月1回程度日光線の下今市~東武日光でも運転されることになり、この区間を運転する列車の愛称として「ふたら」と命名されたことから、本日より東武主要駅(本線系統・東上線系統)で発売されました記念乗車券になります。

 

東武日光へ向けて走行するSL列車についた愛称「ふたら」とは、日光連山にある男体山のかつての呼び名「二荒山」から命名されました。このように愛称が決定し10月から東武日光へも運転されます。

 

東武のSLについては先日、真岡鉄道で運行されてきたC11 325を譲り受け2機目のSLとして本年12月より運行開始予定であるとともに、日本鉄道保存協会から譲受した蒸気機関車の復元が2021年冬予定とされています。

 

日光・鬼怒川エリアの活性化で運行が始まった東武鉄道のSL「大樹」、今後の展開に注目です。

2020.08.01

1340.【京成】3600形リバイバルカラー記念乗車券

本年で創立111周年を迎えた京成電鉄、往年の外装が再現された編成が登場しました。

 

=======================
 名称   :3600形リバイバルカラー記念乗車券
 発行社局:京成電鉄
 発売日  :2020年8月1日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京成上野駅
 シリアルNo.:0226
=======================

 

Img_2697_20200801224501

 

Img_2698

 

京成電鉄において、往年のカラーが再現されたのは3600形の3688編成になります。京成3600形は1982年から運転を開始したオールステンレスの車体を持つ通勤車になります。今回、登場時のファイヤーオレンジの帯が再現され本日お披露目を兼ねて東成田→八千代台間でツアー列車として運転されました。

 

リバイバルカラー化に伴い発売された記念乗車券になります。宗吾参道及び京成高砂からのD型硬券による片道乗車券2枚が台紙にセットされ、また上野方先頭車となる3688号車をモチーフとしたナンバーのステッカーが付属しました。

 

Img_2699

付属したステッカー

 

1982年にデビューした京成3600形、6両編成で登場しました。その後1990年代に入り3700形と同等の赤と青のラインに変更になるととともに編成替えを行い8両編成化されたとともに、余剰となった先頭車6両をVVVF化を行い6両編成を組成しました。8両編成は主に京成上野~京成成田・成田空港間の京成本線京成船橋・京成成田経由の快速特急・特急の運用に就いており都営浅草線への直通は可能ですが、先頭車は制御車となるため先頭台車は電動台車という制限がある京急線へは乗り入れることはできない車両でした。

そのような制約があった車両でしたが、登場からすでに35年以上が過ぎ、数を減らしてきています。そんな中登場したリバイバルカラー、編成も再び6両編成になり往年の姿に戻りました。

 

今後は普通列車に主に使用されることになるのでしょうか?注目を集める編成が登場しました。

カテゴリー