« 0029.【江ノ電】1980ブルーリボン賞受賞記念乗車券 | トップページ | 0031.【東京都交】さようなら浅草線5000形Tカード »

2015.07.08

0030.【小田急】さよなら3100形メモリアルロマンスカード

今から16年前の夏の始まりのときに、多くの人に見送られてその運行に終止符を打った名車がありました。
 
======================
 名称   :さよなら3100形メモリアルロマンスカード
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1999年7月16日
 値段   :1,000円
 購入箇所:新宿駅
 シリアルNo.:00680
======================
 
Dscn0074
 
Dscn0076

Dscn0077_2
 
Dscn4918
 
1999年7月、多くの人々に親しまれた名車が最終運行を行いました。小田急ロマンスカー3100形NSE車です。
この車両は1963年に登場し、ロマンスカー車両としては初めて展望席を設け11両連接の車両として、箱根湯本へむけて走るはこね号など、小田急の看板車両として君臨してきた車両になります。初代3000形SE車に続いて登場した車両であるため、NSE車という名称で親しまれていた車両になります。私も小田急ロマンスカーで絵本などで初めて見たのがこの車両で、やがて実車にも乗車する機会を得ることができ、大変多くの思い出がある車両になります。
 
このアイテムはロマンスカードと称して、小田急線各駅の券売機や特急券売機等で乗車券や特急券などを購入することができたプリペイドカードになります。
 
多くの人々に親しまれたロマンスカー3100形NSE車でしたが、末期になりますと後に登場した車両と比較してどうしても設備面で劣る部分があったのは否めないところではありましたが、最後までその輝きが褪せることはなかったのではないかと思います。この車両の最終運行は平日の金曜日で、下りが新宿発小田原行きの臨時さがみ号で、上りは箱根湯本発新宿行きの臨時あしがら号で運転されました。私は運よく、下りの臨時さがみ号に乗ることができましたので、長きにわたり親しまれた3100形NSE車の最後の乗車を体験してきました。新宿駅・小田原駅、更には沿線各所には大勢の人が訪れ、名車の最後の走りを思い思いに堪能していました。
 
また、最終運行日となった1999年3月16日には、新宿駅において記念入場券の発売もありました。
 
==================
 名称   :さよなら3100形記念入場券
 発行社局:小田急電鉄
 発売日  :1999年7月16日
 値段   :130円
 購入箇所:新宿駅
 シリアルNo.:3669
==================
 
Dscn4919
 
Dscn4921
  
引退後の3100形ですが、最終運行に使用された編成が喜多見車両基地の奥に6両編成に短縮された状態で保存されているようです。また小田急小田原線の開成駅前にも先頭車が保存展示されています。
 
もうこの車両の引退から16年という歳月が流れてしまいました。この車両の精神を受け継いだ後継車が走る小田急ロマンスカー、その名を築いた名車といえるかと思います。

« 0029.【江ノ電】1980ブルーリボン賞受賞記念乗車券 | トップページ | 0031.【東京都交】さようなら浅草線5000形Tカード »

発行社局:小田急」カテゴリの記事

西暦1999年(平成11年)発売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0029.【江ノ電】1980ブルーリボン賞受賞記念乗車券 | トップページ | 0031.【東京都交】さようなら浅草線5000形Tカード »

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter