« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020.02.29

1322.【東武】ありがとう日比谷線直通20000系記念乗車券

本日は4年に一度の2月29日になります。そんな中、終焉を迎える車両があります。

 

===========================
 名称   :ありがとう日比谷線直通20000系記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2020年2月29日
 値段   :500円
 購入箇所:亀戸駅
 シリアルNo.:0520
===========================

 

Img_2577

 

Img_2579

 

終焉を迎えることになった車両は東武20000系になります。

 

東武20000系は1988年に登場した通勤車両になります。地下鉄日比谷線直通運転用車両として、地下鉄中目黒から北千住経由で東武伊勢崎線東武動物公園及び日光線南栗橋まで運行されていた車両になります。地下鉄日比谷線直通列車は東武線内は普通列車ですので、東武の複々線区間では内側の緩行線を走行していた車両になります。地下鉄日比谷線規格に合わせるため18m車体3ドアの8両編成で登場した20000系、1992年には混雑を緩和を目的に前後2両を5ドアとした20050系も登場し、伊勢崎線系統の通勤・通学輸送に徹した車両でした。

 

しかし地下鉄日比谷線や東武線内においてもホームドアが導入されることや寄る年波もあり、東武では2017年に日比谷線直通用に20m4ドア7両編成とした新型車70000系が登場し20000系は置き換えられることになって数を減らし、いよいよ日比谷線直通列車からは撤退することになったことから本日、このような記念乗車券が発売されました。20000系の活躍のシーンなどをあしらったシート形式の乗車券に北千住・東武動物公園からの乗車券がつづられたものになりました。

この記念乗車券には「会社に行きたくない日もあった、仕事がうまくいった日もあった。いつも20000系が走っていた。いままでありがとう。」と表面に記載されており、この車両は紛れもなく東武伊勢崎線系統の通勤・通学輸送を支えた車両であるとともに、沿線地域にお住まいの方にとりましてはそれだけ日常的に運行されていた車両であったのかと思います。

 

日比谷線直通列車からは撤退する20000系ですが、すでに一部車両は4両編成になり5ドア車については3ドア化改造を行い20400系となって、日光線や宇都宮線に転じて新たな活躍を始めた車両もあります。

 

東武20000系、いつの間にか登場から30年以上が過ぎていました。ここでも世代交代が完了し、次の時代に入りつつあるようです。

2020.02.15

1321.【京王】令和2年2月22日2並び記念乗車券

今から30年ほど前、元号が平成になってから鉄道各社で発売された記念きっぷ類に、「数字並び日付」の記念きっぷが発売されることがよくありました。これは同じ数字が並ぶ日付を記念して発行されたもので、平成初期の1990年代はほぼ毎年発行されておりました。それから時代が過ぎ昨年2019年に元号が平成から令和となり、令和2年を迎えた本年、「2」が並ぶ2月22日をまもなく迎えることになり、まず京王において記念乗車券が発売されました。

 

===============================
 名称   :令和2年2月22日2並び記念乗車券「ダイヤ改正版」
 発行社局:京王電鉄
 発売日  :2020年2月15日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京王多摩センター駅
 シリアルNo.:0310
===============================

 

Img_2570

 

Img_2571

 

===================================
 名称   :令和2年2月22日2並び記念乗車券「京王ライナー2周年版」
 発行社局:京王電鉄
 発売日  :2020年2月15日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京王多摩センター駅
 シリアルNo.:0311
===================================

 

Img_2573

 

Img_2574_20200216211601

 

2が並ぶ令和2年2月22日を記念して、早くも京王で発売されました記念乗車券になります。2種類発売され、2月15日にまず京王多摩センター駅で2種類とも先行発売されたのち、翌日からそれぞれ主要駅でも発売されました。令和2年2月22日、京王線系統においてダイヤ改正が行われることになり、これをアピールする目的もあるようです。

 

令和2年2月22日に実施されるダイヤ改正では、朝・夕時間帯の列車増発や高尾線の終電延長、そして現在好評の上運転されている「京王ライナー」の増発が行われます。2並び記念乗車券はまず「ダイヤ改正版」として、表紙にヘッドマークを着けた8000系と内側は日めくりカレンダーの2月22日をイメージし京王線8000系と井の頭線1000系「レインボー」をあしらった台紙に、駅ナンバリングで「2」が使用されている初台[KO02]、多磨霊園[KO22]、神泉[IN02]3駅の駅舎の写真をあしらったD型硬券乗車券と神泉から多磨霊園までの往復乗車券がセットされ、台紙の表紙はヘッドマークをつけた8000系があしらわれています。

今回のダイヤ改正で増発される「京王ライナー」は本年2月22日で運行開始から2周年をむかえるということで、2並び記念乗車券には「京王ライナー2周年版」も発売され、京王ライナーに使用される5000系を表紙にあしらい、内側は日めくりカレンダーの2月22日をイメージし京王ライナー5000系とともに「2」がつく形式の京王車両として1984年まで京王線で運行されていた2000系・2010系をあしらった台紙に2010系をあしらった新宿からの小児用100円のC型硬券乗車券と5000系「京王ライナー」をあしらったC型硬券による京王全線1日乗車券がセットされました。

 

令和の時代になり復活した数字並びの日付記念乗車券、京王ではこの日に実施されるダイヤ改正と「京王ライナー」2周年を令和2年2月22日に迎えます。

2020.02.09

1320.【東武】東武鉄道電気機関車就役90周年記念乗車券

創業時から貨物輸送を行っていた東武鉄道、当初は蒸気機関車でしたが、電化がおこなわれたことにより電気機関車が導入されました。最初の電気機関車が導入されてから90周年を迎え記念乗車券が発売されました。

 

===========================
 名称   :東武鉄道電気機関車就役90周年記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2020年2月1日
 値段   :1,000円
 購入箇所:東武日光駅
 シリアルNo.:1464
===========================

 

Img_2567_20200209015101

 

Img_2569

 

東武鉄道において、電気機関車が導入されて90周年を迎えることから発売されました記念乗車券になります。地図式硬券乗車券3枚が90年前東武で初めて導入された電気機関車の写真をあしらった台紙にセットされています。

 

今から90年前に東武に導入された電気機関車はED101形101号で、1928年にイギリスで製造され輸入されました。主に貨物輸送で活躍し1955年にED4000形4001号に形式変更し、1972年に東武で引退後は滋賀県の近江鉄道に譲渡され1988年まで使用されました。近江鉄道での使用終了後も同社で保存・展示されておりましたが、2009年に東武に帰ってきました。現在、東武スカイツリーラインの東向島駅高架下にある東武博物館で保存・展示されています。

 

東武の貨物輸送は2003年9月で終了しましたが、その歴史の中で登場する東武初の電気機関車、就役から90周年の佳節を迎えました。

カテゴリー