« 0171.【西武】さよなら5000系レッドアロー記念レオカード | トップページ | 0173.【JR九州】新型特急白い「かもめ」デビュー記念入場券セット »

2015.10.18

0172.【JR九州】九州・485系の記憶 ありがとう。九州を駆け抜けた485系 記念オレンジカードセット

本日、JR九州において最後まで残っていた特急型車両である485系が、大分から門司港まで走った後、小倉総合車両センターまで、廃車回送を兼ねた団体臨時列車が運転されたとのことです。沿線では九州最後の485系ラストランで、多くの方が最後の姿を撮影・記録に訪れたようです。九州の485系は2011年3月の九州新幹線全線開業の合わせたダイヤ改正で定期運用からは離脱し、波動輸送あるいは団体輸送といった用途で残されたいたそうなのですが、本日の団体臨時列車をもって小倉車両センターに取り込まれ、今後除籍・廃車となるそうです。 
 
さて私の手元には、JR九州の485系定期運用終了に際して発売された記念オレンジカードセットがあります。JR九州の485系ラストランが行われました本日、公開いたします。
 
===================================
 名称   :九州・485系の記憶 ありがとう。九州を駆け抜けた485系
                                    記念オレンジカードセット
 発行社局:九州旅客鉄道
 発売日  :2011年1月--日
 値段   :10,000円(1,000円券10枚セット)
 購入箇所:通信販売
===================================
 
Dscn1175
 
Dscn1176
 
Dscn1177
 
九州地方を疾走した485系、九州においては1965年に名古屋~熊本を結んだ特急「つばめ」及び新大阪~博多を結んだ特急「はと」として、戦前から続いた名列車の愛称を引き継いで九州に登場しました。「かもめ」や「みどり」など、現在でも九州の特急としておなじみとなった列車にも運転されました。1975年の新幹線博多開業で運転系統が大幅な変更になりながらも九州内の特急として「有明」や「にちりん」などといった列車にも使用されるようになり、国鉄末期~JR発足直後までは九州内の主要幹線の特急として大活躍しました。
JR化後の九州は意欲的な新型特急車が続々と登場したことから485系は徐々に運行範囲を狭めた一方で、新型車に合わせてJR九州のコーポレートカラーである赤一色になった車両が登場、「RED EXPRESS」として親しまれました。さらに「ハウステンボス」や「きりしま」などJR化後に新たに設定された列車にはまた外装を改めた車両が登場しました。
 
このアイテムは当初博多駅で限定500部ほどの発売であったそうなのですが、即完売し再販の要望が高まったことから増刷されることになり、合わせて通信販売も受け付けました。よって、私も通信販売において購入しました。
 
JR九州の485系定期運用終了を記念して発売されたアイテム、内容は九州内で485系で運転された列車10種をあしらった10枚のオレンジカードと台紙には九州の485系の歴史や解説が記された大変豪華な内容になっています。
 
本日をもって九州地方から485系は姿を消しました。最盛期は九州をはじめ日本海縦貫線・北陸・東北地方で大活躍した国鉄の代表的な特急型電車であった485系、北陸からはすでに退役し九州でも最後の編成が姿を消して、残すは東北エリアにおいて新青森~函館を結ぶ特急「白鳥」としてリニューアルされた車両が未だ特急として運転されていますが、これは来年2016年3月の北海道新幹線開業までであり、また磐越西線の郡山~会津若松の快速「あいづ」として、また新潟地域で糸魚川~新潟の快速として運転されている状況になります。
 
広範囲で大活躍した485系、九州からも姿を消したということで、一つの時代が確実に終焉に向かっていることを改めて実感する出来事であるかと思います。

« 0171.【西武】さよなら5000系レッドアロー記念レオカード | トップページ | 0173.【JR九州】新型特急白い「かもめ」デビュー記念入場券セット »

カード:オレンジカード」カテゴリの記事

発行社局:JR九州」カテゴリの記事

西暦2011年(平成23年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0171.【西武】さよなら5000系レッドアロー記念レオカード | トップページ | 0173.【JR九州】新型特急白い「かもめ」デビュー記念入場券セット »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter