2016.09.27

0607.【東京モノレール】新線開業記念乗車券

東京の空の玄関口である羽田空港は、1993年9月27日に現在の位置に移転しました。(現在の国内線第1旅客ターミナル)。これに合わせて東京モノレールは新線を開業しました。
 
================
 名称   :新線開業記念乗車券
 発行社局:東京モノレール
 発売日  :1993年9月27日
 値段   :920円
 購入箇所:モノレール浜松町駅
 シリアルNo.:0991
================
 
Dscn3841
 
Dscn3843
 
Dscn3844
 
Dscn3845
 
Dscn3846
 
1993年9月27日に羽田空港の沖合移転に伴い、東京モノレールはこれ以前の終点であった羽田駅(初代)は廃止となり、この日より「整備場」と変更した駅から新線が開業し、途中「羽田」「新整備場」の駅が開業して終点の羽田空港駅まで延伸しました。これに合わせて発売された記念きっぷになります。
 
ルーズリーフ上にこの時新しくなった羽田空港の完成予想図と合わせて、開業した羽田空港駅、新整備場駅、羽田駅の完成予想イラストがあしらわれています。
 
この新線開業により新たに開業した「羽田」駅はこの年の4月にすでに開業していた京急空港線の羽田駅に接続し京急からはこの駅で乗り換えて羽田空港へ行くことができるようになり、「新整備場」駅は沖合移転に伴い新たな航空機等の整備場の最寄り駅として新設されました。なおこの開業により初代の「羽田」駅は、その後滑走路の直下になることから現在は埋め戻されてしまい、跡は残っていないとのことです。
 
この新線開業から本年で23年が過ぎました。このとき開業した羽田駅は1998年の京急空港線の羽田空港乗り入れに合わせて「天空橋」と名称を変更し、終点の羽田空港駅も2004年12月に第2旅客ターミナルが開業しここまで路線を延伸したのに合わせて「羽田空港第1ビル」駅と名称を変更しています。また、2010年の羽田空港国際線ターミナルビル整備に合わせて、この時開業した区間についても一部経路変更が発生しています。
 
1993年に行われた羽田空港ターミナルの沖合移転は大事業でありました。その後も空の需要増に合わせて拡張していった羽田空港、それに合わせて路線形態を変えていった東京モノレールであります。

2016.09.25

0606.【東急】目黒線急行運転開始 パスネット

2000年に目黒~武蔵小杉の運転系統になり、東横線のバイパスルートとなって地下鉄南北線・三田線と直通運転を開始した東急目黒線、それから6年が過ぎて急行列車の運転が開始されました。
 
====================
 名称   :目黒線急行運転開始 パスネット
 発行社局:東京急行電鉄
 発売日  :2006年9月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:001580
====================
 
Dscn3854
 
東横線のバイパスルートとして整備された目黒線、その後も続いた改良工事のうち長きにわたり行われていた不動前~洗足間の地下化工事が完成し、これにより途中の武蔵小山駅に退避設備が整備されたことから、2006年9月25日にダイヤ改正が実施され、この日より急行列車の運転が開始されました。
 
急行運転開始を記念して発売された、この当時首都圏私鉄・地下鉄等で使用できた共通乗車カード「パスネット」で発売された記念カード、この路線で運転される3000系と5080系があしらわれました。
 
不動前~洗足間の地下化切り替えと、急行列車の運転開始、あの日から本年でちょうど10年になります。東横線や大岡山で接続して大井町線経由で田園都市線のバイパスルートとして、多くの利用がある今日の東急目黒線になります。

2016.09.23

0605.【銚子電鉄】THE FINAL!! 113! 記念入場券・記念硬券セット

銚子電鉄を訪れる際に乗車するJR総武本線・成田線、この路線で長きにわたり普通列車で運転されてきた113系が2011年で引退することになりました。これを記念してさよなら運転がツアー形式で房総各方面に運転されましたが、ちょうど2011年9月23日は銚子に向けて運転されました。到着した銚子駅から出発する銚子電鉄で発売された113系引退記念アイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :THE FINAL!! 113! 記念入場券
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2011年9月23日
 値段   :150円
 購入個所:
 シリアルNo.:0802
===================
 
Dscn3884
 
=====================
 名称   :THE FINAL!! 113! 記念硬券セット
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2011年9月23日
 値段   :1,000円
 購入個所:
 シリアルNo.:0354
=====================
 
Dscn3882
 
房総地区で運転されていた113系は、国鉄時代からスカ色の外装で運転されており、沿線地域において親しまれたカラーでした。銚子電鉄においても、さすがに113系が銚子から先の銚子電鉄に入線することはありませんでしたが、銚子駅で共演しており、銚子電鉄を列車で訪れた方にとっては乗車した思い出も多くある車両であると思います。
 
2011年9月23日、その前年銚子電鉄ではデハ701・801のさよなら運転が行われ、その1年後に終焉を迎えることになった房総のJR113系、さよなら運転のツアーで銚子に到着しました。ここでは折返しの時間が多くとってあったようで、銚子電鉄に終点外川まで往復乗車するだけの時間はありました。そこで、銚子電鉄ではこの日限定デザインの1日乗車券も発売されました。
 
=============================
 名称   :113系引退記念限定 弧廻手形(銚子電鉄1日乗車券)
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2011年9月23日
 値段   :620円
 購入個所:
 シリアルNo.:000284
=============================
 
Dscn3886
 
銚子電鉄では「弧廻手形」という名称で1日乗車券を発売しています。113系引退を記念して限定デザインが登場しました。
 
これらアイテムはいずれものちのイベント会場で入手したものになります。
 
房総地域のローカル列車として親しまれたスカ色の113系、この地から姿を消してもう5年が過ぎようとしている2016年の9月になります。

0604.【銚子電鉄】さようなら デハ701・デハ801 引退記念入場券

多くの人々に親しまれた銚子電鉄の吊り掛け駆動車、2010年に引退を迎えました。これを記念して発売されました記念きっぷになります。
 
============================
 名称   :さようなら デハ701・デハ801 引退記念入場券
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2010年9月23日
 値段   :150円
 購入個所:笠上黒生駅
 シリアルNo.:0483
 備考   :各有人駅において別デザインの台紙付きで発売あり
============================
 
Dscn3879
 
銚子電鉄の吊り掛け駆動車として多くの人々に親しまれたデハ701とデハ801は2010年9月23日の運転をもって引退となりました。引退を記念してイベントが開催され、有人駅で異なる台紙付きの記念入場券が発売されました。私はこのイベントには参加できず、後日訪れたとき、笠上黒生駅ではまだ残っていたので入手することができました。硬券入場券の裏面に「さようなら デハ701・デハ801 引退記念」と表記され、笠上黒生駅発売分ではデハ701をあしらった台紙が付属していました。
 
さて、これら吊り掛け車引退記念入場券は、後日硬券入場券セットも発売されました。
 
==========================
 名称   :さようなら デハ701・デハ801 硬券入場券セット
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2010年10月--日
 値段   :750円
 購入個所:
 シリアルNo.:0666
==========================
 
Dscn3873
 
また同時にこの年の1月、先に引退したデハ702についても硬券入場券セットが発売されました。
 
======================
 名称   :さようなら デハ702 硬券入場券セット
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2010年10月--日
 値段   :750円
 購入個所:
 シリアルNo.:0137
======================
 
Dscn3874
 
これら硬券入場券セットは、10月に入っておそらく横浜及び日比谷公園の鉄道の日イベント会場で出展していた銚子電鉄ブースで入手したと記憶しています。
 
銚子電鉄の風景で思い起こされる旧型車両、早いもので引退から本記事作成時で6年が過ぎました。引退後デハ701・702は揃って千葉県いすみ市の「ポッポの丘」で保存されており、デハ801については外川駅で保存されています。
 
犬吠埼を望む潮騒めぐる沿線で運転されていた銚子電鉄のデハ701と801、活躍していた日が思い出になって6年が過ぎた2016年の9月になります。

0603.【銚子電鉄】ありがとう 701 702 801 記念入場券

レトロ感で人気を集めていた銚子電鉄の吊り掛け駆動車、しかし2008年以降になりますと監督官庁から是正勧告が出され置き換えが検討されるようになりました。2009年、その置き換えのカウントダウンが始まったころにこのような記念きっぷが発売されました。
 
======================
 名称   :ありがとう 701 702 801 記念入場券
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2009年10月--日
 値段   :450円
 購入個所:
 シリアルNo.:0201
======================
 
Dscn3875
 
引退へのカウントダウンが始まったころに発売されたアイテム、デハ701・702・801をあしらったD型硬券入場券がセットされています。近江鉄道からやってきたデハ701・702、そして伊予鉄道からやってきたデハ801になります。
 
この時点ではまだ2000形はようやく入線が始まったころで、まだまだこれら車両も運転されることはありました。この記念きっぷは台紙に記載されている日付からしまして鉄道の日時期に発売されたもののようです。
 
この年2009年、銚子電鉄においては鉄道の日記念入場券がデハ702をあしらったデザインで発売されています。
 
======================
 名称   :鉄道の日記念 有人駅入場券セット
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2009年10月--日
 値段   :900円
 購入個所:
 シリアルNo.:0241
======================
 
Dscn3881
 
この時有人駅の入場券セットが発売された鉄道の日になります。

0602.【銚子電鉄】デハ702新塗装車両運行記念入場券

今では京王から伊予鉄道を経て譲渡されてきた2両編成の列車で運転されている銚子電鉄、しかし皆さまが思いうかべる銚子電鉄の車両といいますと、単行運転の吊り掛け駆動車になるのではないかと思います。そんな車両にまつわるアイテムをこれからいくつか公開いたします。
 
まずは、2007年11月より新塗装になった車両の記念きっぷになります。
 
=======================
 名称   :デハ702新塗装車両運行記念入場券
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2008年--月--日
 値段   :1,500円
 購入個所:
 シリアルNo.:0115
=======================
 
Dscn3877
 
Dscn3878
 
銚子電鉄デハ702は滋賀県の近江鉄道より1978年にデハ701とともに譲り受けた車両で、近江鉄道時代は片運転台車であったため、銚子電鉄譲渡時にデハ701とともに両運転台に改造され、銚子方はオリジナルの2枚窓、外川方は改造運転台で3枚窓という特徴がありました。後年デハ701はワンマン対応車となった一方デハ702はワンマン対応車とならなかったことから、主に多客時の増結用として使用されていました。
そして、2007年11月の検査明けから塗装が変更になり、銚子電鉄の1960年代頃の青系統の外装に変更されました。これを記念して発売された記念きっぷになりますが、発売日及び購入日・場所が不明になっており、実際に発売されたのは2008年になってからと思われます。
 
デハ702新塗装の記念きっぷはもう1種類発売されています。
 
===============================
 名称   :デハ702新塗装車両運行記念入場券(水色地紋バージョン)
 発行社局:銚子電気鉄道
 発売日  :2008年--月--日
 値段   :150円
 購入個所:
 シリアルNo.:0608
===============================
 
Dscn3880
 
こちらは水色の硬券入場券1枚が台紙にセットされたタイプになります。こちらは後年まで入手ができたものになります。
 
今となっては思い出になった車両になります。

0601.【富士急】マッターホルンゴッダルド鉄道姉妹鉄道提携25周年記念入場券

先日、富士急ではスイスにあるマッターホルンゴッダルド鉄道との姉妹提携25周年を迎えて、記念のラッピング車両が登場しました。あわせて記念入場券も発売されました。入手してきましたので公開いたします。
 
================================
 名称   :マッターホルンゴッダルド鉄道姉妹鉄道提携25周年記念入場券
 発行社局:富士急行
 発売日  :2016年9月18日
 値段   :850円
 購入箇所:富士山駅
 シリアルNo.:0049
================================
 
Dscn3868
 
Dscn3869
 
Dscn3872
 
富士急とマッターホルンゴッダルド鉄道とは、1991年に姉妹鉄道提携を結びました。両社の社訓が同じであったことと、富士山とマッターホルンという世界的に有名な名峰に関わりがあることなどから交流が行われています。
 
25周年を迎えて発売されました記念きっぷは、1991年の姉妹提携締結時に運転された当時はオリジナル塗装であった富士急オリジナル車5000形による記念列車や、1000系入線時に1201Fについて当時は貫通路に「マッターホルン号」というヘッドマークを掲げていた姿や、2006年に15周年を迎えてマッターホルン号塗装になった1205Fと、マッターホルンゴッダルド鉄道の車両をあしらった台紙とD型硬券入場券がセットされ、入場券に今回登場した6000系の記念列車のイラストがあしらわれているものになります。
 
日本とスイスの民間交流といえる姉妹鉄道提携、25周年を迎えてますます盛んな両社の交流になります。

2016.09.18

0600.【JR東海】さよなら0系 オレンジカード

日本の大動脈である東海道新幹線において、開業当初から運転されてきた0系車両が東京~新大阪間において運行を終了してから、本年2016年で17年が過ぎました。当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :さよなら0系 オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1999年7月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
===================
 
Dscn1063
 
Dscn1064
 
Dscn1065
 
1964年の東海道新幹線開業時から運転されてきた0系車両、今から17年前の1999年9月18日の運転をもって東海道新幹線東京~新大阪間での運転を終了しました。これを記念して発売されましたオレンジカードになります。
 
この当時はこだま号として最後の運転を行っていた0系、運転終了に合わせて発売されたオレンジカードには、1964年の東京駅で出発式にのぞむシーンと、日本を代表する鉄道風景といえる富士山の麓を疾走する0系車両をあしらった2枚のカードと全盛期に車両基地に勢ぞろいした姿を表紙とした台紙にセットされています。
 
東海道新幹線から姿を消した後も、新大阪~博多間の山陽新幹線においては短い編成になって運転されてきた0系車両、こちらでも2008年で運転を終了しました。現在0系車両は京都鉄道博物館に第1編成が、さいたま大宮の鉄道博物館には東海道新幹線開業時の出発式に使用された編成の大阪方先頭車が、また名古屋のリニア鉄道館や東京の青梅鉄道公園など各地で保存展示されています。
 
日本の歴史においても大きなエポックとなった東海道新幹線の開業、その当時の車両であった0系新幹線車両、東海道新幹線から姿を消して17年という年月が流れ、この車両を置き換えた100系や300系も今は姿を消し、700系も風前の灯になってきているという、2016年の日本の大動脈になります。

2016.09.17

0599.【東京モノレール】開業39周年記念乗車券

本日で開業記念日を迎えた東京モノレール、2003年の開業39周年という時期にも記念きっぷが発売されました。
 
=================
 名称   :開業39周年記念乗車券
 発行社局:東京モノレール
 発売日  :2003年9月--日
 値段   :470円
 購入箇所:モノレール浜松町駅
 シリアルNo.:0384
=================
 
Dscn3838
 
Dscn3839
 
39周年という時期に発売された記念きっぷ、この時代になりますと東京モノレールはJR東日本の傘下になった時期で感謝を意味する「Thank You」にかけて39周年という記念きっぷが発売されました。開業当時の車両をモチーフとした台紙に硬券乗車券がセットされています。
39周年では記念Suicaの発売もあったように記憶していますが、入手はできませんでした。また、この時東京モノレールでは1000形の1編成に開業当時の車両の外装を再現した車両が登場しました。
 
 
52回目の開業記念日を迎えた東京モノレール、この後2004年には40周年で記念Suicaが発売されたと記憶しておりますが入手できず、それから10年が過ぎた2014年には50周年を迎えて記念乗車券が発売されています。(2014年発売の開業50周年記念乗車券は入手しましたが、パブリシティ権等に抵触する恐れがありますので公開は控えます。)
 
羽田空港へのアクセスとして、また沿線地域の足として多くの利用があり発展してきた東京モノレールになります。

0598.【東京モノレール】東京モノレール開業35周年記念乗車券

本日で開業記念日を迎えた東京モノレール、次は1999年に開業35周年を記念して発売された記念きっぷを公開いたします。
 
=============================
 名称   :東京モノレール開業35周年記念乗車券
 発行社局:東京モノレール
 発売日  :1999年9月--日
 値段   :940円
 購入箇所::YOKOHAMAトレインフェスティバル会場(横浜ポルタ)
 シリアルNo.:2881
=============================
 
Dscn3835
 
Dscn3836
 
Dscn3837
 
1999年の開業35周年記念きっぷにおいては、表紙に運行されていたこの当時の新型車両2000形と主力の1000形があしらわれ、広げますと1997年当時及び開業当時の列車運行図表(ダイヤ)をあしらったものになります。東京モノレール開業時は浜松町と羽田のみで途中には駅は設けられていませんでした。
 
開業当時はデイタイム時10分おきであったのが1999年になりますと4分30秒おきと本数も増え、それだけ利用客も増えた東京モノレールになります。

«0597.【東京モノレール】東京モノレール開業30周年記念乗車券

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter