« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019.12.07

1318.【東急】目黒線3020系運行開始記念乗車券

2020年代の東急の飛躍にむけた新型車両が登場しました。

 

=======================
 名称   :目黒線3020系運行開始記念乗車券
 発行社局:東急電鉄
 発売日  :2019年12月7日
 値段   :500円
 購入箇所:日吉駅
 シリアルNo.:1648
=======================

 

Img_2550

 

Img_2553_20191207215401

 

東急電鉄においてこのほど登場した新型車両は3020系になります。目黒線に導入され、昨年田園都市線に登場した2020系・大井町線に登場した6020系の目黒線仕様の車両となります。3020系は8両固定編成で入線しておりますが、目黒線は現状では6両編成ですので中間車2両は外した6両編成で運転を開始しました。

 

目黒線用として登場した3020系になりますが、目黒線は2022年度開通予定で現在終点の日吉駅から新横浜駅まで延伸されることになっており工事が進められています。新横浜からは相鉄線に直通することになっており先日開通した西谷駅から羽沢横浜国大駅までの路線が新横浜駅まで延伸されここで接続して直通運転を行うことになっています。

 

3020系登場に合わせて発売されました記念乗車券になります。日吉駅でのみ発売され、はがきサイズの乗車券とA5サイズのクリアホルダーがついてきました

 

Img_2556_20191207215401

付属したクリアホルダー

 

付属したクリアホルダー、表面は3020系の写真・裏面は主要諸元表になっています。

 

東急の未来にむけて目黒線に登場した3020系の記念アイテムになります。

2019.12.06

1317.【東武】東武日光線開通90周年・日光の社寺世界遺産登録20周年記念乗車券

 

東武の本線格の路線、開通から90周年の佳節を迎えました。

 

======================================
 名称   :東武日光線開通90周年・日光の社寺世界遺産登録20周年記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2019年12月2日(駅での一般発売)
 値段   :1,000円
 購入箇所:池袋駅
 シリアルNo.:2335
======================================

 

Img_2540

 

Img_2544_20191207215401

 

開通から90周年を迎えた路線は東武日光線になります。実質上東武本線を形成している路線で、杉戸(現:東武動物公園)~東武日光間が1929年に開通しました。観光地日光を結ぶ路線として多くの名車が行き交った路線になります。また、日光にある東照宮・二荒山神社・輪王寺の二社一寺がユネスコの世界遺産に登録されてから20周年を迎えたことから、これを兼ねたアイテムになっています。

 

東武鉄道では、現在日光線内で運転されているクロスシート車である6050系1編成に、更新前6000系時代の外装を再現した編成が登場しています。先日お披露目され東武日光線90周年記念のツアー列車が早速運転されたそうです。そして開通90周年を記念して発売されましたアイテムになります。まず2019年12月1日に毎年恒例の南栗橋車両基地で開催される東武ファンフェスタ会場で先行発売され、その翌日から東武主要駅でも発売されました。発売箇所となった主要駅は伊勢崎線等の本線系統だけではなく、東上線系統の主要駅でも発売されました。

 

今でも東武が誇る特急「スペーシア」や「リバティ」が運行されている東武日光線、次の10年となる100周年に向けて歩み始めました。

2019.12.01

1316.【新京成】連続立体交差事業全線高架化記念乗車券

新京成電鉄が長年かけて進めてきた連続立体交差事業、全線で高架化が完成し記念乗車券が発売されました。

 

==========================
 名称   :連続立体交差事業全線高架化記念乗車券
 発行社局:新京成電鉄
 発売日  :2019年12月1日
 値段   :600円
 購入箇所:松戸駅
 シリアルNo.:0052
==========================

 

Img_2533

 
Img_2534_20191207215401

 

Img_2538_20191207215401

 

新京成電鉄で進められてきた連続立体交差事業は鎌ヶ谷大仏~くぬぎ山間の鎌ヶ谷市内で行われ、この区間内にある初富・新鎌ヶ谷・北初富の各駅が2019年12月1日の全線高架化により上下線とも高架駅になりました。これを記念して発売されましたアイテムで、高架化工事の様子をあしらった表紙と高架駅となった3駅の硬券乗車券がセットされています。この連続立体交差事業は1999年に都市計画が決定され2002年より着手、約20年かけて線路の高架化が完成しました。この後駅舎や周辺道路の整備等が行われ全体の事業完成は2024年度の予定であるそうです。

 

連続立体交差事業が始まるのが1999年、それ以前のこの区間は畑が広がっているというところでした。

平成時代の始めには新鎌ヶ谷駅はまだ開業しておらず、新京成線北初富駅から北総線が分岐していたという状態でした。1991年にまず北総2期線の開通で北総線に新鎌ヶ谷駅が開業その翌年に新京成電鉄も新鎌ヶ谷駅が開業しました。何もなかった新鎌ヶ谷駅周辺もその後開発がすすみ、1999年には東武野田線にも新鎌ヶ谷駅が開業2010年には北総線を延伸する形で京成の成田スカイアクセス線が開業し成田空港へ直結するようになりました。路線網の整備により新鎌ヶ谷駅周辺はショッピングセンターなど開発が進み発展しました。これまでですと東武野田線の鎌ヶ谷駅・新京成電鉄では初富駅周辺が市街地の中心であった鎌ヶ谷市、新京成の連続立体化に合わせるかのように新鎌ヶ谷駅周辺に市街地の中心が移ってきたと感じます。

 

鎌ヶ谷の街の発展に寄与する新京成電鉄の連続立体化、ようやく完成をみることになりました。

カテゴリー