« 0749.【JR東日本】ありがとう烏山線キハ40形 記念入場券 | トップページ | 0751.【京成】さよなら3291~3294 パスネット »

2017.02.26

0750.【JR東日本】常磐線水戸駅~いわき駅 開業120周年 記念入場券

2017年2月25日で開業から120周年を迎えた区間、記念入場券が発売されました。
 
=============================
 名称   :常磐線水戸駅~いわき駅 開業120周年 記念入場券
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2017年2月25日
 値段   :2,100円
 購入箇所:水戸駅
 シリアルNo.:0758
=============================
 
Dscn4558
 
Dscn4560
 
Dscn4561
 
開業120周年を迎えたのはJR常磐線の水戸~いわき間になります。常磐線はまず1889年に当時の水戸鉄道として小山~水戸が開業、このうち友部(水戸鉄道開通当時は未開業)~水戸間が最初の開業区間となります。友部から土浦までが1895年に、そして東京の田端~土浦が1896年に開業しました。2016年12月に北千住~取手間の主要駅で120周年記念入場券が発売されましたが、続いて1896年2月25日に水戸~いわき間が開通しました。これを記念しまして水戸駅などで発売されました記念入場券になります。
 
水戸~いわき間の開通当時の駅の硬券入場券のセットになります。1896年の開通時には、今では車両基地などがある常磐線の要所となっている勝田駅はなく、また途中の主要駅の一つ日立駅は助川駅として、いわき駅は平駅と称していたなど今とは異なっている部分も多くあります。
 
この記念入場券には、同時に120年前の乗車券を模した記念券がついてきました。
 
Dscn4562
 
Dscn4563
 
この記念券は、120年前の乗車券を模したもので、乗車券としての効力はありません。この当時のきっぷの様子がわかります。
 
この記念入場券を買い求めに水戸まで行きましたが、水戸駅コンコースでは120周年を記念したイベントが開催されており、時期的に偕楽園の梅まつりが開催されている季節の土曜日とあって、水戸駅は大変賑わっておりました。この記念入場券は自分が訪れたときは旅行センターのカウンターで発売していることがわかりまして入手することができました。
 
常磐線がいわきまで開通して120周年が過ぎました。これから数年後路線はさらに北上して東北地方の岩沼まで全通し、東北本線のバイパスとして主要幹線級の路線となった常磐線、しかし2011年3月に発生した東日本大震災の影響、その時に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故により、今現在もいわきの先、竜田~小高間が不通となっています。運転再開まではあと数年先とのことです。
 
開通から120周年を迎えた常磐線の水戸~いわき間、特急ひたち号が走る海沿いの区間、これからもその役割は変わることはないでしょう。

« 0749.【JR東日本】ありがとう烏山線キハ40形 記念入場券 | トップページ | 0751.【京成】さよなら3291~3294 パスネット »

発行社局:JR東日本」カテゴリの記事

西暦2017年(平成29年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0749.【JR東日本】ありがとう烏山線キハ40形 記念入場券 | トップページ | 0751.【京成】さよなら3291~3294 パスネット »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter