« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2019.02.23

1277.【富士急】ありがとう5000系記念乗車券セット

孤軍奮闘していた富士急のオリジナル車両、引退を迎えることになりました。
 
=====================
 名称   :ありがとう5000系記念乗車券セット
 発行社局:富士急行
 発売日  :2019年2月23日
 値段   :1,000円
 購入箇所:富士山駅
 シリアルNo.:0399
=====================

 

Img_2011

 

Img_2015

 

Img_2019

 

富士急5000形は1975年に、富士急創立50周年を記念して登場した車両になります。富士急の自社発注車両で、発電ブレーキや半自動扉、富士急初の冷房装置を搭載した車両で、翌年の1976年には鉄道友の会よりローレル賞を受賞しました。
 
富士急を代表する車両でもあった5000形でしたが、1編成2両製造されたのに留まり、以降導入された大手私鉄からの譲受車が主力となってくると、それら車両とは併結できないといった扱いにくい車両になってしまったようでしたが、1998年富士急ハイランドに機関車トーマスの世界をモチーフにしたトーマスランドがオープンすると、この車両の外観に機関車トーマスのキャラクターがあしらわれ「トーマスランド号」として親しまれるようになりました。
 
トーマスランド号として活躍した富士急5000形でしたが、老朽化が進んだこともあり2019年2月で引退することになり発売された記念乗車券になります。デビュー当時の姿をあしらった台紙に硬券乗車券がセットされています。この車両は登場時の外装に戻ることなく、トーマスランド号の外観でその生涯を終えることになりました。引退後は下吉田駅構内で保存・展示されるとのことです。またトーマスランド号については、2018年に導入された6000系に1編成機関車トーマスのキャラクターであしらわれた編成が登場しており、引き継がれることになりました。
 
富士急オリジナル車両として登場時は意欲的な車両であった富士急5000形、機関車トーマスのキャラクターをあしらい人気を集めた車両、その活躍を終えました。

1276.【富士急・岳南】富士急行1000系&岳南電車9000形入場券セット

京王5000系(先代)の譲受車が活躍している富士急行、現在ではJR205系の譲受車である6000系が増備されており、置き換えが進められています。そんな中において、このようなアイテムが発売されました。
 
===========================
 名称   :富士急行1000系&岳南電車9000形入場券セット
 発行社局:富士急行・岳南電車
 発売日  :2019年2月2日(イベントでの先行発売)
 値段   :1,000円
 購入箇所:富士山駅(富士急)
 シリアルNo.:0274
 備考   :岳南電車でも発売
===========================
 

Img_2004

 

Img_2006_2

 

Img_2021
  
富士急1000系は、1994年に京王5000系(先代)を譲受し運行を開始した車両で、青の車体に白のストライプ・富士山のシルエットを描いた外装で富士急の主力車両として活躍しました。その後「マッターホルン」号や80周年を迎えた際に登場したリバイバルカラーや観光電車「富士登山電車」になった車両、そして京王5000系時代の外装を再現した編成も登場し、この路線においても親しまれました。
6000系導入により置き換えが進められていき、2018年には1206-1306号車が引退を迎えます。この編成は各種特別塗装になっていった車両が多い中、最後まで1000系オリジナルの外装を保っていた編成でしたが、引退を迎えました。その後この編成は更に改造され、富士急の系列会社であり静岡県内のやはり富士山の麓を行く岳南電車に譲渡され、この路線で9000形として2018年11月にデビューしました。
 
このアイテムは2019年2月に残っていた富士急1000系を河口湖駅留置線に揃えての撮影会が開催されたそうで、その会場でまず発売されたあと富士山駅において発売されたものです。富士急時代の1206編成と岳南移籍後9000形となった写真をあしらい、富士急及び岳南のそれぞれ3駅ずつ硬券入場券がセットされています。なお、このアイテムは岳南電車においても発売されました。
 
富士急から岳南電車に移籍した1000系、岳南電車においては近年富士山が望める風景と、沿線の工場地帯の風景が日本夜景遺産に認定されたこともあって、観光需要が発生しておりこれに対応するクロスシート車を望んでいたとともに、それまでの車両の老朽化による置き換えという目的がありました。岳南電車移籍に合わせて外装はインターナショナルオレンジに白帯という岳南電車の標準色をまとい、前面の塗分けはかつて岳南で活躍した元東急5000系(先代)の譲受車で岳南で「赤ガエル」と呼ばれ親しまれた車両の塗分けが再現されました。
 
富士急において、1000系は富士登山電車を含めましても残すところわずかとなりました。一方で富士山を越えた静岡県の岳南電車で新たな活躍の場を見つけた車両も出現しました。岳南電車においてはこの従来からの7000形・8000形も活躍していますが、これら車両は元京王井の頭線用3000系の譲受車であり、四国・愛媛県の伊予鉄道に続いて京王時代ではまずありえなかった3000系と5000系が共演するという路線になりました。
 
風前の灯になってきた富士急1000系、その中から新たな活躍の場として岳南電車に渡った1206‐1306、再び富士山の麓での活躍が始まっています。

2019.02.10

1275.【京王】京王ライナー運行開始1周年記念乗車券

2018年2月より運行を開始した「京王ライナー」、1周年を迎え記念乗車券が発売されました。
 
=======================
 名称   :京王ライナー運行開始1周年記念乗車券
 発行社局:京王電鉄
 発売日  :2019年2月10日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京王多摩センター駅
 シリアルNo.:1194
=======================
 
Img_1997_2

 

Img_1999_2
  
2018年2月のダイヤ改正より運行を開始した「京王ライナー」、京王電鉄において初めて登場した座席指定列車になります。夕方から夜間の新宿発京王八王子行き及び橋本行きの下りのみに設定され、その前年に登場した5000系を使用した列車になります。
京王ライナー運行開始1周年を記念して発売されたアイテムは、まず2月10日に京王多摩センター駅にて先行発売され、その翌日からは新宿などでも発売されました。内容は5000系試乗会及びデビューから京王ライナー運行開始の日のヘッドマーク付き列車、その後運転された列車の写真をあしらった台紙に、C型・D型の硬券乗車券がセットされています。
 
運行開始後の京王ライナーは、帰宅時間帯に着席できるという点でたいへん好評であるとともに、秋シーズンには高尾山口発で臨時の座席指定列車が設定されたり、2019年元旦の終夜運転ではこの車両を使用した「迎光」号が京王ライナーとして5000系を使用した座席指定列車として高尾山口まで運転されました。
 
運行開始から1年が過ぎた2019年2月のダイヤ改正からは、朝時間帯に上り新宿行きの京王ライナーが京王八王子・橋本から運転されるようになります。また、ハイキングシーズンには高尾山口方面へも運転されます。
 
京王に登場した座席指定列車、1年が過ぎて好評の上運転されています。

カテゴリー