2020.10.18

1347.【富士急】ありがとう1000系1202号編成引退記念入場券

数を減らし続けている富士急1000系、もう残り3編成となりましたが、この中からまた1編成引退を迎えることになりました。引退を記念して事前申込制の撮影会やツアーなどが企画されていますが、合わせて記念入場券の発売がありました。

 

=============================
 名称   :ありがとう1000系1202号編成引退記念入場券
 発行社局:富士急行
 発売日  :2020年10月17日
 値段   :1,100円
 購入箇所:河口湖駅
 シリアルNo.:0110
=============================

 

Img_2771

 

Img_2772

 

Img_2780

 

京王初代5000系の譲渡車である富士急1000系、今回引退を迎えることになったのは1202号編成になります。この編成はまず1966年に京王5000系デハ5086・クハ5786として入線し、1967年にデハ5116・クハ5866に改番され1968年に中間車1両が増結され3両編成で京王線で活躍しましたが、1994年2月で引退し2両編成となって富士急にモハ1202・モハ1302としてやってきました。車内はクロスシートになり、外装は青の車体に白のストライプ及び富士山のシルエットというものになり1994年7月から富士急で運転を開始しました。2009年になりますと富士急開業80周年を記念して3100形や5000形登場時などにまとっていた「昭和30年代塗装」に変更され、以降今日まで富士急で運転されてきました。製造からすでに54年、富士急に入線してからも26年が過ぎ老朽化が進んできたことから引退を迎えることになり、各種イベントと合わせてこのような記念入場券が発売されました。

 

記念入場券は、現在の「昭和30年代塗装」に変更されてからの活躍のシーンをあしらったD型硬券入場券6枚が台紙にセットされました。

 

この記念入場券は、事前申し込み制の撮影会が河口湖駅で開催されることになり、合わせて発売されました。当初は2020年10月11日にイベントと合わせて発売予定でしたが、台風接近により開催が延期となり10月17日からまず会場となった河口湖駅で発売され、19日以降は富士山駅で発売されるとのことです。

 

2020年の新型コロナウィルス感染症の世界的な流行は、富士急も大きな影響を受けました。海外からの渡航が大幅に制限されたことから、インバウンドの観光客で賑わっていた富士急線は大幅な利用客減少となり、「フジサン特急」や「富士山ビュー特急」といった特急列車や観光列車「富士登山電車」は全便運休となるなど、特別ダイヤでの運転という状況になっています。そんな中で引退を迎えることになった1000系1202編成、富士山の麓で地域の足として、また観光客を乗せて運転してきました。

 

この編成の引退で富士急1000系は残り2編成、京王初代5000系時代の外装が再現された1001編成と、「富士登山電車」になっている1205編成になります。この記念入場券を買い求めに富士急線に向かった際、1001編成が運用に入っていたことから、河口湖にて撮影会で並んでいた1202編成と「富士登山電車」1205編成との3本並びをホームから撮影後1001編成に乗車することができましたが、いつの間にか風前の灯となってきた富士急1000系、1202編成が引退を迎えます。

2020.10.10

1346.【京急】エアポート急行 運行開始10周年記念乗車券

羽田空港アクセスを担う京急、この列車の運行開始から10周年を迎えました。

 

============================
 名称   :エアポート急行 運行開始10周年記念乗車券
 発行社局:京浜急行電鉄
 発売日  :2020年10月10日
 値段   :1,000円
 購入箇所:品川駅
 シリアルNo.:1187
============================ 

 

Img_2769

 

Img_2770

 

京急で運行開始から10周年を迎えた列車は「エアポート急行」になります。2010年5月に実施されたダイヤ改正により、それまで都営浅草線方面から羽田空港へ直通する急行とともに、横浜方面新逗子からも羽田空港へ直通する急行が設定され、それぞれ「エアポート急行」と呼ばれるようになりました。

 

横浜方面から設定された「エアポート急行」は、当初は20分間隔の運転でしたが、2012年10月に京急蒲田駅付近の高架化が完成すると10分間隔に増発され利便性が向上しました。更に「エアポート急行」運転開始から5か月後の2010年10月には羽田空港へ国際線が再度設定され新ターミナルがオープンしたことから羽田空港国際線ビル駅が開業し、エアポート急行も停車するようになりました。

 

エアポート急行の運転開始から10年が過ぎて、本日発売されました記念乗車券になります。主に横浜方面から運転されるエアポート急行に使用される列車を台紙にあしらい、まもなく開業から10周年を迎える羽田空港第3ターミナル駅と横浜方面からのエアポート急行の始発駅である逗子・葉山駅からのD型硬券乗車券がセットされているというものになります。2020年3月に京急では数駅で駅名変更が行われ、エアポート急行運転開始時は羽田空港駅と称していた駅は国際線ターミナルオープン時に羽田空港国内線ターミナル駅と改称後、羽田空港第1・第2ターミナル駅となり、羽田空港国際線ターミナル駅は羽田空港第3ターミナル駅に改称、横浜方面からのエアポート急行の始発駅である新逗子駅は逗子・葉山駅と改称されております。また2010年のエアポート急行運転開始時に停車駅となった仲木戸駅が、京急東神奈川駅と改称されています。運行車両についても、エアポート急行運転開始時には3ドア化されていたとはいえ2000形が充当されることがありましたが、2018年3月で引退しています。

 

弊ブログにおいては、2010年のエアポート急行運行開始時に発売された記念乗車券が過去記事として公開されております。早くも運行開始から10年が過ぎた「エアポート急行」、この間で変化も多くありました。これからも羽田空港アクセスを担う京急で、その一翼を担う「エアポート急行」になります。

2020.10.09

1345.【JR東海】特急ふじかわ運行開始25周年 記念きっぷ

駿河と甲斐の国府を結ぶ特急列車、運行開始から25周年の佳節を迎えました。

 

==========================
 名称   :特急ふじかわ運行開始25周年 記念きっぷ
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :2020年10月1日
 値段   :2,000円
 購入箇所:JR東海鉄道倶楽部(ネット通信販売)
 シリアルNo.:0420
==========================

 

Img_2767_20201009220401

 

2020年10月で、運行開始から四半世紀の佳節を列車は、静岡から甲府をむすぶ特急「ふじかわ」号になります。

 

特急「ふじかわ」号は、それまで同区間を運転していた急行「富士川」号1995年10月1日に特急に格上げして誕生した列車になります。運転開始に合わせてJR東海では特急型車両として373系を導入し、静岡から富士までは東海道本線、富士からは身延線に入って甲府まで運転する特急列車としてデビューしました。日本三大急流の一つである富士川沿いを走行することから、この列車の愛称になりました。またイラストマークには富士川の流れとともに、この列車の車窓からも眺められる富士山をデザインしたものになっています。

 

以来、静岡と甲府を結んで運転されてきた特急「ふじかわ」号、早くも25周年を迎え、このような記念きっぷが発売されました。特急「ふじかわ」号が走行するシーンをあしらった栞型の乗車券・自由席特急券4枚セットで、これら写真の一部は特急「ふじかわ」に乗務するJR東海の社員が撮影されたものも使用されています。

 この記念きっぷは駅での発売はなく、JR東海のWebサイト内にある鉄道用品の販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」で発売され、発売日に申し込んで本日届いたというものになります。

 

静岡を出発し、駿河湾を望み、列車名になった富士川を渡ってから、富士山を望みつつ甲府を結ぶ特急「ふじかわ」号、今から25年前の運転開始日に乗車し、その時発売され入手した記念オレンジカード等が過去記事にて公開されております。早いもので運行開始から四半世紀が過ぎた特急「ふじかわ」号になります。

2020.09.04

1344.【東武】新DL&新客車導入記念乗車券

東武鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉間で運転されているSL及びDL牽引による「大樹」、ディーゼル機関車と客車を増備したことから、記念乗車券が発売されました。

 

=====================
 名称   :新DL&新客車導入記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2020年9月4日
 値段   :2,000円
 購入箇所:北千住駅
 シリアルNo.:0165
=====================

 

Img_2740 

台紙表紙

 

Img_2743

台紙裏表紙

 

Img_2744_20200905230101

内面

 

「大樹」用として増備されたディーゼル機関車はDE10 1109、客車はスハフ14 501になります。

DE10 1109は、JR東日本より譲渡されたディーゼル機関車になりますが、外装をかつてJR北海道が所有していた寝台特急「北斗星」や急行「はまなす」などを牽引していたDD51と同等に変更しました。

スハフ14 501は、JR北海道にて使用されていた14系客車になります。晩年は札幌~青森間で運転されていた夜行急行「はまなす」に使用されていた車両になります。

東武鉄道の「大樹」として使用を開始することから発売されました記念乗車券になります。DE10 1109とスハフ14 501をあしらった台紙に硬券乗車券がセットされています。

 

この両車ですが、すでに団体貸切として運転を開始しているようで、本格的な運転開始は先日真岡鐡道より譲渡されたSL、C11 325の使用開始に合わせてになるようです。

 

好評の上運転されている東武鬼怒川線のSL・DL「大樹」、ラインナップが更に充実しました。

2020.09.01

1343.【江ノ電】江ノ電305就役60周年記念入場券

江ノ電に今も残る旧型車、就役から60周年という佳節を迎え、記念入場券が発売されました。

 

=========================
 名称   :江ノ電305就役60周年記念入場券
 発行社局:江ノ島電鉄
 発売日  :2020年9月1日
 値段   :800円
 購入箇所:藤沢駅
 シリアルNo.:0780
=========================

 

Img_2731

 

Img_2736

 

Img_2733

 

江ノ電の車両として今もなお印象深い300形、最後の1編成となっている305編成が就役60周年を迎えたことから、江ノ電開業日である本日9月1日より発売された記念入場券になります。昔日の305編成の写真を表紙とし、今もこの車両に残る板張りの床をモチーフとした台紙に305編成のイラストがあしらわれたD型硬券入場券4枚(藤沢・江ノ島・腰越・極楽寺)がセットされています。

 

江ノ電305編成は1960年にデビューした車両です。この車両の経歴は、台枠部分をこの当時廃車となった京王帝都電鉄2000形(1925年に現在の京王線のうち府中~八王子を開業させた玉南電気鉄道が発注した木造車)から発生したものを使用し、車体を東急東横線の学芸大学~都立大学間の線路脇にあったという東横車両で車体を新造した車両になります。外観は上部窓がHゴムで固定されているという俗にバス窓といわれる構造になっている特徴があります。車内に入りますと、この記念入場券の内面にもあしらわれている板張りの床という構造になっています。
 
新型車の導入により徐々に姿を消していった旧型車、しかしこの305編成については現在も江ノ電で運転されており、本年で就役から60周年を迎えました。60年という活躍の間でその時代に合わせて改造が繰り返され、現在ではカルダン駆動・冷房化・制御装置等の更新により1000形以降の新型車と連結運転を行うことができるようになりましたが、かつての江ノ電のイメージであったレトロを感ずることができる車両として、現在でも江ノ電の各種ポスターにもよく登場しています。

 

本日で開業から118年を数えた江ノ電、そのうちの60年間をこの路線で走り続けた305編成、就役から4年が過ぎた1964年には江ノ電沿線の江ノ島で、東京オリンピックのヨットなどセーリング競技が開催されました。本来であれは本年2020年の夏は再び江ノ島周辺で東京オリンピックのセーリング競技が開催されることになっていて、この編成は再びこの地でオリンピックを迎えることになっていましたが、新型コロナウィルス感染症の流行によりオリンピック開催が翌年2021年に延期となりました。

 

すでに60年が過ぎた江ノ電305編成、再び迎えるはずであったオリンピック大会、それでもなお江ノ電の顔として最後の旧型車として活躍している305編成になります。

2020.08.22

1342.【関東鉄道】竜ヶ崎線開業120周年記念乗車券入場券

龍ヶ崎の街を結んで開業した路線、120周年の佳節を迎えました。

 

=========================
 名称   :竜ヶ崎線開業120周年記念乗車券入場券
 発行社局:関東鉄道
 発売日  :2020年8月14日
 値段   :1,000円

 購入箇所:守谷駅
 シリアルNo.:0521
=========================

 

Img_2711_20200901223601

 

Img_2716

 

Img_2715

 

関東鉄道竜ヶ崎線は、茨城県内において最古の歴史を持つ私鉄路線になります。常磐線のルートから外れてしまった龍ヶ崎の街と常磐線の佐貫駅を結ぶために、1900年に龍崎鐵道として地元の出資により開業した鉄道でありました。開業後の経過として1944年に鹿島参宮鉄道(常磐線石岡駅から鉾田駅を運営していた会社で、後に鹿島鉄道となり分離後2007年で廃止)に事業を譲渡、1965年に鹿島参宮鉄道と常総筑波鉄道は合併して関東鉄道が発足、関東鉄道竜ヶ崎線となりました。関東鉄道の路線となってからは1971年に、鉄道路線としては全国初のワンマン運転が行われています。

 

開業から120周年を迎えて発売されました記念きっぷになります。佐貫・入地・竜ヶ崎とこの路線全3駅のC型硬券入場券と過去の車両をあしらったD型硬券乗車券が竜ヶ崎線の歴史や現在活躍している車両をあしらった台紙にセットされています。また、この記念きっぷにはポストカードも付属します。

 

Img_2720

付属したポストカード

 

現在の竜ヶ崎線では、この路線に特化した2000形車両が主力で、ポストカードにもあしらわれているキハ532は予備車となっているようですが、毎週土曜日の昼間時間帯で定期的に運転されているとのことです。

 

さて、関東鉄道竜ヶ崎線はJR常磐線の佐貫駅から竜ヶ崎駅を結んでいますが、JR常磐線の佐貫駅は本年2020年3月14日に「龍ケ崎市」駅に改称されました。駅名変更を記念して当日イベントが企画されていたようでしたが、新型コロナウィルス感染症拡大の影響によりそのイベントは中止となってしまいました。そのイベントで記念きっぷの発売が予定されておりましたが、関東鉄道では2020年8月に入って発売されました。

 

=========================
 名称   :JR 佐貫駅駅名改称記念入場券
 発行社局:関東鉄道
 発売日  :2020年8月1日
 値段   :320円

 購入箇所:守谷駅
 シリアルNo.:0648
=========================

 

Img_2721

 

Img_2727

 

常磐線は龍ケ崎を経由しなかったことから、地元地域の出資により開業した竜ヶ崎線、その起点となった常磐線の駅名が改称されたことから関東鉄道でもこのような記念入場券が発売されました。なお、関東鉄道竜ヶ崎線は現在もJR常磐線との接続駅は佐貫と称しています。

 

開業から120年という長い歴史を歩んできた関東鉄道竜ヶ崎線、これからも龍ケ崎の地域とともに歩んでいくことでしょう。

2020.08.10

1341.【東武】SL大樹「ふたら」列車名称発表記念乗車券

本年で運転開始から3周年を迎えた東武鉄道のSL列車「大樹」、新たな展開が始まろうとしています。

 

=============================
 名称   :SL大樹「ふたら」列車名称発表記念乗車券
 発行社局:東武鉄道
 発売日  :2020年8月10日
 値段   :1,000円
 購入箇所:池袋駅
 シリアルNo.:2390
=============================

 

Img_2703_20200810225601

 

Img_2709

 

Img_2704

 

2017年から鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉で運転されているSL「大樹」、本年10月から毎月1回程度日光線の下今市~東武日光でも運転されることになり、この区間を運転する列車の愛称として「ふたら」と命名されたことから、本日より東武主要駅(本線系統・東上線系統)で発売されました記念乗車券になります。

 

東武日光へ向けて走行するSL列車についた愛称「ふたら」とは、日光連山にある男体山のかつての呼び名「二荒山」から命名されました。このように愛称が決定し10月から東武日光へも運転されます。

 

東武のSLについては先日、真岡鉄道で運行されてきたC11 325を譲り受け2機目のSLとして本年12月より運行開始予定であるとともに、日本鉄道保存協会から譲受した蒸気機関車の復元が2021年冬予定とされています。

 

日光・鬼怒川エリアの活性化で運行が始まった東武鉄道のSL「大樹」、今後の展開に注目です。

2020.08.01

1340.【京成】3600形リバイバルカラー記念乗車券

本年で創立111周年を迎えた京成電鉄、往年の外装が再現された編成が登場しました。

 

=======================
 名称   :3600形リバイバルカラー記念乗車券
 発行社局:京成電鉄
 発売日  :2020年8月1日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京成上野駅
 シリアルNo.:0226
=======================

 

Img_2697_20200801224501

 

Img_2698

 

京成電鉄において、往年のカラーが再現されたのは3600形の3688編成になります。京成3600形は1982年から運転を開始したオールステンレスの車体を持つ通勤車になります。今回、登場時のファイヤーオレンジの帯が再現され本日お披露目を兼ねて東成田→八千代台間でツアー列車として運転されました。

 

リバイバルカラー化に伴い発売された記念乗車券になります。宗吾参道及び京成高砂からのD型硬券による片道乗車券2枚が台紙にセットされ、また上野方先頭車となる3688号車をモチーフとしたナンバーのステッカーが付属しました。

 

Img_2699

付属したステッカー

 

1982年にデビューした京成3600形、6両編成で登場しました。その後1990年代に入り3700形と同等の赤と青のラインに変更になるととともに編成替えを行い8両編成化されたとともに、余剰となった先頭車6両をVVVF化を行い6両編成を組成しました。8両編成は主に京成上野~京成成田・成田空港間の京成本線京成船橋・京成成田経由の快速特急・特急の運用に就いており都営浅草線への直通は可能ですが、先頭車は制御車となるため先頭台車は電動台車という制限がある京急線へは乗り入れることはできない車両でした。

そのような制約があった車両でしたが、登場からすでに35年以上が過ぎ、数を減らしてきています。そんな中登場したリバイバルカラー、編成も再び6両編成になり往年の姿に戻りました。

 

今後は普通列車に主に使用されることになるのでしょうか?注目を集める編成が登場しました。

2020.07.18

1339.【長野電鉄】長野電鉄3000系デビュー記念乗車券

本年で創立100周年を迎えた長野電鉄、新型車両がデビューしました。

 

========================
 名称   :長野電鉄3000系デビュー記念乗車券
 発行社局:長野電鉄
 発売日  :2020年7月18日
 値段   :3,000円
 購入箇所:長野駅
 シリアルNo.:0084
========================

 

Img_2691_20200719174201

 

Img_2693_20200719174201

 

Img_2692

 

創立100周年を迎えた長野電鉄に登場した新型車両は3000系になります。東京メトロ日比谷線で運転されていた03系を譲受してデビューしました。長野電鉄では3両編成で運転され外観は前面の帯が赤になった程度で側面は東京メトロ時代と同じグレーのラインとなっています。この車両は長野電鉄で初のVVVFインバータ制御車となるとのことです。運転開始については創立100周年の記念日となった2020年5月30日に運転されましたが、新型コロナウィルス感染症の影響もあってその後本日から本格的な運転を開始しました。

 

運転開始を記念して発売されましたアイテム、長野電鉄の主要駅のほか東京・神保町にある書店「書泉グランデ」でも発売されました。創立100周年の記念日となる2020年5月30日の日付となっているB型硬券乗車券4枚が試運転中の3000系をあしらった台紙にセットされています。

 

長野電鉄ではこの車両の導入でこれまで活躍してきた3500系・3600系を置き換えます。置き換えられる車両である3500系・3600系は03系導入前に地下鉄日比谷線で運転されていた3000系の譲渡車で、当時の営団では1994年で全車両引退を迎え一部車両が長野電鉄にやってきました。それから四半世紀以上が過ぎ、信濃の地で3000系から03系への置き換えが再現されることになります。

 

運転を開始した長野電鉄3000系、再び初代・2代目の地下鉄日比谷線車両が共演するとともに、東急からやってきた8500系、特急では小田急ロマンスカー10000形HiSEの譲渡車である1000系「ゆけむり」JR東日本の「成田エクスプレス」車両であった253系の譲渡車である2100系「スノーモンキー」が運転されており、首都圏の路線で活躍した車両が共演するという路線、新たにラインナップに加わりました。

1338.【しなの鉄道】SR1運行開始記念入場券セット

長野県内の元信越本線で運営を行っているしなの鉄道、新型車両が導入されました。

 

=====================
 名称   :SR1運行開始記念入場券セット
 発行社局:しなの鉄道
 発売日  :2020年7月4日
 値段   :2,090円
 購入箇所:上田駅
 シリアルNo.:0583
=====================

 

Img_2686

 

Img_2687

 

Img_2690

 

1997年の北陸新幹線高崎~長野開業に伴い長野県内の信越本線軽井沢~篠ノ井間の運営を引き継ぐため開業した第三セクター会社であるしなの鉄道、開業時からJR東日本から譲渡された115系で外装をしなの鉄道オリジナルカラーで運転されました。2015年の北陸新幹線長野~金沢間開業に伴い信越本線の長野~妙高高原間を引き継ぎ北しなの線開業時にも115系を譲受して運転されてきました。近年JR東日本からは115系は相次いで姿を消しており、しなの鉄道では希少になってきた115系に国鉄・JR時代の外装である湘南色・横須賀色・長野オリジナル色にコカ・コーラ広告塗装車等を再現して注目を集めていましたが、すでに製造から40年以上になり老朽化してきたことから、新型車両を導入することになり運行を開始することからこのような記念入場券が発売されました。

 

しなの鉄道に登場した新型車両、形式はSR1系と命名され仕様はJR東日本で新潟エリアに導入されているE129系をベースとした車両になります。車内はクロスシート・ロングシートのデュアルシートを装備し、平日朝の小諸→長野で運転される有料快速列車「しなのサンライズ」号、平日夕方に上田~長野で運転される有料快速列車「しなのサンセット」号、土休日で軽井沢~長野・妙高高原で運転される有料快速列車「軽井沢リゾート」号で運転される際はクロスシートモードとなり、普通列車として運転される際はロングシートモードとなります。

 

新幹線開業により開業したしなの鉄道、開業から20年以上が過ぎ世代交代が始まりました。

«1337.【京成】成田スカイアクセス開業10周年記念乗車券

カテゴリー