2017.05.25

0972.【東急】あざみ野駅開業40周年記念入場券

東急田園都市線のあざみ野駅は、本日で開業40周年を迎えました。
 
=====================
 名称   :あざみ野駅開業40周年記念入場券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2017年5月21日
 値段   :600円
 購入箇所:あざみ野駅
 シリアルNo.:0451
=====================
 
Img_0475
 
Img_0476
 
1977年5月25日に、たまプラーザ~江田間に新設されたあざみ野駅、駅周辺の開発の進捗により開業した駅になります。1993年3月に横浜市営地下鉄がこの駅まで延伸して乗換駅となると、急速に発展が進み2003年からは急行停車駅となって大きく発展しました。
 
記念入場券は1977年開業時と現在の様子をあしらったD型硬券入場券が6枚セットされています。40年の間で発展した様子がわかる内容になります。この時の田園都市線では8500系が導入され始めたころで、これ以降輸送力増強により増備が進められ、現在でもまだ多くの車両が田園都市線で活躍しています。来年2018年には新型車両として2020系が登場するとされておりますので、田園都市線のラインナップに大きな変化が間もなく訪れようとしています。

0971.【東急】あざみ野駅開業20周年記念入場券

本日は、東急田園都市線のあざみ野駅が開業した日になります。1977年5月25日に開業しました。それから20年が過ぎた1997年に発売されましたアイテムになります。
 
=====================
 名称   :あざみ野駅開業20周年記念入場券
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :1997年5月25日
 値段   :110円
 購入箇所:あざみ野駅
 シリアルNo.:0389
=====================
 
Img_0494
 
今から20年前の1997年に発売されました記念入場券になります。
1977年の開業時に発売された記念乗車券は、東急には草木花の名が含まれた駅名が多いことから、それら草木花のイラストを描いた硬券乗車券が発売されたそうで話題となったそうです。
それから20年が過ぎた1997年に発売されました記念入場券は駅名にちなんだ「アザミ」があしらわれたD型硬券入場券が台紙にセットされているものになります。この時代東急の一部駅では来駅記念入場券として、駅周辺の風景などをあしらったD型硬券入場券が発売されていましたので、その一種と言えるのかもしれません。

0970.【JR北海道】旭山動物園号 記念入場券・オレンジカード

JR北海道では、今夏の臨時列車で「ライラック旭山動物園」号を札幌~旭川で運転するそうです。789系電車によりグリーン車をフリースペース扱いとして、車内を動物シートとして記念撮影コーナーとする志向を凝らした列車となるようです。これにより、この列車が引退を迎えるようです。2007年の運転開始時に発売されていたアイテムになります。
 
==================
 名称   :旭山動物園号 記念入場券
 発行社局:北海道旅客鉄道
 発売日  :2007年4月28日
 値段   :160円
 購入箇所:旭川駅
 シリアルNo.:0968
==================
  
Img_0489
 
======================
 名称   :特急「旭山動物園号」 オレンジカード
 発行社局:北海道旅客鉄道
 発売日  :2007年--月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:旭川駅
======================
 
Img_0493
 
旭山動物園は、旭川市にある日本最北にある動物園として、今では多くの観光客が訪れるところになります。2007年にJR北海道では183系気動車を改装して旭山動物園号として札幌~旭川で運転を開始、これを記念して発売された入場券とオレンジカードになります。
 
全区間架線下を走行する列車ではありますが、JR北海道全線に入線することを想定したのか、気動車となりました。外観は旭山動物園の動物をモチーフとし、車内も動物をあしらった座席を記念撮影コーナーとしていたのが特徴でありました。
 
ここに示しましたアイテムは運転開始当時の姿になります。2013年に内外装ともリニューアルが行われたとのことです。これらアイテムは2007年7月に北海道を訪れた際に旭川駅で発売していたものを購入しました。
 
親しまれた旭山動物園号でしたが、キハ183系の老朽化により置き換えとなったようです。この夏臨での運転は行われないようで、姿を消す日も近づいてきたのかもしれません。

2017.05.22

0969.【東武】東京スカイツリータウン(R) 開業5周年記念乗車券

2012年5月22日、東武鉄道が墨田区の地に社運をかけて建設を進めた「東京スカイツリータウン」が開業しました。それから5年を迎えた本日、記念乗車券が発売されました。
 
===========================
 名称   :東京スカイツリータウン(R) 開業5周年記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2017年5月22日
 値段   :1,000円
 購入箇所:朝霞台駅
 シリアルNo.:4516
===========================
 
Img_0485
 
Img_0486
 
Img_0487
 
地表面からの高さが634mを誇る電波塔「東京スカイツリー」を中心に開発が進められた東京スカイツリータウン、開業5周年を記念して発売された記念きっぷになります。
表紙は5周年を記念してヘッドマークを着けた50050系をあしらい、内部は東武において5にまつわる車両の写真があしらわれています。最新型特急車500系「リバティ」から50050系、過去の車両で5000系や5700系、ED5060が掲載されています。また乗車券についても、最寄駅となるとうきょうスカイツリーの他、スカイツリーライン東向島、伊勢崎線加須、日光線新古河、アーバンパークライン(野田線)七里、東上線中板橋からの乗車券が綴られています。とうきょうスカイツリー以外の駅は、駅ナンバリングで5番目の駅が選ばれています。
 
早いもので、オープンから5年が過ぎた東京スカイツリーになります。

0968.【東武】東京スカイツリータウン(R) グランドオープン記念乗車券セット

東武鉄道が社運をかけて開発した東京の観光名所、オープンの日を迎えました。
 
================================
 名称   :東京スカイツリータウン(R) グランドオープン記念乗車券セット
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2012年5月22日
 値段   :500円
 購入箇所:北千住駅
 シリアルNo.:(2)5571
================================
 
Img_0484
 
東武鉄道が、業平橋の地に開発を行った観光名所、地表面からの高さ634mを誇る電波塔「東京スカイツリー」を中心に水族館やアミューズメント・ショッピングモール等を揃えた新たな街「東京スカイツリータウン」が2012年5月22日にグランドオープンしたことを記念して発売されましたアイテムになります。
 
今では東京の観光名所となり多くの人が訪れる「東京スカイツリータウン」、あの日から5年が過ぎました。

0967.【東武】とうきょうスカイツリー駅 リニューアルオープン記念乗車券

2012年3月に業平橋駅から改称したとうきょうスカイツリー駅、観光名所の下車駅としての体制が整いました。
 
===============================
 名称   :とうきょうスカイツリー駅 リニューアルオープン記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2012年4月20日
 値段   :300円
 購入箇所:
 シリアルNo.:7174
===============================
 
Img_0483
 
駅名改称時はまだ駅改良工事の仕上げ段階であったとうきょうスカイツリー駅、その工事が完成したことから発売されました記念乗車券になります。スカイツリーのライティグをイメージした外装に変更になったスペーシアをあしらったD型硬券乗車券のセットになっています。
 
駅改良も行われ、その体制が整いました。

2017.05.21

0966.【富士急】6000系営業運転開始5周年記念入場券セット

富士急ではさらに、このような記念入場券も発売されておりましたので入手しました。
 
=========================
 名称   :6000系営業運転開始5周年記念入場券セット
 発行社局:富士急行
 発売日  :2017年2月23日
 値段   :850円
 購入箇所:富士山駅
 シリアルNo.:0147
=========================
 
Img_0466
 
Img_0467
 
富士急6000系は、2012年の富士急の日(2月29日)より運転を開始した通勤車で、JR東日本の205系を譲受し、内装を九州新幹線や富士登山電車などのデザインでおなじみの水戸岡栄治氏により床や吊り輪などに木材を使用したという特徴があります。現在3両編成4本が主に普通列車で運転されています。また1編成スイス・マッターホルンゴッダルト鉄道カラーにラッピングされた車両も存在しています。
 
早いもので運転開始から5年が過ぎた富士急6000系になります。

0965.【富士急】フジサン特急運行開始15周年記念硬券セット

富士急において、このようなアイテムが発売されていることを知りまして、買い求めてきました。
 
=========================
 名称   :フジサン特急運行開始15周年記念硬券セット
 発行社局:富士急行
 発売日  :2017年2月23日
 値段   :850円
 購入箇所:富士山駅
 シリアルNo.:0185
=========================
 
Img_0464
 
Img_0465
 
富士急行で運転されている特急列車「フジサン特急」が2002年2月に運転を開始してから、本年で15周年を迎えたことから発売されていた記念入場券になります。
 
フジサン特急は2002年にJR東日本から譲受した165系「パノラマエクスプレスアルプス」を改装して2000系として、外観を富士山のキャラクターをあしらったデザインで運転されてきました。
2000系は老朽化が進んだことから2016年で引退し、現在では小田急20000形の譲受車である8000系によって運転されています。
 
富士急のフラッグシップになっている特急列車の運転開始から15周年という佳節を迎えました。


2017.05.20

0964.【名鉄】舞木検査場20周年記念乗車券

名鉄において、車両を検査する工場が現在の場所に開設されて20年が過ぎました。
 
====================
 名称   :舞木検査場20周年記念乗車券
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2017年5月20日
 値段   :1,560円
 購入箇所:金山駅
 シリアルNo.:00816
====================
 
Img_0468
 
Img_0482
 
Img_0469
 
舞木検査場は、それまで鳴海にあった工場が手狭になったことや同駅周辺の高架化にあわせて、1997年に名古屋本線藤川~名電山中間に設けられた車両を検査する工場になります。開設から20周年を迎えて発売されました記念乗車券になります。
 
駅間にありますので、車窓からは短時間しか見ることはできません。私はこの工場に2度入ったことがあり、1度目は2010年に舞木検査場見学会ツアーで、2回目は2015年に1200系リニューアル車デビューに際しての撮影会がこの場所で開催され、いずれも事前申し込みで当選して当日はこの検査場行きの団体専用列車で訪れました。
 
また、この検査場の敷地にはかつて名鉄で活躍した車両が保存されており、戦前にデビューした流線形スタイルのモ3401、初の冷房車として登場した5500系、展望席を2階として豪華な車内で一世を風靡した8800系「パノラマDX」、そして名鉄で長きにわたり親しまれた7000系「パノラマカー」モ7001-モ7002が保存されています。5500系と8800系「パノラマDX」は前頭部しかありませんが、この地で保存されており通常は非公開になっています。
 
さて、今回もこの記念乗車券のために夜行高速バスで名古屋に向かい入手してきました。合わせて、今回もミューチケットカードも発売されました。
 
=================
 名称   :ミューチケットカード 39 
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2017年5月20日
 値段   :720円
 購入箇所:金山駅
 シリアルNo.:00191
=================
 
Img_0473
 
特急系列車の特別車両券・ミューチケットに引換ができるもので、開設時と現在の舞木検査場の全景があしらわれました。
また本日は、舞木検査場で事前申し込みによる親子連れを対象とした一般公開イベント「名鉄でんしゃまつり」が開催されました。このイベント開催を記念したミューチケットカードの発売もありました。
 
=================
 名称   :ミューチケットカード 40 
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2017年5月20日
 値段   :360円
 購入箇所:金山駅
 シリアルNo.:00189
=================
 
Img_0474
 
こちらは舞木検査場で保存されているモ3401をあしらったカードになります。
 
本年で開設20周年を迎えた舞木検査場、名鉄の車両の運行を支える重要な設備になります。

0963.【秩父鉄道】デキ107号 引退記念乗車券

2015年の秩父鉄道わくわく鉄道フェスタにおいては、引退を迎えることになった電気機関車が展示され、このような記念乗車券が発売されました。
 
===========================
 名称   :デキ107号 引退記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2015年5月16日
 値段   :670円
 購入個所:わくわく鉄道フェスタ会場(広瀬川原車両基地)
 シリアルNo.:0229
===========================
 
Img_0461
 
この時引退を迎えた電気機関車は、デキ104とデキ107になります。デキ107引退記念として会場内で発売されました記念乗車券になります。
秩父鉄道の石灰石輸送貨物の牽引で活躍したデキ107号は、元は1951年に製造され岩手県に存在していた松尾工業鉄道で、主に硫黄鉱石を積載した貨物列車の牽引で使用されてきましたが、1972年に同路線廃止に伴い秩父鉄道にやってきたという経歴があります。この時隠退を迎えることからこのような記念乗車券が発売され、会場内で展示されました。
 
この時の会場内ではこのような記念乗車券の発売もありました。
 
Img_0462
 
広瀬川原駅からの下り方向への準片乗車券と、貨物駅の記念証4枚「三ヶ尻」「熊谷貨物ターミナル」「広瀬川原」「武州原谷」がセットになったものです。
 
更にはこのような記念乗車券の発売もありました。
 
===========================
 名称   :わくわく鉄道フェスタ SLヘッドマーク記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2015年5月16日
 値段   :850円
 購入個所:わくわく鉄道フェスタ会場(広瀬川原車両基地)
 シリアルNo.:0175
===========================
 
Img_0463
 
過去に何度か展示したSL、イベント開催時に掲げられたヘッドマークをあしらった記念乗車券になります。
 
開催の度に、会場内で各種記念きっぷ類が発売される秩父鉄道のわくわく鉄道フェスタ、本年は参加できませんでしたが、今後も継続したイベントになることでしょう。

«0962.【秩父鉄道】わくわく鉄道フェスタ開催記念(2013)

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter