« 0134.【南海】ラピート ブルーリボン賞受賞記念乗車券 | トップページ | 0136.【江ノ電】305-355号車デビュー50周年記念入場券セット »

2015.09.25

0135.【江ノ電】さよなら304号車 引退記念乗車券

9月も下旬に入って夏の日が遠ざかっていくこの頃ですが、今から10年前の2005年のこの時期、海沿いを走ることで知られる江ノ電において運行を終了した車両がありました。
 
=====================
 名称   :さよなら304号車 引退記念乗車券
 発行社局:江ノ島電鉄
 発売日  :2005年9月‐‐日
 値段   :500円
 購入箇所:藤沢駅
 シリアルNo.:0160
=====================
 
Dscn1019
 
Dscn1020
 
Dscn1022
 
江ノ電300形は、単車であった車両を1958年に2両連接に改造して誕生した車両になります。種車により形態が数種類存在した、一時期の江ノ電の主力車両であり、また江ノ電の風景の中で多くの方にイメージされる江ノ電の車両であるかと思います。しかし老朽化が進み徐々に新型車に置き換えられていき、2005年9月で304号編成が引退することになりました。
 
304号編成は1958年に改造された車両で、その当時から張り上げ屋根の車体をしていました。その後時代に合わせて改造や更新が幾度となく行われ、最終的にはカルダン駆動・冷房化・制御機器更新により1000形以降の新型車と連結可能な仕様となりました。引退直前まで2002年の江ノ電開業100周年を記念して一時期の外装であった茶色とクリームのツートン色、通称「チョコ電」塗装で運転されていましたが、引退直前になって江ノ電の標準色である緑とクリームのツートンに戻されました。
 
このアイテムは304号編成引退を記念して発行されたもので、硬券乗車券2枚が304号車及び江ノ島の展望塔があしらわれた「飛び出す絵本」式になっている台紙にセットされ、台紙の裏は諸元が記載されています。
 
304号編成引退に合わせて極楽寺の車庫でイベントが開催され、この当時残っていた300形3編成を並べての撮影会が開催されました。その後ヘッドマークをつけてお別れ運転も行われました。10年前の夏が遠ざかっていく季節にこの車両は運転を終えました。304号車として改造されて47年、単車として製造されてから74年にもわたり江ノ電で運転されてきました。
 
現在304号車の前頭部が極楽寺の車庫内で保管されています。304号車引退記念のイベントにも参加しその後のお別れ運転でも沿線で撮影した車両、あの日からもう10年が過ぎてしまったのかと思うこのごろです。

« 0134.【南海】ラピート ブルーリボン賞受賞記念乗車券 | トップページ | 0136.【江ノ電】305-355号車デビュー50周年記念入場券セット »

発行社局:江ノ電」カテゴリの記事

西暦2005年(平成17年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0134.【南海】ラピート ブルーリボン賞受賞記念乗車券 | トップページ | 0136.【江ノ電】305-355号車デビュー50周年記念入場券セット »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter