カテゴリー「西暦2010年(平成22年)発売」の40件の記事

2017.08.09

1045.【秩父鉄道】「門鉄デフ」装備記念乗車券

本年で30周年を迎えた秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」、運転時にはその時々に応じたヘッドマークがつき訪れた人を楽しませます。またときおり、装備品を変更して運行されることもあります。2009年頃一時期のスタイルで運転されたことを記念したアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :「門鉄デフ」装備記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2010年5月8日
 値段   :650円
 購入個所:
 シリアルNo.:0824
===================
 
Img_0817
 
2009年11月より、一部運転日限定で除煙板(デフレクター)を、上半分を残して切り取り車体にアングル材で取り付けた形態として運転されました。この除煙板は、当時の国鉄門司鉄道管理局管内でかつて運転されていたSLに装備されており、この形態の除煙板を門司鉄道管理局式デフレクターと称し通称「門鉄デフ」または「門デフ」と呼ばれ、蒸気機関車のパーツを語るうえでの特徴的なものの一つになります。秩父鉄道のSL C58 363に「門鉄デフ」を装着して運転されたことを記念してこのようなアイテムが発売されました。
 
スタイルに変化をつけて運転されてきた秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」になります。

2017.07.04

1018.【山陽】山陽電車開業100周年記念 エスコートカード

1907年に兵庫電気軌道として設立された山陽電鉄、それから3年後にまず兵庫~須磨間が開業しました。それから100年が過ぎた2010年に発売されましたアイテムになります。
 
==========================
 名称   :山陽電車開業100周年記念 エスコートカード
 発行社局:山陽電気鉄道
 発売日  :2010年3月--日
 値段   :500円(マルチ券・額面価格小児用)
 購入個所:明石駅(券売機)
==========================
 
Img_0627
 
山陽電鉄開業100周年を記念して発売されたスルッとKANSAIカードになります。山陽電鉄に限らすスルッとKANSAIカードは小児用も存在し、社局によっては小児用は500円券が存在していました。山陽電鉄においても500円の小児用カードの発売がありましたので、券売機で発売されていた記念カードになりますが、小児用500円券で入手しています。
 
本年で開業から107年が過ぎた山陽電鉄になります。


2017.06.29

1007.【南海】高野線・鋼索線全線開通80周年記念入場券

大阪から高野山への参詣路線である南海高野線・高野山までの鋼索線(ケーブルカー)が全線開通したのは、1930年6月29日のことでした。それから80年が過ぎた2010年に発売されました記念アイテムになります。
 
=========================
 名称   :高野線・鋼索線全線開通80周年記念入場券
 発行社局:南海電気鉄道
 発売日  :2010年6月29日
 値段   :450円
 購入箇所:難波駅
 シリアルNo.:2308
=========================
 
Img_0565
 
Img_0568
 
Img_0569
 
高野山へ向かう南海高野線、今から87年前に高野山まで全線開業しました。高野線の前身である高野鉄道は、大阪のターミナルを汐見橋において、堺東、河内長野、橋本等を経由して極楽橋までを高野線として、極楽橋から高野山までは鋼索線(ケーブルカー)となっています。高野山まで全線開通までの過程で汐見橋~高野下間が南海鉄道に合併され、大阪のターミナルは汐見橋から難波に移り、戦後高野下~極楽橋~高野山を開業させた高野山電気鉄道が戦後の1922年に近畿日本鉄道の路線となっていた旧南海鉄道の路線を引き継ぎ、現在の南海電気鉄道になりました。
 
かつては高野線のターミナルであった汐見橋は、大阪市街地の中にありながら、時が止まったかのように取り残された寂れたターミナルとなり、汐見橋~岸里玉出間は汐見橋線と呼ばれるようになり、折り返し運転の列車が30分間隔で運転されているという大阪市街におけるローカル線の様相を呈しています。一方で沿線開発が進み、難波からの長編成の通勤型車が河内平野を過ぎて紀見峠を越えて橋本まで走るという時代になっています。しかし橋本を越え、高野下からは山岳路線となるこの路線の風景は今でも大きくは変わっていません。
 
全線開通80周年を記念して発売された記念入場券は、汐見橋・極楽橋・高野山の3駅の硬券入場券が高野線の歴史等を記載した台紙にセットされています。
 
高野山まで線路がつながって、本年で87年が過ぎた南海高野線と鋼索線になります。

2017.06.07

0985.【近鉄】22600系 ローレル賞受賞記念 スルッとKANSAIカード

鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞、関西では近鉄の主に特急車両が多く受賞しています。2010年ローレル賞を受賞した特急車の記念カードが手元にありますので公開いたします。
 
=============================
 名称   :22600系 ローレル賞受賞記念 スルッとKANSAIカード
 発行社局:近畿日本鉄道
 発売日  :2010年10月--日
 値段   :3,000円
 購入箇所:鉄道フェスティバル会場(日比谷公園)
=============================
 
Img_0541
 
2010年にローレル賞を受賞した車両はAceと呼ばれる22600系になります。汎用の特急車としてデビューした車両になります。10月に日比谷公園で開催される鉄道の日イベント会場で入手した記憶があります。
 
近鉄の広大な路線網で運転される特急列車、そのラインナップに欠かせない車両と言える22600系、この車両に輝いた勲章になります。


2017.06.05

0980.【名鉄】知多新線全線開通30周年記念乗車券

知多半島を横断する名鉄の路線、本日が開業した日になります。今から7年前の2010年に30周年を迎えました際に発売されたアイテムを公開いたします。
 
======================
 名称   :知多新線全線開通30周年記念乗車券
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2010年6月5日
 値段   :1,000円
 購入箇所:名鉄名古屋駅
 シリアルNo.:01642
======================
 
Img_0542
 
Img_0543
 
Img_0544
 
名鉄知多新線は、河和線の富貴から分岐して知多半島を横断し東海岸の内海を結ぶ路線で、1974年に第1期区間が開業後、徐々に路線を延伸して1980年に内海までの全線が開通しました。それから30周年を迎えた2010年に発売された記念乗車券になります。
この当時の名鉄の社内誌「めいれい」の表紙をあしらい、1980年の開業時の祝賀列車の晴れの姿が冊子状の乗車券にあしらわれています。この時代の代表的な車両であった7000系「パノラマカー」による祝賀列車があしらわれました。
 
知多新線開業30周年では、記念入場券の発売もありました。
 
========================
 名称   :知多新線全線開通30周年記念入場券セット
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2010年6月5日
 値段   :960円
 購入箇所:名鉄名古屋駅
 シリアルNo.:01662
========================
 
Img_0545
 
知多半島の先端部をあしらった台紙に、知多新線全駅の硬券入場券がセットされたものになります。
 
知多半島東海岸のリゾート地を結ぶ知多新線、本年で全線開業から37年が過ぎました。

2017.05.30

0977.【長野電鉄】長野電鉄創立90周年記念入場券集

本日は、長野電鉄が創立した日になります。1920年に創立しました。それから90周年を迎えた2010年に発売されましたアイテムになります。
 
======================
 名称   :長野電鉄創立90周年記念入場券集
 発行社局:長野電鉄
 発売日  :2010年5月30日
 値段   :2,400円
 購入個所:
 シリアルNo.:0951
======================
 
Img_0515
 
Img_0516
 
Img_0517
 
長野電鉄は、1910年に河東鉄道として設立され、1912年に河東線として屋代~須坂間を開業したのが始まりです。この区間はのちに屋代線となりこの記念きっぷ発売から2年後の2012年3月の運行をもって廃線となった区間になります。
 
以降も路線延伸とが行われて現在の長野~湯田中の路線となりました。
 
2010年に90周年を迎えて発売された、この当時の有人駅の硬券入場券をセットにしたものになりますが、歴代の車両が台紙にあしらわれ、開通当時のSLから初期の電車、初代特急車2000系、OSカーと呼ばれた0系と改良型の10形、東急5000系の譲受車である2500系といった過去の車両から、この時代に活躍していた「ゆけむり」1000系や営団日比谷線3000系の譲受車である3500系、東急8500系の譲受車である8500系とあしらわれています。
 
この記念きっぷ発売から7年が過ぎました。発祥の区間は廃線となって5年が過ぎましたが、今でも長野から湯田中の温泉地を結んで運転されている長野電鉄になります。

2017.05.05

0943.【流鉄】さよなら3000形『流星』記念入場券

更に引退が進められていった流鉄の元西武701系・旧101系の譲渡車両、続いてこの編成が引退を迎えました。
 
=====================
 名称   :さよなら3000形『流星』記念入場券
 発行社局:流鉄
 発売日  :2010年8月1日
 値段   :480円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0741
=====================
 
Img_0320
 
引退を迎えたのはオレンジ色の『流星』号になります。1999年に入線した3両編成の列車になります。この編成は種車が西武旧101系になりますので3000形になっています。2010年8月29日の運転をもって引退となり、その日はさよなら運転が行われ大勢に人が訪れました。
 
この時点で、次の世代となる西武新101系の譲受車である5000形の入線が始まっていました。この編成については、引退から数か月後に代替編成が導入され、その編成に『流星』の愛称は引き継がれました。

2017.05.04

0934.【秩父鉄道】1012号引退&7502号導入記念乗車券

最後の車両は2003年まで運転されていた国鉄・JR101系、多くの車両は1990年代頃までに引退しましたが、一部の車両は埼玉県の秩父鉄道に譲渡されました。
秩父鉄道では1000系として3両編成で運転され、外装は当初は黄色に茶色の帯、その後白をベースに青と赤のラインというものに変更され、その後先頭車のみ冷房化されこの時三峰口方先頭車がパンタ2台搭載となったことから前パンタというスタイルになりました。2007年になりますと、旧国鉄時代の外装を再現した編成が登場し注目を集めることになりましたが、寄る年波には勝てず東急から譲受した車両により置き換えられていきました。
2010年12月、7500系の第2編成導入に伴い1000系からまた1編成引退することになり、発売されました記念きっぷになります。

==========================
 名称   :7500系車両導入記念・1011号引退記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2010年3月25日
 値段   :750円
 購入個所:通信販売
 シリアルNo.:0887
==========================
 
Dscn3091
 
東急から8090系を譲受し2編成目となる7500系導入に伴い引退を迎えることになったのは1012編成になります。この編成は2007年に旧国鉄色の一つで、山手線や中央・総武緩行線・南武線・鶴見線で使用された「カナリアイエロー」が再現された編成になります。
 
徐々に数を減らしていった秩父鉄道1000系になります。

2017.04.02

0871.【松本電鉄】松本電気鉄道創立90周年記念きっぷ

信州の城下町松本で運営を行っている松本電鉄、2008年に創立80周年を迎えまして、当時このような記念きっぷが発売されました。
 
========================
 名称   :松本電気鉄道創立90周年記念きっぷ
 発行社局:松本電気鉄道
 発売日  :2010年3月22日
 値段   :890円
 購入個所:
 シリアルNo.:0906
========================
 
Img_0083
 
Img_0084
 
Img_0085
 
松本電鉄の創立80周年を記念して発売されました記念きっぷになります。1920年に筑摩鉄道として創立したが始まりになります。
 
この鉄道ではかつて、現在鉄道博物館で展示されている最古の国鉄電車とされ、この地で付随車として使用していたハニフ1が知られており、この記念きっぷ台紙にもあしらわれています。
 
本年で創立から87年を迎えました。

2017.03.24

0826.【いすみ鉄道】木原線開業80周年記念乗車券

本日か開業日のいすみ鉄道は、国鉄・JR木原線を引き継いで営業を開始した第三セクター会社になります。木原線は1930年に大原~大多喜間が第一期として開業しています。2010年、木原線を引き継いだいすみ鉄道では、木原線の開業80周年を記念したアイテムが発売されました。
 
====================
 名称   :木原線開業80周年記念乗車券
 発行社局:いすみ鉄道
 発売日  :2010年4月--日
 値段   :各520円
 購入箇所:大多喜駅
 シリアルNo.:
====================
 
Dscn4631
 
木原線の開業から80周年を迎えて発売されました記念乗車券になります。大原→大多喜間及び大多喜→大原間のそれぞれ片道乗車券になり、その図柄は国鉄時代の木原線の様子があしらわれています。ここではかつてはキハ35系が運転されていました。
 
木原線は内房線の木更津と外房線の大原を結ぶ房総半島横断鉄道として計画され、1930年に大原~大多喜が開業後、1933年に総元、1934年に上総中野まで開業しました。以降は地形の問題や社会情勢の影響などにより上総中野から延伸されることはなく、やがて国鉄末期になると利用率低下による廃止対象線区になってしまいましたが、地元地域が引き受けることになり1988年にいすみ鉄道として運転されています。
 
その歴史にも触れたアイテムになるのではないかと思います。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter