カテゴリー「西暦2002年(平成14年)発売」の17件の記事

2017.04.27

0915.【JR北海道】流山温泉駅開業記念 オレンジカード

この地は、北海道で初めて新幹線が踏み入れた所でありました。
 
======================
 名称   :流山温泉駅開業記念 オレンジカード
 発行社局:北海道旅客鉄道
 発売日  :2002年4月27日
 値段   :1,000円
 購入箇所:函館駅
======================
 
Img_0248
 
2002年4月27日、函館本線(砂原回り)の池田園~銚子口間に新駅として流山温泉駅が開設されました。これを記念して発売されましたオレンジカードになります。
 
流山温泉駅は無人駅でありましたが、開設に合わせて駅前にJR北海道系列による温泉をはじめとした各種施設がオープンし、駅前に東北新幹線で引退した200系車両を設置しました。北海道へ新幹線の建設を願っての意味がありました。駅開業を記念して発売されましたオレンジカードにそれらがあしらわれております。私も2002年夏にこの施設を訪れており、函館駅で発売していたこのオレンジカードを入手しました。
 
この駅開設から15年が過ぎました。流山温泉駅前の温泉施設等は残念ながら2015年で閉鎖されJR北海道グループは手を引いています。また新幹線車両も撤去・解体されてしまいました。現在は駅周辺は観光牧場が整備されたようです。
 
新幹線車両が北海道に初めてやってきた場所、2016年に念願の北海道新幹線が開業しましたが、一方でJR北海道の経営状況は厳しく、観光客を誘致するために開設されたこの駅は、今では1日数本の列車が停車するのみの静かな駅になっているようです。

2017.04.21

0909.【JR東日本】東京モノレール Suica導入記念 Suicaイオカード

2002年に東京モノレールでもサービスが開始されたICカード乗車システムSuica、JR東日本でも記念カードが発売されました。
 
===========================
 名称   :東京モノレール Suica導入記念 Suicaイオカード 
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2002年4月21日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:渋谷駅
===========================
 
Dscn4688
 
Dscn4689
 
JR東日本においても、東京モノレールでSuicaが導入されたことにより発売された記念カード、その図柄は東京モノレール1000形とこの日から運転を開始した山手線のE231系をあしらいました。初の車両をあしらったデザインのSuicaとなりました。
 
このカードは首都圏主要駅で発売されましたが、発売日当日は早朝から多くの人が買い求めに訪れておりました。
 
このカード発売から15年という年月が流れました。今では全国各地で相互利用可能となり、一方で山手線では次世代のE235系が登場しています。いつの間にかそれだけの年月が流れてしまいました。

0908.【東京モノレール】モノレールSuica誕生! Suica

2001年11月よりJR東日本の首都圏エリアでサービスが開始されたSuica、翌年には東京モノレールでもサービスが開始されました。
 
====================
 名称   :モノレールSuica誕生! Suica
 発行社局:東京モノレール
 発売日  :2002年4月21日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:
====================
 
Dscn4686
 
Dscn4687
 
JR東日本に続いてSuicaを導入することになった東京モノレール、この路線は羽田空港へ向かう路線であり、その多くは浜松町でJRから乗り換えての利用が多かったことから、Suica導入という決断をしました。なお、東京モノレールがJR東日本グループに加わるのはこれから数年後のことになります。
 
東京モノレールにおいてモノレールSuicaデビューに合わせて発売されました記念カード、JRに続いて導入されたことから自動改札機を通る2羽目のペンギンがあしらわれました。
 
記念Suicaは毎回人気になるのですが、この時も発売日の早朝から浜松町や羽田空港には記念Suicaを買い求める人が大勢訪れました。早いもので、あの日から15年という年月が流れました。

2017.04.15

0895.【京急】京急「新1000形」登場記念カード

京急の主力車両として現在も増備が続いている車両、今から15年前の2002年に登場しました。その際に発売されましたアイテムになります。
 
====================
 名称   :京急「新1000形」登場記念カード
 発行社局:京浜急行電鉄
 発売日  :2002年4月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:品川駅
 シリアルNo.:001000
====================
 
Img_0211
 
Img_0207
 
Img_0208
 
現在も増備が行われている京急新1000形、2002年4月から運転を開始しました。旧1000形700形の置き換えという目的があり、都営地下鉄や京成等の協定により京急の車番は最大で2000番代までしか使用できないことから、2代目の1000形として登場、この時点で旧1000形と共存しながら増備が行われていくことになります。
 
新1000形デビューを記念して発売されました、この時代関東私鉄・地下鉄共通乗車カード「パスネット」として発売されたアイテム、カードの図柄は新・旧1000形をあしらいました。
 
この車両もデビューから15年が過ぎましたが、現在も増備が行われています。当初は8両編成のみでしたが4両・6両編成も登場し、車体の構造も当初はアルミであったものが、ステンレス車体の車両も登場し、近年では前面貫通路を中央に配置した1800番代も登場しています。
 
京急の主力車両として、まだまだ増備が続く新1000形になります。

0894.【京阪】京阪電鉄10000系デビュー スルッとKANSAI K CARD

今から15年前の2002年、京阪に登場した車両になります。
 
=============================
 名称   :京阪電鉄10000系デビュー スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2002年4月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京橋駅
 シリアルNo.:0134
=============================
 
Img_0206
 
2002年に京阪に登場した車両は10000系になります。4両編成で登場したこの車両は、主に交野・宇治線といった支線系統用として導入され、外装は新塗装「ターコイズグリーン」になりました。
 
私はデビュー間もなく交野線で乗車しており、この時10000系を使用した臨時急行列車が私市発の本線直通急行として運転されました。
 
その後も支線系統用に増備が進められ1900系や2600系といった車両を置き換え、これら路線においてワンマン運転実施に向けた合理化という目的もありました。しかし「ターコイズグリーン」での活躍は6年ほどで、その後は中之島線開業に合わせて実施された塗装変更により、他の通勤車と同様の外装になりました。
 
そして現在も交野線・宇治線の支線で活躍している10000系になります。

2017.04.02

0868.【万葉線】万葉線開業記念乗車券

富山県の高岡駅前から射水市の越の潟を結ぶ万葉線、現在の運営会社に移管してから本年で15年が過ぎました。2002年の移管当時に発売されました記念乗車券になります。
 
=================
 名称   :万葉線開業記念乗車券
 発行社局:万葉線
 発売日  :2002年4月1日
 値段   :2,100円
 購入箇所:
 シリアルNo.:000832
=================
 
Img_0086
 
Img_0087
 
Img_0088
 
高岡市と射水市を結ぶ万葉線、加越能鉄道により運営されてきましたが、利用客の低迷などで採算が悪化、当時の加越能鉄道は路線廃止を打診したのですが、地元地域の存続に向けた取り組みにより、第三セクター会社「万葉線」に移管されることになり、2002年4月から現在の万葉線で運営されています。
 
この記念乗車券は後年に入手しました。何かしらのイベントにおいて出店していた、ひたちなか海浜鉄道のブースで入手した記憶があります。ひたちなか海浜鉄道の社長氏は以前、万葉線存続に向けた取り組みに関わっていたようで、そのつながりで在庫が残っていた開業記念乗車券を販売したのではと思っています。
 
万葉線に移管後、高岡市内に新停留所を開業させたり新型車両を導入し、活性化を図っています。復権した万葉線、経営移管から15年が過ぎました。

2017.03.26

0832.【東武】つきのわ駅開業記念・武蔵嵐山駅橋上化・複線化(森林公園~武蔵嵐山間)完成記念

今から15年前の2002年3月26日、東武東上線において新駅開業と複線区間の延伸が行われました。
 
==================================
 名称   :つきのわ駅開業記念
          武蔵嵐山駅橋上化・複線化(森林公園~武蔵嵐山間)完成記念
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2002年3月26日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚セット)
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:05807
==================================
 
Dscn4615
 
Dscn4616
 
Dscn4617
 
この日東武東上線では、森林公園~武蔵嵐山間に新駅「つきのわ」駅が開業し、合わせて森林公園~武蔵嵐山間が複線となり武蔵嵐山駅の橋上駅舎が完成したことを記念して発売されましたパスネットになります。通常ですと東武発行のものについては「SFとーぶカード」という品名があるのですが、この記念カードにはそのような記載がないという点気になる部分であります。
 
沿線の開発が進み設けられた新駅「つきのわ」と武蔵嵐山までの複線区間延伸、この日東武東上線はあわせてダイヤ改正が行われました。ダイヤ改正の記念カードの発売もありました。
 
=================
 名称   :ダイヤ改正2002.3.26
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2002年3月26日
 値段   :3,000円
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:08927
=================
 
Dscn4618
 
この時実施されたダイヤ改正では、複線区間が延伸したことから森林公園止まりの列車の一部が武蔵嵐山まで延長したことで、武蔵嵐山行きの列車が登場しました。記念カードにも急行武蔵嵐山行きの10000系があしらわれています。
 
このダイヤ改正から15年が過ぎました。東武東上線の複線区間はこののち武蔵嵐山~小川町間に設置された信号所まで延伸して複線化事業は完了し、利便性が向上しました。その後も地下鉄副都心線乗り入れやTJライナーの登場で変化している東武東上線になります。

2017.03.23

0822.【会津鉄道】AIZUマウントエクスプレス運行記念乗車券

首都圏と会津地方を結ぶ会津鉄道において、顔となる列車が2002年に登場、本年で15年が過ぎました。運転開始時に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=========================
 名称   :AIZUマウントエクスプレス運行記念乗車券
 発行社局:会津鉄道
 発売日  :2002年3月23日
 値段   :1,500円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0405
=========================
 
Dscn3910
 
Dscn3912
 
Dscn3911
 
福島県のJR只見線西若松から会津高原を結ぶ会津鉄道、西若松からはJR只見線に乗り入れ会津若松まで運転されているとともに、会津田島~会津高原間は電化されており、会津田島から会津高原から野岩鉄道を経由して、東武鉄道の浅草へ直通列車を運転しております。
2002年、会津高原・会津田島~会津若松を結ぶ快速列車「AIZUマウントエクスプレス」を運転することになり、このような記念乗車券が発売されました。
 
快速「AIZUマウントエクスプレス」運転に際しまして、会津鉄道ではキハ8500形気動車を導入しました。2001年9月まで新名古屋から高山を結んでいた特急「北アルプス」号で使用されていた名鉄の特急車キハ8500系を譲り受け、運転を開始しました。名鉄時代からの変化は、主に運転関係の保安装置が会津鉄道に適したものに変更されたぐらいで、特に外観や内装は名鉄時代のままで運転を開始しました。
 
名鉄の特急車が首都圏からも近いところで再デビューを果たすということで、運転開始日に早速会津鉄道に向かいまして乗車してきた思い出があります。
 
名鉄で特急「北アルプス」としての活躍期間はほぼ10年ほどであったキハ8500形、会津の地が新たな活躍の舞台になりました。

2017.02.24

0748.【相鉄】10000系デビュー記念 パスネット

2002年2月24日にデビューした相鉄10000系、この時代は関東私鉄・地下鉄共通乗車カードであったパスネット全盛の時代でした。相鉄10000系デビュー記念においては、記念入場券の他、記念パスネットの発売もありました。 
 
========================
 名称   :10000系デビュー記念 パスネット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2002年2月17日(イベントでの先行発売)
 値段   :10,000円(5,000円券2枚組)
 購入箇所:相模大塚駅イベント会場
 シリアルNo.:0141
========================
  
Dscn4513_2
 
Dscn4515_2
 
Dscn4516_2
 
========================
 名称   :10000系デビュー記念 パスネット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2002年2月17日(イベントでの先行発売)
 値段   :各1,000円
 購入箇所:相模大塚駅イベント会場
 シリアルNo.:
========================
 
Dscn4517_2
 
相鉄では、パスネット導入時には「SFぽけっとカード」という名称で発売していましたが、10000系がデビューした2002年になりますと、この名称は使用しなくなったようです。
 
相鉄10000系デビュー記念パスネットは、5,000円券2枚セットと1,000円券が2種類発売されました。5,000円券2枚セットは横浜など当時の主要駅にあったサービスカウンターで発売され、1,000円券については台紙はなく駅窓口やカード発売機で発売されたようです。
 
これらアイテムについても、先の記事で公開しました記念入場券とともに、営業運転開始前に相模大塚駅留置線で開催された展示会イベント会場で購入しました。
 
 
10000系だけに、10,000円の5,000円券2枚セットの記念カードがあり、他にも1,000円券が2種類、記念入場券の発売もあって結構な金額になった相鉄10000系デビュー記念アイテム、しかしこのイベントの帰りに駅にあった掲示によりますと、営業運転開始日にさらなる記念パスネットが出ることが判明しました。そこで、営業運転開始日となった2002年2月24日の朝、横浜に向かいましてこの日出たパスネットを入手してきました。
 
========================
 名称   :10000系新型車両運転開始記念 パスネット
 発行社局:相模鉄道
 発行日  :2002年2月24日
 値段   :非売品(1,000円券)
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:00406
========================
 
Dscn4518_2
 
Dscn4519_2
 
営業運転開始の日に出たパスネットになりますが、このカードは通常販売されたものではありません。その入手方法ですが、この日に有効期間が含まれている相鉄線の定期券または相鉄で発行されたパスネット(未使用・使用済みともに可)10,000円分を、横浜など主要駅にあったサービスカウンターに持参すると、先着合計10,000名様だったかと思うのですがお一人様1まいづつプレゼントされたというものになります。このカードを入手するため、事前に相鉄発行の使用済みパスネット10,000円分を調達して、営業運転開始の日の朝に横浜に向かい入手したものになります。この日は使用済みパスネット10,000円分を持参すると1,000円のパスネットがプレゼントされるとあって、大勢の人が集まり列ができていました。そして、このカードを入手後、営業運転を開始した10000系に早速乗車しました。
 
わずか8年ほどであったパスネットの歴史において、新型車両デビューを記念して利用客にパスネットカードをプレゼントしたというのは、特筆すべきエピソードと言えるかと思います。
 
この車両も本日で運転開始から15年が過ぎました。あの日のエピソードからもそれだけ過ぎてしまいました。そして10000系もまず車体につけられたのロゴデザインが変わり、その後外装も緑から青に変わり、今後は「YOKOHAMA NAVYBLUE」の外装になるのでしょうか?いつの間にかそれだけ運転されてきた相鉄10000系になります。

0747.【相鉄】新型車両10000系デビュー 記念入場券

現在の相鉄における主力車両の一つになる車両、本日でデビューから15年が過ぎました。デビュー当時に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
========================
 名称   :新型車両10000系デビュー 記念入場券
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2002年2月17日(イベントでの先行発売)
 値段   :490円
 購入箇所:相模大塚駅イベント会場
 シリアルNo.:0131
========================
 
Dscn4509
 
Dscn4510
 
Dscn4511
 
2002年に相鉄でデビューした車両は10000系になります。この車両の特徴は、当時JR東日本で増備がなされていたE231系をベースとした車両で、標準設計という思想を取り入れた車両になります。よって従来の相鉄車両から大きく変化した車両となり、相鉄で初めて導入されたステンレス車になります。
 
デビューを前に、相模大塚駅留置線において10000系車両の展示会イベントが開催され、その会場で先行発売された記念入場券になります。そのイベント会場で入手しましたが、図柄はデビューを控えた10000系車両のスペック等をあしらったD型硬券入場券5枚のセットになります。
 
相模大塚駅イベント会場においては、各駅で常備されていると思われる通常使用の硬券入場券に台紙を付けて発売も行っておりました。
 
Dscn4512
イベント会場で発売された台紙付硬券入場券
 
この入場券は1枚につき4種類あった台紙から1枚選べるというもので、また入場券の駅も相鉄線各駅から選べるようになっており、自分は横浜、相模大塚、希望ヶ丘、ゆめが丘の各駅の入場券を購入しました。
 
相鉄10000系、デビューから15年が過ぎましたが、この間でまず相鉄のロゴが変更になり、その後外観のラインも緑から青と黄色に変更されています。さらに今後は「YOKOHAMA NAVYBLUE」の外装に変更されるという事態が発生するものと思われます。
 
10両編成、そして8両編成も登場して今日の相鉄線で活躍している10000系になります。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter