« 0234.【東京都交】大江戸線〈新宿~国立競技場間〉開業記念 Tカード | トップページ | 0236.【小田急】はるひ野駅 開業記念入場券 »

2015.12.12

0235.【東京都交】大江戸線全線開業記念Tカード

21世紀を目前に控えた2000年12月12日、長い年月をかけて建設が進められていた都営地下鉄大江戸線が全線開業、21世紀につながりました!
 
====================
 名称   :大江戸線全線開業記念Tカード
 発行社局:東京都交通局
 発売日  :2000年12月12日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:017589
====================
 
Dscn1648
 
Dscn1649
 
Dscn1650
 
1991年の第1期開業から約9年かけて延伸を繰り返した都営大江戸線、2000年12月12日に残っていた国立競技場~大門~清澄白河~飯田橋~新宿西口~都庁前の環状部が開業し、全長40.7キロ、都心部分を環状して都庁前で折り返す路線が誕生しました。まさに21世紀目前、「さあ、21世紀につながった」というキャッチコピーがこの路線の意義を示しています。また台紙やカードにもあしらわれておりますように、イメージキャラクターに「ドラえもん」を起用して、全線開通をアピールしていました。また、開業した2000年12月12日は和暦で平成12年12月12日ということで、計画路線番号とともに開業時に呼ばれていた12号線にちなんで12がそろう日付に開業しました。
 
それから本日2015年12月12日で15年が過ぎました。建設費を抑えるため小断面規格で建設された大江戸線ではありましたが、それでも工事費用が巨額になり利用予測からして収益がどうなのかという疑問が呈されましたが、開業後は沿線の再開発が進んだことから多くの利用があり、小断面規格であるため混雑が激しくなっているという実情があるようです。21世紀目前に全線開業した都営大江戸線、今では東京の地下鉄路線網に含まれ多くの利用がある路線に成長を遂げました。

« 0234.【東京都交】大江戸線〈新宿~国立競技場間〉開業記念 Tカード | トップページ | 0236.【小田急】はるひ野駅 開業記念入場券 »

カード:パスネット」カテゴリの記事

発行社局:東京都交通局」カテゴリの記事

西暦2000年(平成12年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0234.【東京都交】大江戸線〈新宿~国立競技場間〉開業記念 Tカード | トップページ | 0236.【小田急】はるひ野駅 開業記念入場券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter