« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020.07.18

1339.【長野電鉄】長野電鉄3000系デビュー記念乗車券

本年で創立100周年を迎えた長野電鉄、新型車両がデビューしました。

 

========================
 名称   :長野電鉄3000系デビュー記念乗車券
 発行社局:長野電鉄
 発売日  :2020年7月18日
 値段   :3,000円
 購入箇所:長野駅
 シリアルNo.:0084
========================

 

Img_2691_20200719174201

 

Img_2693_20200719174201

 

Img_2692

 

創立100周年を迎えた長野電鉄に登場した新型車両は3000系になります。東京メトロ日比谷線で運転されていた03系を譲受してデビューしました。長野電鉄では3両編成で運転され外観は前面の帯が赤になった程度で側面は東京メトロ時代と同じグレーのラインとなっています。この車両は長野電鉄で初のVVVFインバータ制御車となるとのことです。運転開始については創立100周年の記念日となった2020年5月30日に運転されましたが、新型コロナウィルス感染症の影響もあってその後本日から本格的な運転を開始しました。

 

運転開始を記念して発売されましたアイテム、長野電鉄の主要駅のほか東京・神保町にある書店「書泉グランデ」でも発売されました。創立100周年の記念日となる2020年5月30日の日付となっているB型硬券乗車券4枚が試運転中の3000系をあしらった台紙にセットされています。

 

長野電鉄ではこの車両の導入でこれまで活躍してきた3500系・3600系を置き換えます。置き換えられる車両である3500系・3600系は03系導入前に地下鉄日比谷線で運転されていた3000系の譲渡車で、当時の営団では1994年で全車両引退を迎え一部車両が長野電鉄にやってきました。それから四半世紀以上が過ぎ、信濃の地で3000系から03系への置き換えが再現されることになります。

 

運転を開始した長野電鉄3000系、再び初代・2代目の地下鉄日比谷線車両が共演するとともに、東急からやってきた8500系、特急では小田急ロマンスカー10000形HiSEの譲渡車である1000系「ゆけむり」JR東日本の「成田エクスプレス」車両であった253系の譲渡車である2100系「スノーモンキー」が運転されており、首都圏の路線で活躍した車両が共演するという路線、新たにラインナップに加わりました。

1338.【しなの鉄道】SR1運行開始記念入場券セット

長野県内の元信越本線で運営を行っているしなの鉄道、新型車両が導入されました。

 

=====================
 名称   :SR1運行開始記念入場券セット
 発行社局:しなの鉄道
 発売日  :2020年7月4日
 値段   :2,090円
 購入箇所:上田駅
 シリアルNo.:0583
=====================

 

Img_2686

 

Img_2687

 

Img_2690

 

1997年の北陸新幹線高崎~長野開業に伴い長野県内の信越本線軽井沢~篠ノ井間の運営を引き継ぐため開業した第三セクター会社であるしなの鉄道、開業時からJR東日本から譲渡された115系で外装をしなの鉄道オリジナルカラーで運転されました。2015年の北陸新幹線長野~金沢間開業に伴い信越本線の長野~妙高高原間を引き継ぎ北しなの線開業時にも115系を譲受して運転されてきました。近年JR東日本からは115系は相次いで姿を消しており、しなの鉄道では希少になってきた115系に国鉄・JR時代の外装である湘南色・横須賀色・長野オリジナル色にコカ・コーラ広告塗装車等を再現して注目を集めていましたが、すでに製造から40年以上になり老朽化してきたことから、新型車両を導入することになり運行を開始することからこのような記念入場券が発売されました。

 

しなの鉄道に登場した新型車両、形式はSR1系と命名され仕様はJR東日本で新潟エリアに導入されているE129系をベースとした車両になります。車内はクロスシート・ロングシートのデュアルシートを装備し、平日朝の小諸→長野で運転される有料快速列車「しなのサンライズ」号、平日夕方に上田~長野で運転される有料快速列車「しなのサンセット」号、土休日で軽井沢~長野・妙高高原で運転される有料快速列車「軽井沢リゾート」号で運転される際はクロスシートモードとなり、普通列車として運転される際はロングシートモードとなります。

 

新幹線開業により開業したしなの鉄道、開業から20年以上が過ぎ世代交代が始まりました。

2020.07.17

1337.【京成】成田スカイアクセス開業10周年記念乗車券

日本と世界を結ぶ成田空港へ最速のアクセスライン、本日で開業から10周年の佳節を迎えました。

 

=========================
 名称   :成田スカイアクセス開業10周年記念乗車券
 発行社局:京成電鉄
 発売日  :2020年7月17日
 値段   :3,000円
 購入箇所:京成上野駅
 シリアルNo.:0136
=========================

 

Img_2675

 

Img_2678

 

Img_2680

 

Img_2681_20200717221401

 

本日で開業から10周年を迎えた路線は、京成電鉄の成田スカイアクセスになります。2010年に開業した成田スカイアクセスは、京成本線の京成高砂から印旛日本医大までの区間はすでに開業していた北総鉄道の路線を走行し、以降は途中に成田湯川駅を設置した新線として空港第2ビルで本線に合流するという路線になります。都心から成田空港への最短ルートとして開業しました。この路線開業にあわせて京成ではスカイライナーにAE形を導入。この車両は、世界的なデザイナーである山本寛斎氏により外観は「風」車内は「凛」をコンセプトにデザインされ、最高速度も在来線で最速となる時速160kmで走行するという性能を持ち、日暮里から空港第2ビル間を最速36分で結ぶという俊足を誇ります。また一般列車として京急線羽田空港から都営浅草線経由でアクセス特急も運転され、3050形により運転されてきました。それから10年、AE形は昨年増備がされ京成上野~成田空港間を20分ヘッドの頻発運転を行っているとともに、アクセス特急には昨年新型車となる3100形が導入され、3050形についても3100形と同等な外装に変更されています。3100形は今後アクセス特急用に増備されることになっており、3050形は外装を他の3000形と同等の仕様に変更して本線に転用され始めています。

 

早いもので、成田スカイアクセス開業から10周年を迎えて発売されました記念乗車券になります。成田スカイアクセスで活躍しているスカイライナーAE形と3100形・3050形をあしらった乗車券が台紙にセットされています。またこの記念乗車券には、オリジナルのマスクケースが付属しています。

 

Img_2685_20200718001301

付属したマスクケース

 

10周年を迎えた2020年は、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行で、海外からの渡航が著しく制限されたことから、京成電鉄の屋台骨であるスカイライナーを始めとした利用客大幅減という状況に陥っています。一方で感染予防のためマスクの着用が推奨されている状況でもあることから、この記念乗車券にはマスクケースとともに紙マスクも1つ付属しました。2020年という世相を反映したアイテムになりました。

 

こうして開業から10周年を迎えた京成電鉄の成田スカイアクセス、今は新型コロナウィルス感染症の影響が大きく利用が落ち込んでいますが、再び日本から世界を結ぶアクセスラインとして活気が戻ってくることに期待したいと思います。

2020.07.12

1336.【京成】京成電鉄創立111周年記念乗車券

京成電鉄は本年2020年で創立から111周年を迎え、記念乗車券が発売されました。

 

=======================
 名称   :京成電鉄創立111周年記念乗車券
 発行社局:京成電鉄
 発売日  :2020年6月30日
 値段   :1,000円
 購入箇所:日暮里駅
 シリアルNo.:0488
=======================

 

Img_2671_20200712005001

 

Img_2674

 

1909年6月30日に設立された京成電鉄、本年で創立から111周年ということで発売されました記念乗車券になります。開業時の車両から現在の京成電鉄のフラッグシップ車両である「スカイライナー」AE形や最新型通勤車である3100形を始めとして、歴代のスカイライナー車両やそれ以前に成田山新勝寺への参拝客を乗せて運転された「開運号」、111周年の歴史の中で活躍した車両をあしらった台紙に押上及び柴又からの数字の「1」の形をした硬券乗車券と「1」の形をした栞がセットされました。

 

京成電鉄は社名が示す通り、東京から成田山新勝寺の門前町である成田を結ぶ目的で設立されました。1978年に成田に国際空港が開港すると空港アクセスも担うようになりました。設立から111周年、この間多くの困難があり乗り越えてきましたが、2020年に入って世界的な流行となった新型コロナウィルス感染症の影響で海外からの渡航が著しく制限されたことから、京成電鉄の屋台骨を揺るがす事態になっています。そんな中で創立111周年の佳節を迎えた京成電鉄、今後の発展に期待したいところです。

カテゴリー