« 0553.【JR東日本】磐越西線「郡山~会津若松間」開業100周年記念オレンジカードシリーズ | トップページ | 0555.【東京モノレール】旧塗装復活 思い出の1000形 ヒストリートレイン記念乗車券 »

2016.07.23

0554.【営団】さようなら3000系 記念乗車券・メトロカード

この車両が姿を消して早22年、その当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :さようなら3000系 記念乗車券
 発行社局:帝都高速度交通営団
 発売日  :1994年7月20日
 値段   :3,000円
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:2169
===================
 
Dscn3485
 
Dscn3486
 
Dscn3487
 
====================
 名称   :さようなら3000系 記念メトロカード
 発行社局:帝都高速度交通営団
 発売日  :1994年7月20日
 値段   :1,000円
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:00411
====================
 
Dscn3488
 
Dscn3495
 
Dscn3489
 
営団地下鉄3000系は日比谷線用車両として、1961年の第一期開業時から導入された車両になります。営団地下鉄初のステンレス無塗装車両であり、また初のパンタグラフ集電による車両でもありました。1962年に北千住まで開業すると東武伊勢崎線と相互直通運転が開始され、1964年に中目黒まで全線開業しますと東急東横線との相互直通運転を開始し、東武方面は東武動物公園まで、東急方面は菊名まで直通運転を行った車両になります。登場時は2両編成でしたが、路線延伸と輸送力増強で8両編成にまでなり総勢304両製造され、日比谷線で運転されてきました。
 
日比谷線で運転されてきた3000系でしたが、1988年から03系に置き換えられることになり、最終車両が1994年7月で引退を迎えることになったことから、このようなアイテムが発売されました。
 
記念乗車券は、日比谷線各駅からの硬券乗車券がセットされており、メトロカードには東武線越谷~北越谷間を走行しているシーンがあしらわれています。
 
3000系は引退後、一部車両が長野電鉄に譲渡されました。長野ではこの当時冬季オリンピックが開催されることになり近代化に貢献しました。日比谷線が路線を延伸していった当時は東京でオリンピックが開催されることになり、都市基盤が整備されていった時代であり日比谷線もその一環でありました。よってこの車両は日比谷線でも、譲渡された長野でもオリンピックを経験したという車両になりました。2016年現在においては、長野電鉄においてはまだ残っている車両があり、主に信州中野~湯田中の普通列車で運転されております。
 
日比谷線から3000系が姿を消してからすでに20年以上が過ぎました。2016年の現在、日比谷線ではまた世代交代が始まろうとしており、13000系という車両が導入されることになりその第1編成が入線したとのことです。日比谷線は3000系より18m級3ドア車両(03系の一部に5ドア車両もある)8両編成で運転されていますが、13000系は20m級4ドア車両7両編成に規格が変更になります。これにより3000系を置き換えた03系の置き換えが始まろうとしています。またすでに東急東横線への直通運転は2013年で中止となっており、一方でメトロカードにあしらわれている東武線越谷~北越谷間は現在では高架複々線となって風景が変わっています。
 
日比谷線で活躍した3000系、引退して22年が過ぎた2016年、また世代交代が始まろうとしています。

« 0553.【JR東日本】磐越西線「郡山~会津若松間」開業100周年記念オレンジカードシリーズ | トップページ | 0555.【東京モノレール】旧塗装復活 思い出の1000形 ヒストリートレイン記念乗車券 »

発行社局:営団・東京メトロ」カテゴリの記事

西暦1994年(平成6年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0553.【JR東日本】磐越西線「郡山~会津若松間」開業100周年記念オレンジカードシリーズ | トップページ | 0555.【東京モノレール】旧塗装復活 思い出の1000形 ヒストリートレイン記念乗車券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter