« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019.08.27

1300.【東武】北千住⇔久喜間開業120周年記念乗車券

東武鉄道の本線といえる北千住~久喜間が開業して、本年で120周年を迎えました。

 

=======================
 名称   :北千住⇔久喜間開業120周年記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2019年8月27日
 値段   :1,000円
 購入箇所:浅草駅
 シリアルNo.:0106
=======================

 

Img_2327

 

Img_2328

 

Img_2329

 

東武鉄道は1897年に創立し、1899年にまず北千住~久喜間が開業しました。120周年を迎えて発売されました記念乗車券になります。

この路線で活躍した歴代車両と年表をあしらった台紙に、開業時に存在していた駅の硬券乗車券がセットされています。開業した当時の駅は、北千住・西新井・草加・越谷(現:北越谷)・粕壁(現:春日部)・杉戸(現:東武動物公園)・久喜の各駅になります。

 

今では北千住~北越谷間は複々線となり、日光・鬼怒川方面へ向かう特急スペーシアやリバティ、館林・太田・桐生方面へ向かう特急りょうもうなど、東武の本線を形成する区間となります。開業から120周年の佳節となりました。

2019.08.15

1299.【名鉄】名鉄豊田線・地下鉄鶴舞線 相互直通運転40周年記念乗車券

尾張名古屋と自動車産業で栄える豊田市を結ぶ名鉄豊田線、地下鉄鶴舞線と直通運転を行っている路線が開業40周年を迎えました。

 

==================================
 名称   :名鉄豊田線・地下鉄鶴舞線 相互直通運転40周年記念乗車券
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2019年7月29日
 値段   :600円
 購入箇所:豊田市駅
 シリアルNo.:00267
==================================

 

Img_2323

表面

 

Img_2324

裏面

 

名鉄豊田線が開業したのは1979年。開業時から名古屋市営地下鉄鶴舞線と相互直通運転を行っています。開業40周年を記念して発売されました記念乗車券になります。栞型乗車券2枚セットで、1979年の開業時の様子と現在の様子をあしらった内容になります。

8月の旧盆時期に名古屋を訪れる機会があり、名鉄名古屋駅では完売でしたが、駅の掲示により豊田市駅や豊田線の駅ではまだ発売中とのことでしたので、豊田市に向かいました入手してきました。

 

開業40周年を迎えた豊田線では、名鉄車両についてはまだ100系・200系が活躍しています。20m4ドアロングシートの通勤車ではありますが、横引きカーテンが採用されているなど豪華な雰囲気を醸し出しており、開業当時は4両編成でしたが現在では6両編成で運転されています。また地下鉄鶴舞線の延伸により上小田井まで開業しここから名鉄犬山線との直通運転が始まると、豊田線だけでなく犬山線でも運転されています。なお、直通する地下鉄鶴舞線においては新型者N3000形が増備されておりこの路線開業時からの3000形は置き換えが進んでいるという状況です。一方で名鉄車両の100系・200系については、置き換えの予定がない様で、まだまだ活躍するようです。

 

 

さて、名鉄豊田線における佳節で発売されました記念乗車券、過去の記事において1999年の20周年2009年の30周年の記念乗車券を公開しております。私が名鉄を初めて訪れたのは1999年の夏で、その時豊田線20周年ということで発売されていた記念乗車券を購入し、その後豊田線に向かい装飾がなされていた名鉄100系に乗車した思い出があります。1999年ですとミュースカイはまだ登場しておらず、パノラマスーパー1000系が特急で活躍し、「パノラマカー」と呼ばれていた7000系も健在で、岐阜市内線や美濃町線・揖斐線・谷汲線などの600V線区やレースバスで運行されていた三河線の末端区間や八百津線、犬山遊園から日本モンキーパークを結ぶモノレールが存在していた時代です。それまでパノラマカー等は知っていたものの広大な路線網を持つ名鉄、どこかとっつき難い感じがあったのは事実でしたが、これ以降多く訪れるようになり、記念きっぷ類も買い求めておりましたので、かなりの数が揃い弊ブログにおきましても多くの記事を公開しております。

時代が令和になった2019年、自分が初めて名鉄を訪れてから早20年が過ぎてしまったのかと、今回40周年を迎えた名鉄豊田線の記念乗車券を入手しまして、時の流れを感じることとなりました。

2019.08.12

1298.【北総】北総鉄道開業40周年記念乗車券(第2弾)

本年3月9日で開業40周年を迎えた北総鉄道、記念乗車券がこの時発売されましたが、第2弾となる記念乗車券が発売されました。

 

==========================
 名称   :北総鉄道開業40周年記念乗車券(第2弾)
 発行社局:北総鉄道
 発売日  :2019年8月10日
 値段   :1,000円
 購入箇所:新鎌ヶ谷駅
 シリアルNo.:0492
==========================

 

Img_2317  

 

8月に入り発売された第2弾となる北総鉄道開業40周年記念乗車券になります。化粧袋は第1弾と同じようですが、栞型の乗車券のデザインが異なり、開業時の7000形について現役当時と引退直前の姿、そして2019年9月30日まで運転の40周年ヘッドマークを着けた7500形があしらわれています。

 

開業40周年の記念イヤーとなっている北総鉄道になります。

1297.【東武】SL大樹運行開始2周年記念乗車券

東武鬼怒川線で運行されているSL「大樹」、運行開始から2周年を迎え記念乗車券が発売されました。

 

=====================
 名称   :SL大樹運行開始2周年記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2019年8月10日
 値段   :1,000円
 購入箇所:浅草駅
 シリアルNo.:0282
=====================

 

Img_2320

 

Img_2321

 

Img_2322

 

2017年8月10日より東武鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉間で運行を開始したSL「大樹」、2周年を迎えました。

2周年の記念乗車券は、昨年2018年8月の1周年以降に特別運転の際に着けられたヘッドマークを台紙にあしらい硬券乗車券が4枚セットされています。
 
運行開始2周年を迎え、日光・鬼怒川路における観光列車として定着したSL「大樹」、これからの運行に期待です。
 

カテゴリー