« 0061.【銚子電鉄】銚子電気鉄道2000形運行開始記念入場券 | トップページ | 0063.【銚子電鉄】銚子電鉄デハ1002 ありがとう記念券 »

2015.08.01

0062.【銚子電鉄】2002号レトロカラー復刻記念乗車券・入場券

今年で運行開始から5周年を迎えた銚子電鉄2000形、2001-2501については、京王時代の緑色の車体で今も運行されていますが、2002-2502については現在こんな外装で運転されています。これを記念したアイテムになります。
 
================================
 名称   :2002号レトロカラー復刻記念乗車券
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2015年4月--日
 値段   :310円
 購入箇所:秩父鉄道わくわく鉄道フェスタ2015会場(広瀬河原車両基地)
 シリアルNo.:0166
================================
 
Dscn0567
 
================================
 名称   :運行開始・旧塗装復活記念入場券
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2015年4月--日
 値段   :150円
 購入箇所:秩父鉄道わくわく鉄道フェスタ2015会場(広瀬河原車両基地)
 シリアルNo.:0175
================================
 
Dscn0565_3
 
2002-2502については、入線時は白ベースでイオンの広告でラッピングされた車体でしたが、やがてラッピングが外されるに合わせて、白ベースに赤のラインが入った京王時代の一時期の外装が再現されましたが、(京王時代の2010系について、一時期5000系と同じアイボリーに臙脂帯という外装になっていた編成が存在していた時代がありました。)その後は銚子電鉄90周年記念としてまずは、銚子側2002の前頭部部分のみ赤と茶色の現在の銚子電鉄標準色にして運転されました。やがては全体をこの外装にする予定だったそうなのですが、その間でこの編成は笠上黒生駅に進入時にポイント部分で脱線事故を発生させてしまいました。銚子電鉄は資金的にも乏しい状況は変わりなく、事故後は修理費も負担できない状態になりましたが、沿線の高校生が主体となって募金活動が行われようやく運用に復帰することができました。その際に外装が変更になったことから発行された記念きっぷになります。
 
この外装は。銚子電鉄において昭和40年代から昭和63年ごろまで、昭和の後期の時代に当時の銚子電鉄の電車がまとっていた外装になります。ちょうど西武鉄道の赤電塗装と同じ配色になります。(旧西武色という記述があります。)

こうして事故から復活した2002-2502、この外装の姿を見に銚子電鉄をまた訪れようと思っております。

« 0061.【銚子電鉄】銚子電気鉄道2000形運行開始記念入場券 | トップページ | 0063.【銚子電鉄】銚子電鉄デハ1002 ありがとう記念券 »

発行社局:銚子電鉄」カテゴリの記事

西暦2015年(平成27年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0061.【銚子電鉄】銚子電気鉄道2000形運行開始記念入場券 | トップページ | 0063.【銚子電鉄】銚子電鉄デハ1002 ありがとう記念券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter