« 1241.【小田急】ROMANCECAR GSE SPECIAL BOX | トップページ | 1243.【富士急】ありがとう189系 直通運転終了記念入場券セット »

2018.03.11

1242.【京急】さよなら2000形記念乗車券

三浦半島を目指して運転された京急のエース車両、引退を迎えることになりました。
 
==================
 名称   :さよなら2000形記念乗車券
 発行社局:京浜急行電鉄
 発売日  :2018年3月11日
 値段   :2,000円
 購入箇所:金沢文庫駅
 シリアルNo.:0697
==================
 
Img_1682
 
Img_1684
 
Img_1685
 
引退を迎えることになった京急のエース車両とは2000形になります。1982年に快速特急用車両として2ドアクロスシートという仕様で登場しました。スピード感を表現したくの字に傾斜した前面デザイン、外装も800形に続いて赤と白のツートンとなり以降クロスシート車の配色となりました。また、車内はオールクロスシートで固定座席ではありましたが集団見合い形の配置で、扉周辺には補助座席が設けられ乗務員室からの操作でロックすることが可能という、今日の京急の車両で広く使用されている機能を初めて搭載した車両でもありました。また間接照明や横引きカーテンを採用するなど高級感も加味したこの車両は、関東の私鉄において料金不要で乗車できるクロスシート車としても評判になり、デビュー翌年には鉄道友の会よりブルーリボン賞を受賞しました。
 
京急のエース車両として快速特急で品川から三浦半島を走行していた京急2000形でしたが、1998年に後継の2100形が登場すると3ドア・ロングシート(車端部はクロスシートのまま)に改造され外装も赤に白帯という一般車と同じ外装に変更されていき、2ドアの2000形は2000年ですべて3ドアに改造されました
 
3ドア化後は一部2100形等快特の増結用に使用されることはあったもののラッシュ時間帯限定でお目にかかる機会は減ってしまいましたが、2010年に実施されたダイヤ改正により新たに羽田空港から横浜方面へ運転されるエアポート急行の運用に就くことになり、お目にかかる機会が増えました。また、デビュー30周年を迎えた2013年には2011編成に登場時の赤と白のツートンが再現されました。
  
しかし寄る年波には勝てず、徐々に廃車が進んでついに最後まで残っていた2編成が2018年3月中に引退を迎えることになりました。
 
引退を迎えることになり発売された記念乗車券になります。金沢文庫駅で2018部限定の発売となり、この記念乗車券購入時に配布されるスクラッチくじをその場で引くと、抽選で2000形ラストランの特別貸切列車に招待される等の特典もあったことから、早朝から大変多くの方が買い求めに金沢文庫駅に訪れ7:00発売開始の時点で相当長い列になっており、早い時間で完売になりました。自分は横浜駅の下り初電で金沢文庫に向かい現地には5:30頃に到着しましたが、この時点ですでに長い行列になり、同じ列車で金沢文庫駅で相当数が同じ目的で下車したという状況でした。ということでそのような時間帯に出向いた時点で自分の購入できた乗車券のナンバーから数百人はいたことは確実で、購入後のスクラッチくじでは、オリジナルのクリアホルダーが当たりました。
記念乗車券は2000形活躍の日々をあしらったD型硬券乗車券が4枚セットされ、2000形の特徴であった横引きカーテンの一部も付属しているというものになります。
 
快速特急として三浦半島へ、近年では横浜方面から羽田空港へエアポート急行として運転され、京急のエース車両として多くの人々に活躍の日々の思い出を残して、まもなく引退を迎える京急2000形であります。

« 1241.【小田急】ROMANCECAR GSE SPECIAL BOX | トップページ | 1243.【富士急】ありがとう189系 直通運転終了記念入場券セット »

発行社局:京急」カテゴリの記事

西暦2018年(平成30年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1241.【小田急】ROMANCECAR GSE SPECIAL BOX | トップページ | 1243.【富士急】ありがとう189系 直通運転終了記念入場券セット »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter