« 0484.【東葉高速】東葉高速線開業20周年 記念入場券セット | トップページ | 0486.【JR東日本】「SLばんえつ物語号」運転記念オレンジカード C57-180号機 蒸気機関車 復活までの歩み »

2016.04.29

0485.【国鉄】天皇陛下御在位六十年記念

本日4月29日は「昭和の日」という祝日になります。これは2007年に制定された祝日で、昭和の時代はこの日が当時の天皇陛下の御誕生日ということで、「天皇誕生日」という祝日でした。昭和64年(1989年)1月7日、昭和天皇崩御により同年より天皇誕生日は12月23日に移動し、4月29日は「みどりの日」という祝日になりましたが、2007年より「昭和の日」となり「みどりの日」は5月4日に移動となって現在に至っています。
 
さて昭和の時代は64年まで続いた大変長い時代になり、昭和天皇は長きにわたり御在位されておりました。昭和61年(1986年)に御在位六十年を迎え、同年の天皇誕生日に国家行事として記念式典が開催されましたが、合わせて当時の国鉄をはじめとした各鉄道会社・局においては記念きっぷが発売されました。
ここに当時の国鉄が発売した記念きっぷを公開いたします。
 
======================
 名称   :天皇陛下御在位六十年記念
 発行社局:日本国有鉄道 各局
 発売日  :1986年4月29日
 備考   :図柄は数種類・値段は各局で異なる
======================
 
当時の国鉄では天皇陛下御在位六十年を記念して、全国各局において記念きっぷが発売されました。栞型で図柄は数種類あり、いすれも天皇陛下をはじめとした皇族方がご乗車されるお召し列車牽引機関車をあしらった図柄になります。私が入手できたものは以下になります。
 
==========================
 名称   :天皇陛下御在位六十年記念
 発行社局:国鉄 東京南鉄道管理局
 発売日  :1986年4月29日
 値段   :400円
 購入箇所:通信販売(交通博物館)
 シリアルNo:0909
 備考   :図柄はEF58 61 この他にも数種類発売された
==========================
  
Dscn3042
 
私の手元にある天皇陛下御在位六十年記念きっぷは東京駅で発行されたもので、図柄はお召し列車牽引機関車といえばこの機関車、EF58 61をあしらった図柄のものを入手しました。その外観から人気があったEF58型電気機関車の中でも、お召し列車牽引専用機として最高峰の美しさを誇っていた61号機のお召し列車牽引時の晴れの姿があしらわれたもので、きっぷは東京から新横浜までの小児用の新幹線特定特急券(自由席特急券)になっています。
 
この記念きっぷは交通博物館の通信販売で購入しました。東京・神田にあった交通博物館では、国鉄時代にすべてではありませんが各地で発売された記念きっぷを発売しており、一部は通信販売も受け付けておりました。
天皇陛下御在位六十年記念は東京駅発行分を発売していたようでしたが、いずれも人気であったようですぐに完売したようです。
 
長きにわたり続いた昭和の時代、それは激動の時代でありました。昭和の時代もこの式典から2年3か月ほど経過した昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇崩御により、その長かった時代は終わりを告げ翌日より平成の時代になりました。
またこの記念きっぷにあしらわれたEF58 61は、昭和62年(1987年)4月の国鉄分割民営化・JR発足に際してJR東日本の所属となりその後もお召し列車に限らずイベント列車等でも運転され絶大な人気を保っていましたが、寄る年波には勝てず2008年で現役を引退し東京総合車両センター内の庫にて保管されているといいます。
 
この記念きっぷの発売から本年2016年で30年になります。昭和の時代も、EF58 61号機が活躍した時代も遠くなってきたと感じるところです。

« 0484.【東葉高速】東葉高速線開業20周年 記念入場券セット | トップページ | 0486.【JR東日本】「SLばんえつ物語号」運転記念オレンジカード C57-180号機 蒸気機関車 復活までの歩み »

発行社局:JNR国鉄」カテゴリの記事

西暦1986年(昭和61年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0484.【東葉高速】東葉高速線開業20周年 記念入場券セット | トップページ | 0486.【JR東日本】「SLばんえつ物語号」運転記念オレンジカード C57-180号機 蒸気機関車 復活までの歩み »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter