« 0295.【京急】県立大学駅改称記念パスネット・京急安浦駅・県立大学駅 入場券セット | トップページ | 0297.【東武】フライング東上号 復活記念乗車券 »

2016.02.01

0296.【京成】新3000形車両導入記念パスネット

今から13年前の2003年2月1日、京成電鉄では新型車両がデビューしました。
 
=====================
 名称   :新3000形車両導入記念パスネット
 発行社局:京成電鉄
 発売日  :2003年2月1日
 値段   :3,000円(1,000円券3枚セット)
 購入箇所:日暮里駅
 シリアルNo.:000375
=====================
 
Dscn1977
 
Dscn1978
 
Dscn1979
 
Dscn1980
 
京成電鉄で、2003年2月1日に運転を開始した車両は3000形になります。まずは8両編成1本が導入され運転を開始しました。私はこの日に記念パスネットを購入後、早速乗車しております。
 
京成において3000形と名乗る車両は2代目で、初代車両は1958年に登場し都営1号線乗り入れ用車両として設計されましたが、当初はいわゆる青電塗装で、1965年にこの系列の塗装である赤電塗装となって地下鉄に乗り入れました。その後は1977年ごろから更新が行われ1980年に外装をファイヤオレンジに変更して1991年に引退を迎えました。以来12年ぶりに登場した2代目の3000形となります。ということでこのアイテムも「新3000形導入記念」と表記されており、セットされたカードには先代の3000形もあしらわれています。
 
2003年に第1編成が登場した3000形、その後多くは6両編成で増備されましたが、現在でも増備が続いており今では京成通勤車の主力となりました。この間で2010年の成田スカイアクセス開業に伴い、同線で主に運転されるアクセス特急用として外装等一部仕様を変更した3050形という車両が登場し、また系列会社である新京成、北総においても同型車が登場しています。
 
今や京成電鉄だけでなく、系列会社でも同型車が運転されている主力車両になりました。

« 0295.【京急】県立大学駅改称記念パスネット・京急安浦駅・県立大学駅 入場券セット | トップページ | 0297.【東武】フライング東上号 復活記念乗車券 »

カード:パスネット」カテゴリの記事

発行社局:京成」カテゴリの記事

西暦2003年(平成15年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0295.【京急】県立大学駅改称記念パスネット・京急安浦駅・県立大学駅 入場券セット | トップページ | 0297.【東武】フライング東上号 復活記念乗車券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter