« 1057.【京阪】京阪大津線 新塗装車両登場 記念1dayチケット | トップページ | 1059.【東武】東武東上線・営団有楽町線相互直通運転 和光市駅・志木駅間複々線完成 記念乗車券 »

2017.08.23

1058.【JR東日本】常磐線全通110周年記念入場券

本日8月23日は常磐線が全線開通した日になります。1898年に福島県の小高~久ノ浜の開通で日暮里から岩沼間の全線が開通しました。弊ブログにおきましては88周年を迎えた1986年に当時の国鉄水戸局で発売された記念乗車券を公開しておりますが、2008年に110周年を迎えた際に、記念入場券が発売されました。ここに公開いたします。
 
=====================
 名称   :常磐線全通110周年記念入場券
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2008年8月23日
 値段   :1,100円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0635
=====================
 
Img_0870
 
Img_0872
 
常磐線全通110周年を記念して発売された記念入場券、列車の始発駅である上野と常磐線の正式な起点である日暮里、常磐線の主要駅である土浦・水戸・日立・いわき・原ノ町、そして列車の終着駅である仙台駅の硬券入場券がこれら駅の過去の写真及び歴代の常磐線車両をあしらった台紙にセットされています。この時代の常磐線の特急は「スーパーひたち」651系と「フレッシュひたち」E653系で運転されていたという時代になります。
 
この記念入場券発売から9年が過ぎましたが、常磐線は現在でも2011年3月11日に発生した東日本大震災とその際に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で今も不通区間があります。震災発生後復旧は進んでいますが、まだまだ半ばといった状況です。来年2018年で全通120周年を迎えますが、全線復旧まではまだまだ時間を要するようです。

« 1057.【京阪】京阪大津線 新塗装車両登場 記念1dayチケット | トップページ | 1059.【東武】東武東上線・営団有楽町線相互直通運転 和光市駅・志木駅間複々線完成 記念乗車券 »

発行社局:JR東日本」カテゴリの記事

西暦2008年(平成20年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1057.【京阪】京阪大津線 新塗装車両登場 記念1dayチケット | トップページ | 1059.【東武】東武東上線・営団有楽町線相互直通運転 和光市駅・志木駅間複々線完成 記念乗車券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter