« 0031.【東京都交】さようなら浅草線5000形Tカード | トップページ | 0033.【京王】さようならグリーン車両記念乗車券 »

2015.07.09

0032.【西武】さよなら351系電車記念乗車券・レオカード

最近、西武池袋線では赤い電車が登場して人気になっています。その昔、西武の赤い電車といえば旧型車のことをいっていました。赤電と呼ばれた最後の車両の記念アイテムになります。

====================
 名称   :さよなら351系電車記念乗車券
 発行社局:西武鉄道
 発売日  :1990年6月‐‐日
 値段   :500円
 購入箇所:国分寺駅
 シリアルNo.:0374
====================
 
Dscn0142
 
Dscn0146
記念乗車券台紙の表紙と裏表紙
 
Dscn0143
 
Dscn0145
 
西武351系は1954年に501系としてデビューした車両になります。吊り掛け駆動車ではありましたが、前面はこの当時流行していた湘南型というスタイルをしています。西武鉄道ではこの車両で初めて取り入れられた湘南スタイルを、後年まで改良を加えながら使用を続けていました。登場時は4両編成で両端の制御電動車モハ501型が17m車、中間の付随車サハ1501型は20mというちぐはぐな編成であったとされています。やがて電動車も大型20m車が登場しますと17mの制御電動車は追われるようになり、車両形式もモハ501型からクモハ411型そしてクモハ351型と改番が行われました。
 
西武の赤電は1960年代まで導入されましたが、後年赤電色をまとって登場した701系や801系などは冷房化などが行われて黄色塗装の車体になりました。その後残った赤電車両は本線系統から追われ支線のローカル運転に使用されるようになりましたが、やがてこれら支線運用にも黄色塗装の車両が進出してきたことから、赤電車両は姿を消していきました。その赤電塗装で最後まで残ったのが、17mの小型車体であった351系でした。
 
351系が最後まで運転されていたのは多摩湖線の国分寺~萩山間で、この当時の運転ダイヤは萩山~西武遊園地間は本線系統からの直通もあり区間運転列車も小平発着で運転されていた一方、国分寺~萩山間は国分寺駅が17m車両3両分しかホームの有効長がなかったことから、クモハ351型と中間に戦前製の国電車両が元というサハ1311型を組み込んだ3両編成で運転を行っていました。20m級の車両を入れると2両までしか入れないことになってしまうため、小型で真っ先に本線系統から姿を消したはずの351系が、奇しくも最後まで残った赤電となりました。
 
西武351系は小学校の時の遠足で多摩湖へ行ったときに乗車した思い出があり、その後も数回乗車した記憶があります。 
この記念乗車券は、ちょうど用事がありその後寄った書店で見た鉄道雑誌に記事があり、ちょうどその日が発売日であったことから、用事を済ませてから国分寺に向かい記念乗車券を購入し、その後おわかれのヘッドマークをつけていた351系列車に乗車しました。
 
記念乗車券はこのように車両のイラストが入った硬券で発売されましたが、同時にプリペイドカードも発売されていました。これは後年、入手することができました。
 
====================
 名称   :さよなら351系電車記念レオカード
 発行社局:西武鉄道
 発売日  :1990年6月‐‐日
 値段   :1,000円
 シリアルNo.:04142
====================
 
Dscn0147
 
Dscn0148
 
西武鉄道でこの当時発行されていたカードはレオカードと称し、西武線各駅の券売機等で乗車券が購入できるプリペイドカードでした。
 
今から四半世紀前まで、最後は多摩湖線国分寺~萩山間で運転されていた西武351系、現在クモハ355が登場時の番号であるモハ505として外装もこの車両が登場した当時の黄色と茶色のツートンカラーになった姿で、西武秩父線の横瀬で保存されています。横瀬では、毎年10月ごろにイベントが開催されこの車両も公開されます。
 
今となっては思い出のかなたへ行ってしまった西武赤電になります。

« 0031.【東京都交】さようなら浅草線5000形Tカード | トップページ | 0033.【京王】さようならグリーン車両記念乗車券 »

発行社局:西武」カテゴリの記事

西暦1990年(平成2年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0031.【東京都交】さようなら浅草線5000形Tカード | トップページ | 0033.【京王】さようならグリーン車両記念乗車券 »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter