« 0060.【小田急】箱根湯本直通30周年記念乗車券 | トップページ | 0062.【銚子電鉄】2002号レトロカラー復刻記念乗車券・入場券 »

2015.08.01

0061.【銚子電鉄】銚子電気鉄道2000形運行開始記念入場券

先週、四国地方を旅しまして、愛媛県内においてはこの地にある私鉄、伊予鉄道にも乗車してきました。ここで活躍していた車両が、千葉県の銚子電鉄に譲渡され活躍しています。早いもので銚子電鉄で運行開始してから5年が過ぎてしまいました。今から5年前に運行開始を記念して発売されましたアイテムになります。
 
======================
 名称   :銚子電気鉄道2000形運行開始記念
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2010年7月24日
 値段   :1,500円
 購入箇所:犬吠駅
 シリアルNo.:0256
======================
 
Dscn0557
 
Dscn0559
 
Dscn0561
 
今から5年前に銚子電鉄で運行を開始した2000形、伊予鉄道で800形と呼ばれていた車両2両編成2本を改造して入線しました。この車両、経歴をたどりますと元は京王帝都電鉄で2010系と呼ばれていた車両で、京王では1984年までに引退後一部の車両が伊予鉄道に譲渡され800形として活躍してきましたが、ここでも新型車が導入されたことから置き換えられ、そのうちの4両が銚子電鉄に譲渡され再び走り始めました。
 
銚子電鉄では運行開始時は、1編成2001-2501については京王2010系時代にまとっていた緑色の外装となり、2002-2502については白ベースの塗装でイオンの広告でラッピングされた外観で運転されました。現在でも2001-2501については緑色塗装で運転されています。
 
記念入場券は緑色をベースとした銚子電鉄全駅の硬券入場券のセットになっています。
 
銚子電鉄は沿線の過疎化などにより利用が減ってきて、存亡に危機が幾度もなく訪れました。沿線の名産である醤油を使った「ぬれせんべい」を自社で製造販売を行い、鉄道の赤字を埋めるなどの経営努力も行われてきましたが、前社長の横領事件で多額の負債を背負うことになり、金融機関からの資金の借り入れもままならなくなってついには列車の運行に必要な車両に検査費用の負担も困難な事態となりましたが、自社のWebサイト内でこの危機をアピールすべく「電車の修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」とアピールした結果、多くの方が支援のためぬれせんべいを購入したり大勢の観光客が訪れるようになりました。一方で車両の老朽化が進み監督官庁から改善勧告が出されたことから、導入されたのがこの2000形車両になります。銚子電鉄で運行を開始してから5年になりますが、これら車両は現在、すでに車齢で50年を超えているという状況になります。
 
京王ではこの手の車両が姿を消して30年以上が過ぎ、同系車が多摩動物公園駅前の「京王れーるランド」で展示されています。そんな中今でも現役で活躍している銚子電鉄2000形、また近々訪れてみたいと思っています。

« 0060.【小田急】箱根湯本直通30周年記念乗車券 | トップページ | 0062.【銚子電鉄】2002号レトロカラー復刻記念乗車券・入場券 »

発行社局:銚子電鉄」カテゴリの記事

西暦2010年(平成22年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0060.【小田急】箱根湯本直通30周年記念乗車券 | トップページ | 0062.【銚子電鉄】2002号レトロカラー復刻記念乗車券・入場券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter